「合戦モード」は、CPU戦と対人戦の2つが用意されている。勝利すれば戦利品が手に入るので、気合を入れて戦いに挑もう!

合戦に勝って報酬をゲット!

『しろくろジョーカー』におけるもうひとつの楽しみどころが、ここで紹介する「合戦モード」だ。
マス目状に区切られた戦場マップで東西二つに分かれた各陣営が、移動や攻撃などの行動を決定していくターンバトル形式で、武将の能力やスキルを駆使し、相手陣営を全滅させれば勝利となる。
合戦に勝てば、両や食糧、場合によっては新しい武将まで手に入るなど、まさにいいこと尽くめ!
資産も増えるので「街づくりモード」もはかどるだけに、これはもうやるしかない!
ということで、それではさっそく「合戦モード」について紹介しよう!

「合戦モード」画面。マス目を移動して敵に隣接し、攻撃をしかけろ!

まずはチュートリアルで概要を把握しよう

「合戦」は「街づくりモード」画面左下の「合戦」ボタンをタップすることではじめることができる。
最初はじいのアドバイスつきチュートリアルで、部隊の編成のしかたや合戦時の移動や攻撃、スキルの使用などをひととり教えてくれるのだが、特に注意したいのが、部隊の属性についてだ。
部隊は「槍」「馬」「弓」「槍」「鉄砲」のいずれかの属性で編成されており、それぞれに得手不得手がある。
具体的には
①「槍」>「馬」>「弓」>「槍」…という三すくみ
②「鉄砲」は攻めは得意だが守りには弱い
という感じだ。
上記のルールをしっかり覚えておこう。
合戦では、敵部隊の属性に勝る属性の部隊でいかに先制攻撃をできるのかが、勝利の鍵となっている。属性を把握することが、戦上手になるための第一歩だ。

戦闘画面。「攻撃」や「スキル」のほか、状況に応じてコマンドを選択しよう。

頼れる味方! 序盤では「援軍」がお役立ち!

「合戦モード」では、自軍の部隊のほか、ログイン中のプレイヤー一覧から「援軍」の要請をすることができる。
その際にチェックしておきたいのが、援軍が抱えている部隊内容だ。
レアガチャをガンガンまわせる人ならともかく、無課金もしくはあまり課金しないユーザーの場合、序盤では自軍の部隊は正直弱い。
そこで頼りにしたいのが「援軍」というわけだ。
援軍は一覧からタップすれば、その編成を見ることができるので、お抱えの武将をチェックして、できるだけ強いユーザーの部隊を選ぶようにしよう。

援軍一覧。タップすることで、編成部隊の詳細な情報を確認することができる。

武将カードの使い方アレコレ

「合戦モード」の画面を開くと、合戦のほかに、武将の強化やガチャ、売却などの項目がある。
昨今のスマホゲームをプレイしたことがある人なら説明不要かとも思うが、念のため軽く補足しておくと、
・「部隊編成」では、最大5人までの武将を選んで部隊を編成できる。武将にはそれぞれ「コスト」が設定されており、起用するにもその数字内に収まるように選ぶ必要があるので注意。
・「合成」では、任意の武将を強化することが可能。ダブっているカードや不要になったカードを用いて合成し、レベルを上げていこう。
・「武将売却」では、不要になったカードを売却することで食糧を手に入れることができる。
・「武将一覧」では、武将のレベルや兵力のほかスキルなどの詳細を確認することができる。また、スタート当初のカードストックの上限は100となっているが、「宝玉」の使用でその枠を拡張することもできる。
・ 「武将ガチャ」は「ガチャポイント」や「宝玉」でまわすことができる。どちらも毎日のログインボーナスでもらうことができるので、プレイしない日でもゲームの起動だけはしておこう。

「合成」の画面。不要なカードを使用して、主力武将の強化をはかろう。

いざ「東西戦」へ! 全国の猛者たちが群雄割拠!

「東西戦」とは、参加ユーザーが東軍と西軍に分かれ、それぞれが編成した部隊で対戦を行うモードだ。
毎日以下の時間帯で開催されているので、時間があるなら参加してみよう!

・開催時間(※2014年12月上旬時点でのデータとなります)
朝の陣 08:00開始(受付07:00~08:00)
昼の陣 12:00開始(受付11:00~12:00)
夕の陣 18:00開始(受付17:00~18:00)
夜の陣 22:00開始(受付21:00~22:00)

なお、「東西戦」は土曜日と日曜日には、もらえる報酬がアップすることも覚えておこう。

「東西戦」は人気があるので、スタート時間になったらすぐ参加するようにしよう。

  • iOS
  • Android

無料

【戦国街づくり&バトル】しろくろジョーカー

Bushiroad Inc.

3.85
アプリストアを見る

無料

【戦国街づくり&バトル】しろくろジョーカー

株式会社ブシロード

3.54
アプリストアを見る

この記事を書いたライター

あずま ゆきはる

ケータイゲームはガラケー時代からの付き合いで、古くは『グンペイ』から親しんでいるオヤジライター。
使用機種はiphone5s。友人たちのすすめで購入したものの、アンドロイド慣れした手にはなかなか馴染まず四苦八苦…。