• TOP
  • LINE
  • パソコンで『LINE』のビデオ通話をする方法、背景エフェクト設定のやり方

『LINE』はスマートフォンで使うイメージがあるかもしれませんが、『LINE』のビデオ通話をPC(パソコン)が増えています。

両手が使えるので、ネット会議やオンライン飲み会など利用の幅も広がります。画面が大きい分、相手の顔や表情が見やすいというメリットも。

この記事では『LINE』のビデオ通話をPCで行う方法や、背景エフェクトの設定についてご紹介します。

PC版LINEのビデオ通話のやり方 

PCから『LINE』のビデオ通話を行う手順を説明します。PC版LINEにはWiindows版、Mac版、Crome版の3種類があり、基本的にはDLしたファイルをPCにインストールして使用します。ただし、Crome版の場合は拡張機能を追加して使用します。

まずはPCでLINE公式サイトにアクセスし、トップページから「ダウンロード」に進んでください。

PC版LINEのインストール

「ダウンロード」画面が開いたら、「PC/Mac」の下方にあるアイコンの中から使いたい種類を選んでください。

Windows版

画面右中央の黒地アイコンからダウンロードします。終了したらインストーラをダブルクリックして実行し、言語を選んでインストール。終了後はデスクトップにLINEのショートカットが追加されます。

Windows storeを選択した場合は、以下の画面に飛びますので「入手」をクリックしてください。

PC版LINEのインストール・ログイン方法を詳しく解説【新規登録できない】

Mac版

MacアイコンからMac App Storeへ進み「入手」をクリックしてインストールします。完了するとFinder内の「アプリケーション」にLINEが追加されます。

Mac版『LINE』のダウンロード・インストール方法〜ログインまで使い方解説

Chrome版

Chromeアイコンから拡張機能画面に進みます。右上の「Chromeに追加」をクリックして、LINEの機能を追加してください。

Chrome版『LINE』のインストール方法 WebブラウザでLINEを使う

PC版LINEにログイン

PC版のLINEの場合ログイン方法を「メールアドレスとパスワードを入力」または「QRコード読み取り」から選べます。

初回のログイン時のみ、不正アクセス防止のため本人確認が行われるので、表示された番号をスマホのLINEに入力してください。その際、設定のアカウントでPCからのライン使用を許可することと、メールアドレスを登録しておくことを忘れずに。

なお、WindowsとMac版では、ログイン状態を持続させる「自動ログイン」の機能も利用できます。

PC版『LINE』にログインできない時の対処法まとめ スマホ版の許可が必須

PCのカメラ・マイク・スピーカーの設定

インストールが終わったら、ビデオ通話の前にカメラ、マイク、スピーカーのチェックを行います。PCによっては内蔵されていないものもあります。その場合は外付けのイヤホンやマイク、ウェブカメラが必要です。

まずはPC版LINEのトップページから設定を開きましょう。[…]をクリックすると、メニューがポップアップするので「設定」を選びます。

「通話」タブを開き、カメラ、マイク、スピーカーに「規定の□□」またはデバイス名が表示されていれば準備OK。

もし「接続されていない」と表示される場合は、PC本体の接続状況と、LINEの使用許可をそれぞれチェックしてみてください。

ビデオ通話の発信・着信応答方法

ビデオ通話の方法は、スマホのアプリに似ています。こちらから発信するときは、友達またはグループのトークルームを開き、右上にある電話マークをクリック。

「ビデオ通話」を選択すると「通話をしますか」というメッセージが出るので、確認を押してスタートします。

友達からビデオ通話がかかってきたときは「着信中」のポップアップが出ます。応答するときは緑の電話マーク、拒否のときは赤の電話マークをクリックしましょう。

なお、着信通知はPCとスマホ同時に表示されるので、どちらかを選んで応答します。

グループビデオ通話のやり方

グループビデオ通話の着信通知は、グループトーク画面に表示されます。「グループビデオ通話が開始されました」というメッセージが出るので、参加をクリックして会話をスタートしてください。

1対1の通話と違って、グループ通話の場合はポップアップが出ず着信音も鳴らないので、気づきにくいことがあります。あらかじめ開始時間を打ち合わせておくなどしておきましょう。

背景エフェクト(バーチャル背景)を設定する方法

大画面のビデオ通話で気になるのが背景ですよね。「部屋の中を見られたくない」という人は「背景エフェクト」機能、いわゆるバーチャル背景を設定すれば安心です。

手順は、グループトークからビデオ通話を発信する際に立ち上がるプレビューまたは通話画面の「ビデオ設定」から「背景エフェクト」を選択し、画像一覧から好みの背景を選択するだけ。

人物が切り抜かれ、選んだ背景が現れます。設定が終わったら「参加」をクリックして会話してください。

画像はLINEのキャラクターや風景など既存の6種以外にも「+」ボタンから自分で好きな画像を16枚までアップロードできます。

また、背景には画像以外にも「ぼかし」機能があり、部屋の背景を自然な感じで目隠ししてくれて便利です。

パソコンの画面を共有する方法

スマホの『LINE』でも画面のシェアはできますが、PC版では画面が大きいので迫力も倍増します。以前は1対1通話だけの機能でしたが、バージョンアップしてグループ通話でも画面の共有が可能になりました。

まずグループビデオ通話下部にある「画面をシェア」ボタンをクリックします。自分のPCで表示している画面の中から、共有したいものを選んで「OK」をクリックしてください。

なお、相手側がスマホの場合でも視聴が可能です。

PC版LINE「画面共有」の使い方 ビデオ通話中にデスクトップ画面をシェア

PC版LINEのビデオ通話ができない原因

PCでのLINEビデオ通話がうまく作動しない場合、いくつかの原因が考えられます。多くの場合は単純な設定のミスですが、中にはビデオ通話が不可能なケースもあります。

代表的な原因をピックアップしたので、設定やPCのバージョンを確認してみてください。

通話の着信許可がオフになっている

PCで『LINE』を使う時、見落としがちなのが着信許可の設定です。「設定」から「通話」タブを開き、着信許可にチェックが入っていることを確認してください。これがオフになっていると、かかってきた通話やビデオ通話を受けることができません。

また、通話ができない時は相手の着信許可設定も確認しましょう。相手の着信許可がオフになっている場合は、こちらから発信することはできますが、応答してもらえないので会話がスタートできません。

ブロック中・友だちリストにいない

相手が『LINE』の友達リストにいない場合は通話ができないので、まずは友達に追加する必要があります。

友達リストはPCとスマホで同期が可能ですが、検索機能を使って追加するには、必ずスマホで年齢確認をすることが必要です。

なお「ブロック」も通話ができない原因のひとつです。相手をブロックしている場合は、こちらから発信できません。また、相手からブロックされている場合は、発信に応答がなく、グループに追加することもできなくなります。

LINE「年齢確認」方法とできない時の対処法 ID・電話番号検索に必須!

カメラ・マイク・スピーカーのアクセスが許可されていない

PCに『LINE』をインストールして最初に確認する必要があるのは、カメラ・マイク・スピーカーのアクセス許可です。これらが許可されていないと、発信・応答どちらの場合もエラーメッセージが出ます。

以下の手順で設定を行ってください。

■Windows
スタート→設定→プライバシーの順に進み、マイクとカメラの設定で「アプリがマイク(カメラ)にアクセスできるようにする」(LINEを含む)をオンにします。

■Mac
アップルメニュー→システム環境設定→セキュリティとプライバシーの順に進み、プライバシータブのマイクとカメラそれぞれのLINEチェックボックスを選択します。

PC版LINEのバージョンやパソコンのOSが古い

PC版LINEの機能は、インストールした『LINE』のバージョンや端末のOSが古い場合、正常に作動しないことがあります。『LINE』の推奨環境が自分の環境に適しているか、チェックしてみてください。

また、機能によっても利用できるバージョンが限定されるものがあります。

PC:Windows版 Windows 8.1以上、Mac版 OS X 10.13以上
Chrome版:Chromeブラウザバージョン42以上
スマートフォン:iOS版iOS 11.0以上、Android版 Android 5.0以上
iPad:iOS版 iPad 4以上 (iOS 11.0以上)
Smart Watch:Apple Watch版 watchOS 6以上、Wear OS by Google(Android Wear)版 Android OS 4.3以上
※Smart Watchでは新規登録はできません

スマホとPC併用でもっとビデオ通話が快適に!

既存のアカウントを使って、気軽にコミュニケーションが取れるのがPC版LINEの魅力です。大画面のビデオ通話なら、大人数のグループで会話を楽しんだり、共有した画面を見ながら意見を交換したり、スマホにはない楽しみ方もできます。

便利で新機能が続々登場しているので、ぜひどんどん活用して会話を盛り上げてくださいね。

こちらの記事もおすすめ

LINE通話の「応答なし」はどういう意味?「キャンセル」「不在着信」との違い
「LINE Out」とは 使い方、料金、音声通話との違いなど【海外でも利用可能】