• TOP
  • Instagram
  • インスタグラム「ストーリー」の使い方 投稿・保存・足跡・加工やり方など

Instagram(インスタグラム)で画像や動画を気軽に投稿できる機能として、「ストーリー」が人気です。フィード投稿よりも頻繁に更新されており、アップデートにより新機能が追加されるたびに注目を浴びています。

そこで本記事では、ストーリーの投稿や保存など基本的な使い方から、おしゃれなストーリーを上げるための加工方法までをまとめました!

Instagramの「ストーリー」とは?

ストーリーとはInstagramの投稿機能の1つで、24時間で自動的に投稿が消えるユニークな機能のこと。正式名称は「Stories(ストーリーズ)」ですが、日本では一般的に「ストーリー」と呼ばれています。

2016年8月に登場して以来、フィード投稿を凌ぐ人気機能として利用者は年々増加。その理由は「24時間で消える」という特徴ゆえに、誰でも気軽に投稿できることです。リアルタイムな投稿を見ることで、投稿者への親近感が湧きやすい点も人気の理由の1つでしょう。

なお、投稿が消えてもアーカイブに保存されているため、過去の投稿を再投稿したり、保存したりできるようになっています。

Instagramでのストーリーの見方

まずは、みんながストーリーにどんな投稿をしているのかを見てみましょう。ストーリーの閲覧方法やリアクション方法、他人のストーリーの保存・シェア方法などを解説します。

ストーリーを閲覧する

あなたがフォローしている人のストーリーなら、ホーム画面から簡単に閲覧できます。

①Instagramアプリを開き、一番上の周りが虹色のアイコンをタップしてストーリーを表示
②画面の右をタップすると次のストーリーに進み、左をタップで前のストーリーに戻る
③ホーム画面に戻ると、ストーリー閲覧済みのアイコンは周りが白くなる

閲覧済みのストーリーでも再びアイコンをタップすれば、もう一度最初から閲覧できます。

ストーリーにリアクションする

他人のストーリーにリアクションをし、ユーザーとの交流も楽しみたいですよね。しかし、ストーリーにはフィード投稿のような「いいね!」やコメント機能はありません。

その代わりに利用できるのが、リアクションスタンプとメッセージ(DM)です。ここではスタンプとメッセージの送り方を解説します。

①ストーリーを開き、下の「メッセージを送信」をタップ(設定により「メッセージを送信」が表示されないストーリーも)
②「クイックリアクション」のスタンプをタップするか、さらに下の「メッセージを送信」に入力して送信する
③スタンプをタップするとストーリー画面に楽しいエフェクトが表れる

他人のストーリーを保存・シェア・リポストする

Instagramでは原則として他人のストーリーをそのまま保存することはできません。そこで、ストーリーを保存したい場合にはそのストーリーを開いた画面のままスクショを撮る必要があります。

ただし、他人のストーリーでもDM機能を使えばスクショせずに友達にシェアが可能です。

①ストーリー画面の右下の紙飛行機マークをタップ
②シェアしたい相手にチェックを入れ「送信」をタップすると、相手のDMに送信される

他人のストーリーを自分のストーリーにリポストしたい場合は、ストーリーで自分がメンションされている場合・されていない場合でやり方が異なるため、それぞれの手順を見ていきましょう。

自分がメンションされている場合のリポスト

自分が相手のストーリーでメンションされていれば、ストーリーからそのままリポストが可能です。

①相手のストーリーから「これをストーリーズに追加」をタップ
②自分のストーリーが開くので、加工や編集などをしてそのまま投稿

上記の手順で相手のストーリーをリポストすると、相手には「メンションしました」という通知が届きます。お互いにリポストし合ってコミュニケーションを取るのもいいですね。

自分がメンションされていない場合のリポスト

自分がメンションされていないストーリーをリポストしたいときの手順を解説します。

①リポストしたいストーリーを、相手のアカウント名が見えるようにスクショ
②自分のストーリー投稿画面を開き、カメラロールからスクショした画像を選択して投稿

スクショしても相手には通知されませんが、ストーリーを無断で載せると相手を嫌な気分にさせてしまう事も。そのため①ではリポストしたい場合には相手のアカウント名が見えるようにスクショを撮り、そのうえで②では相手のアカウントを「@」でメンションしましょう。

Instagram、画像・動画・ストーリーを保存する方法【iPhone/Android/PC】

ストーリーの足跡機能

Instagramのストーリーには、フィード投稿のような「いいね!」やコメント機能はないものの、閲覧履歴(足跡)が残る仕組みになっています。

ただし足跡を見れるのはストーリーの投稿者のみで、投稿者以外のユーザーは見れないようになっています。

自分のストーリーの足跡を確認したいときは、ストーリーを開いて左下に注目。「〇人が既読」と既読人数と共に、閲覧した人のアイコンが表示されています。そのアイコンをタップすれば、あなたのストーリーを閲覧した人が一覧表示されますよ。

インスタグラムを「見るだけ」 足あとでバレる心配なく閲覧する安全な方法

他人のストーリーを非表示にする

他人のフィード投稿はそのままに、ストーリーだけを非表示にすることも可能です。

①非表示にしたい相手のアイコンを長押し
②「ミュート」をタップ
③「ストーリーズをミュート」をタップ

ストーリーは更新頻度が高いため、気付けば未読のストーリーが溜まっていることも。見なくてもいいストーリーがあれば非表示にし、ホーム画面を見たいストーリーだけにカスタマイズしましょう。

Instagram「ミュート」使い方・解除方法 相手にバレずに投稿を非表示

Instagramのストーリーに投稿する方法

次にストーリーへのアップ手順や自分のストーリーの保存・シェア方法、さらに削除・復元方法まで、ストーリー投稿に関する方法を解説します。

撮影モードを選ぶ

ストーリーにはさまざまな撮影モードがあります。まずはストーリーの投稿画面に行き、撮影モードを選びましょう。

①自分のアイコンをタップ
②左側から撮影モードを選ぶ

それぞれの撮影モードの特徴もご紹介します。

通常撮影:通常の撮影を行う。画像は下部真ん中の白い撮影ボタンを1回タップ、動画はボタン長押しで撮影
作成する:Twitterのようにテキストのみの投稿が可能
Boomerang:撮影した動画が再生・逆再生をブーメランのように繰り返す
レイアウト:好きなレイアウトを選び、複数枚の写真を撮影できる
Superzoom:撮影ボタンを長押しすると、エフェクト付きで自動的にズームアップする
ハンズフリー:撮影ボタンを1回タップすれば、長押ししなくても動画を撮影できる
エフェクト:撮影ボタンを横にスライドすると、ユニークなエフェクト付きで撮影ができる

新規で撮影せず、すでにカメラロールに入っている画像を使用することもできます。

撮影画面の左下にある四角いボタンをタップするとカメラロールが開くので、投稿したい画像を選びましょう。

Instagramのストーリーに「レイアウト」機能が登場 複数の写真を1枚におまとめ

写真や動画を加工して投稿する

写真や動画を撮影したら、編集画面に移動します。ここでスタンプや文字入れなどの加工を加えて投稿しましょう。

①画面の上部に並んでいる加工用ボタンから自由に加工をして、右下の「送信先」をタップ
②自分のアイコン横にある「シェア」をタップ
③最後に「完了」をタップして、投稿終了

②のステップでユーザーの横にある「送信」をタップすることで、そのユーザーにDMであなたのストーリーを送れます。

また最後の「完了」を押さずに前の画面に戻れば、引き続きストーリーの加工ができます。少しずつ加工を加えながらストーリーを連投することも可能です。

自分のストーリーを保存・シェアする

作成した自分のストーリーは、自分のスマホ端末(カメラロール)に保存したり、ストーリー以外にシェアしたりできます。

まずは自分のストーリーの閲覧画面から保存・シェアしてみましょう。

①投稿したストーリーを開き、右下の「その他」をタップ
②「保存」をタップし、自分のスマホ端末にストーリーを保存する
③さらに、画像赤枠内のさまざまな方法でストーリーをシェアできる

投稿としてシェア:ストーリーを通常のフィード投稿としてシェア
宛先を指定して送信:DMを使って、他のユーザーにストーリーをシェア
リンクをコピー:ストーリーのURLをコピーし、メールなどに貼り付けることでシェア
シェアする…:他のアプリやAirdrop等を使ってストーリーをシェア

24時間経過して消えてしまったストーリーでも、アーカイブからスマホ端末に保存しましょう。

①自分のプロフィール画面に行き、右上の「三」マークをタップ
②「アーカイブ」へ進む
③アーカイブ一覧から、保存したストーリーをタップして開く
④右下の「その他」をタップ
⑤「動画を保存」をタップし、スマホ端末にストーリーを保存

アーカイブには数年前のストーリーも残っていますので、たまに見返してみるのも楽しいですよ。

Instagram「アーカイブ」使い方 投稿・ストーリーを非表示に【iPhone/Android】

投稿したストーリーを削除する

投稿したストーリーを24時間以内に消したいときは、次の手順で削除しましょう。

①削除したいストーリーを開き、右下の「その他」をタップ
②「削除」をタップして完了

ストーリーを削除するとアーカイブからも削除されるので、注意してください。削除前に作成したストーリーをスマホ端末に保存しておくと、後から再投稿したいときに便利です。

消えたストーリーを復元・再投稿する

24時間経過して自動的に消えたストーリーは、アーカイブから復元・再投稿できます。

まずはアーカイブを開きましょう。
①プロフィール画面右上の「三」ボタンをタップ
②「アーカイブ」に進む
③これまで投稿したストーリーが表示されるため、復元したいストーリーを選ぶ

次に、ストーリーを再投稿していきます。
①下の「シェア」ボタンをタップ
②ストーリー投稿画面が開くので、自由に加工して再投稿

アーカイブから過去のストーリーを復元すると、画面に「思い出」と「日付(投稿した日)」が表示されますが、不要なら削除することも可能です。

ただし、24時間経過する前に自分で削除したストーリーはアーカイブからも消えて復元できないので注意しましょう。

Instagramのストーリーをおしゃれに加工してみよう!

ストーリー投稿の醍醐味は、なんといっても自由自在に加工できること! ストーリーにはさまざまな加工機能がついているため、他の加工アプリを通さなくてもおしゃれに加工できます。

ここではストーリーにある豊富な加工機能と、それぞれの使い方を解説します。

フィルター

撮影した画像や動画にフィルターをかけ、自分好みの雰囲気に仕上げましょう。

フィルター用のボタンはなく、画面を左右にスライドさせることでフィルターを変えられる仕組みです。

フィルターは「Tokyo」や「New York」などの地名がついた13種類。それぞれの地名をイメージした色味になっているので、お気に入りを見つけてみてください。

文字入れ

写真や動画に文字を入れて、あなたの“ストーリー”をわかりやすく伝えてみましょう。

①画面右上の「Aa」をタップ
②好みのフォントを選び、テキストを入力
③文字に背景をつけたり、色を選んだり、字を揃えたりして整える
④作成したテキストを好きな位置に移動させる

文字のサイズは左側の丸ボタンを上下にスライドさせたり、2本指でピンチイン・ピンチアウトしたりすることで調整できますよ。

ペン・マーカー

手書きで文字を書いたり、絵を描いたりしたい人はペン・マーカー機能を使いましょう。

①右上のくねくねとしたボタンをタップ
②ペンの種類、色を選び、さらに太さを調整する
③イラスト等を自由に書き、右上の「完了」をタップ

ペンで手描きした丸や四角の上に文字を乗せる方法や、ペンで模様を作る方法など、ペンを使ったアイデアが盛りだくさん!他のユーザーのストーリーを参考に、ペンをうまく使ってみてください。

各種スタンプ

ストーリーのスタンプは種類豊富。イラストが苦手な人やイラスト素材を持っていない人でも自由に使える、ユニークなスタンプが揃っています。

また中にはアンケートや質問などの機能性を持ったスタンプもあり、スタンプを駆使すればフォロワー参加型のストーリーも作れるのです。

スタンプボタンは画面の右上にあり、ここからさまざまなスタンプを検索したり、ストーリーに貼ったりできますよ。

ここでは、Instagramのストーリーで使えるスタンプをご紹介しましょう。

GIFスタンプ

GIFとは動く画像のこと。GIFスタンプを貼って、おしゃれで面白いストーリーを作ってみましょう。

①上の検索バー、または「GIF」をタップし、GIFスタンプを見つける
②検索したい場合は検索バーにテキストを入力し、好きなGIFスタンプタップする
③好きな位置に移動する

日本語でもGIFスタンプを検索できますが、英語で検索した方がより多くのGIFスタンプを見つけられます。

中には誰もが知っているキャラクターやタレントなどのGIFスタンプもあり、スタンプ一覧を眺めているだけでも面白いですよ。

Instagram、ストーリーにGIF(動くスタンプ)を貼る方法

質問系スタンプ

質問系スタンプを使ってユーザーに質問を投げかけると、ユーザーが質問に対して回答できたり、回答の平均を集計できたりと、よりストーリーを楽しめます。

①質問系スタンプを選ぶ
②質問を入力し、好きな位置にスタンプを貼る

質問系スタンプには次のような種類があります。
アンケート:ユーザーに2択のアンケートを取る
質問:質問を投げかけ、ユーザーは自由回答できる
スライドバー:絵文字を左右にスライドさせ、度合いを測る
クイズ:2択〜4択でクイズを作成し、正誤を設定できる

フォロワーに質問を投げかけて、他のユーザーとのコミュニケーションも楽しみましょう!

Instagramストーリー「クイズスタンプ」使い方 好きな質問・選択肢で問題を作成

その他のスタンプ

他にも、カウントダウンスタンプやタップすると自動的にDM画面に移動するスタンプなど、ユニークな機能を持ったスタンプもあります。その他のスタンプもご紹介しましょう。

日時:現在地の日付や時間を表示するスタンプ
#CHALLENGE:「〇〇チャレンジ」をするためのスタンプ
DMして:タップすると投稿者へDMできるスタンプ
カウントダウン:日時を設定し、カウントダウンを開始するスタンプ
気温:現在地の気温を表示するスタンプ
カメラ:カメラを起動し、画像・動画の上に撮影した写真を乗せるスタンプ

さまざまなスタンプを使いこなしてみてください!

ハッシュタグ・メンション・位置情報

フィード投稿のように、ストーリーでもタグ付けやメンション、位置情報の表示などができます。

①スタンプ一覧から、場所・メンション・ハッシュタグのスタンプを選ぶ
②テキストを入力する。下に「おすすめ」が出てくるため、そこから見つけることも可能
③好きな位置にスタンプを貼る

友達をメンションしたり、ハッシュタグや場所をタグ付けしたりすれば、見る側もおしゃれなインスタグラマーやレストランなどを新たに発見できます。ストーリーを通して、フォロワーに「新たな発見」を提供してあげましょう!

『Instagram』ストーリーを位置情報・ハッシュタグから検索できるように

BGM(ミュージックスタンプ)

「ミュージックスタンプ」というInstagram内の音楽スタンプを使えば、ストーリーにBGMを付けることも可能です。

①スタンプ一覧から「ミュージック」をタップ
②好きな音楽を検索して選ぶ
③BGMの開始位置・終了位置を調整し(最大15秒まで)、右上の「完了」をタップ

ミュージックスタンプに入っている音楽は、Instagram内であれば自由に使用できる楽曲となっています。ヒットチャートの曲なども充実していますよ。

Instagram ミュージックスタンプの使い方 ストーリーに好きな音楽を追加!

【応用編】ストーリーをハイライトにまとめよう!

「ハイライト」とは、ストーリーに投稿した画像や動画をまとめておき、自分のプロフィールページに常時表示させる機能です。通常、ストーリーの投稿は24時間を経過すると消えますが、ハイライト機能を使うことで24時間以上残せるようになりました!

ハイライトのまとめ方を解説します。

まずは自分のストーリーを開き、右下の「ハイライト」をタップしましょう。24時間経過してストーリーが消えている場合は、アーカイブからでも同様に操作できますよ。

次にハイライトを作成します。
①ハイライトのタイトルを入力し「追加」をタップ
②「プロフィール上で見る」をタップ
③プロフィール画面に戻り、ハイライトのアイコンが表示されたのを確認

これでハイライトが作成されました! すでにハイライトが1つ以上ある場合には、同様の操作でハイライトにストーリーを追加できます。

ストーリーを開き「ハイライト」をタップすると、新規ハイライトを作成するか、既存のハイライトに追加するかを選べます。

ハイライトを作ってプロフィールページを充実させましょう!

Instagramのストーリーに関するQ&A

最後に、Instagramのストーリーに関するよくある疑問をQ&A形式でまとめました。

ストーリーに投稿できる動画の長さは何秒まで?

ストーリーは1コマ15秒の長さであるため、ストーリー機能で動画を撮影すると15秒で自動的に撮影が終わります。しかし、カメラロールから15秒以上の動画を選んで投稿することも可能です。

15秒以上の動画を選択した場合、このように15秒ずつに分割され、それぞれのコマごとに編集しなければいけません。

また最大の長さは60秒で、60秒を超えた分はカットされます。長い動画を投稿したいときには60秒ごとに区切ってから、ストーリーに投稿しましょう。

ストーリーの投稿を限定公開にしたい

フォロワーはもちろん、フォロワー以外のユーザーもプロフィール画面からストーリーを閲覧できます。もしフォロワー以外にストーリー見られたくない場合には、非公開アカウントにしましょう。

ただし非公開アカウントだとフィード投稿も非公開になりますよね。そこで便利なのが「親しい友達」に限定公開する方法です。

ストーリーの編集画面の左下にある緑色ボタンか、ストーリーのシェア画面にある「親しい友達のみ」をタップすれば、親しい友達にストーリーを限定公開できます。

あらかじめ「親しい友達」にユーザーを追加する必要があります。まだ追加していない人はプロフィール画面右上の「三」ボタン>「親しい友達」の順にタップして、追加しておきましょう。

ストーリーにURLやリンクを貼れない

ストーリーでよく見かける「スワイプアップ」。画面をスワイプアップすることで、リンク付けしたサイトに飛べる機能です。

実は、ストーリーにURLやリンクを貼れるのはフォロワーが1万人以上いる信頼性のあるユーザーのみ。これには個人アカウントかビジネスアカウントかは関係ありません。(一部例外もあります)

「スワイプアップ」をしたい人は、フォロワー1万人を目指しましょう!

ストーリーにBGM・曲を設定できない

ストーリーにBGMを設定しようとしても、ミュージックスタンプが表示されない人がいるようです。

実はミュージックスタンプは、一部のユーザーは利用できません。アップデートや再起動をしてもミュージックスタンプが表示されないため、利用できない理由は不明です。

現在は利用できないユーザーが取れる対策はないため、機能が解放されるまで待ちましょう。

ミュージックスタンプの代わりに、著作権のある曲をBGMで流してしまうとストーリーが削除される可能性もあるため、注意してください。

ストーリーを攻略してInstagramでの発信を楽しもう!

「フィードはあまり投稿しないけど、ストーリーは1日何回も投稿する」というユーザーもいるほどで、Instagramを開くたびに新規ストーリーがアップされています。ストーリーがいかに活用されているかがわかりますよね。

ずっと残るものではないため、気が向いたらその場の写真や動画をシェアできるストーリー。機能やスタンプが豊富なストーリーの使い方を攻略して、Instagramでの発信を楽しみましょう!

こちらの記事もおすすめ

Instagram 投稿をストーリーにシェア(リグラム)する方法
『Instagram』ストーリーに新機能追加。ループ動画「Boomerang」他2つの機能