• TOP
  • 格安SIM
  • 携帯代・スマホ代を節約! 1ヶ月の平均より安くする見直しポイントや裏ワザ

大手キャリアの携帯代・スマホ代が高いと感じていませんか? 実はちょっとしたところを見直せば、今よりもお得にスマホが利用できます。

今回は携帯代・スマホ代の節約術を解説します。高い月額料に悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

大手キャリアの携帯代・スマホ代を節約前にここをチェック

携帯代・スマホ代を節約する前にチェック!

大手キャリアの携帯代・スマホ代を節約する前に下記のポイントをチェックしましょう。

■節約前にチェックするポイント
・携帯代・スマホ代にかける平均金額
・毎月のデータ通信量
・利用しているオプション
・毎月の通話量

携帯代・スマホ代のどこ削れば良いのか理解するためにも、事前に上記のポイントを確認しておきましょう。

チェック1.携帯代・スマホ代にかける平均金額

まずは携帯代・スマホ代にかける平均金額を見てみましょう。

携帯会社 平均金額
大手キャリア 8,312円
格安SIM 4,424円
MVNO 3,771円

平均金額でもわかるように、大手キャリアと格安SIMでは約2倍も支払っている金額に差があります。もし大手キャリアを使っているなら、格安SIMやMVNOへの乗り換えを検討して見ましょう。

チェック2.毎月のデータ通信量

データ容量の形態は下記の2種類に分けられます。

■データ通信量の形態
・従量制
・定額制

従量制は毎月利用したデータ通信量によって支払う金額が変わる形態です。逆に定額制は、毎月決まったデータ容量と料金でモバイル通信が利用できる仕組みとなっています。

従量制は仕組み上、データ容量を使うほど月額料金が高くなります。従量制でかつ、毎月たくさん通信しているなら、定額制に変更した方が毎月の携帯代・スマホ代を安くできるでしょう。

逆に、定額制であまりデータ通信量を使っていない方は、従量制に移行させたほうがお得になります。定額制の場合は、毎月使っているデータ通信量に合わせたプランに変更すれば、携帯代・スマホ代を安くすることが可能です。

チェック3.利用しているオプション

オプションは1つあたり数百円程度で安いものが多いですが、複数のオプションを利用していると想像以上に料金が膨れ上がってしまいます。一度オプションを見直して、不要なものは解約しましょう。

チェック4.毎月の通話料

電話を頻繁にかける場合、通話料だけで携帯代・スマホ代の大きな負担になります。よく電話をする方は『LINE』などの音声通話アプリを活用しましょう。

LINE

LINE Corporation

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

格安SIM別料金・通信速度ランキング

格安SIM別で料金と通信速度をランキングで紹介

格安SIM別の料金・通信速度ランキングを見てみましょう。今回紹介するランキングは、データSIMの料金、音声通話SIMの料金、通信速度の3種類です。

格安SIM料金が安いランキング(データSIM)

データSIMとは、モバイル通信のみが利用でできるSIMプランを指します。音声通話はできない分、音声通話SIMよりも安く使えます。

■格安SIM料金が安いランキング(データSIM)

順位 格安SIM 月額料金 データ容量
1位 LinksMate 385円 1GB
2位 IIjmio 480円 1GB
3位 イオンモバイル 480円 1GB
4位 ECJOY!モバイル 530円 1GB
5位 ロケットモバイル 590円 1GB

※月1GB以上のプランを対象

『LinksMate』が月1GBで385円と最も安いです。他の格安SIMも毎月500円以下で使える会社が多いので、モバイル通信だけを利用したい方は上記の格安SIMを選びましょう。

格安SIM別料金が安いランキング(音声通話SIM)

音声通話SIMは、音声通話+モバイル通信ができるSIMプランです。音声通話ができる分、データSIMよりも高いですが、キャリアの電話番号をそのまま引き継げます。

■格安SIM別料金が安いランキング(音声通話SIM)

順位 格安SIM 月額料金 データ容量
1位 LinksMate 737円 1GB
2位 BIGLOBEモバイル 980円 1GB
3位 LIBMO 980円 1GB
4位 QTmobile 1000円 2GB
5位 mineo 1180円 1GB

※月1GB以上のプランのみ対象

音声通話SIMも『LinksMate』が最も安いです。ただ、1GBあたりで計算すると『QTmobile』は500円で格安SIMが利用できます。安さ重視で考えるなら、上記の格安SIMから選ぶのがおすすめです。

格安SIM別通信速度ランキング

今回は下り(ダウロード)回線の通信速度でランキングをつけました。下り回線が早いほど、動画やSNSをサクサクと楽しめます。

■格安SIM別通信速度ランキング

順位 格安SIM 最大通信速度(下り) データ容量
1位 UQ mobile 約150Mbps 1GB
2位 [Y!mobile](https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3404399&pid=887045135) 約75Mbps 1GB
3位 楽天モバイル 約71Mbps 1GB
4位 OCNモバイル ONE 約51Mbps 2GB
5位 イオンモバイル 約40Mbps 1GB

主要の格安SIMの中で下り回線の通信速度が最も速いのは『UQ mobile』です。

その他の格安SIMも見てみると、Softbankのサブブランドの『Y!mobile(ワイモバイル)』や独自回線を設けている『楽天モバイル』の通信速度も速いのがわかります。ただし、『UQ mobile』には及びません。

通信速度で格安SIMを選ぶなら、『UQ mobile』を選ぶのがおすすめです。

ランキングでわかるおすすめ格安SIM3選

上記のランキングを参考に、おすすめの格安SIMを厳選して紹介します。今回ピックアップした格安SIMは下記の通りです。

■おすすめの格安SIM
LinksMate
BIGLOBEモバイル
UQ mobile

3社の料金や特徴、どんな人におすすめなのかは次の項目でまとめています。

データSIMで選ぶなら『LinksMate』

LinksMateの特徴と料金について

LinksMateの料金とデータ容量をまとめました。

■LinksMateの料金とデータ容量

データ容量 データSIM SMS+データSIM 音声通話SIM
100MB〜 165円〜 297円〜 517円〜

『LinksMate』の特徴は次の通りです。

■『LinksMate』の特徴
・114種類のプランから選べる
・カウントフリーオプションがある
・5G回線オプションも提供している

『LinksMate』のプランの種類は、格安SIMでもトップクラスの多さです。データ容量は100MBから最大1TBまで提供しているので、ちょっとスマホを使いたい人からネットをたっぷり使いたい人のニーズにも応えています。

さらに、対象のゲームやコンテンツ、SNSの通信量カウントが90%以上OFFになるカウントフリーオプションも用意。5G回線オプションもあるので、快適にネットを利用できるのも特徴です。

■『LinksMate』はこんな人におすすめ
・幅広いプランから自分に合ったものを見つけたい人
・スマホゲームでよく遊ぶ人
・5G回線を使ってみたい人

音声通話SIMで選ぶなら『BIGLOBEモバイル』

BIGLOBEモバイルの特徴と料金は?

BIGLOBEモバイルの料金とデータ容量は下記の通りです。

■BIGLOBEモバイルの料金とデータ容量

プラン名 データSIM SMS+データSIM
3ギガプラン 900円 1,020円
6ギガプラン 1,450円 1,570円
12ギガプラン 2,700円 2,820円
20ギガプラン 4,500円 4,620円
30ギガプラン 6,750円 6,870円
プラン名 音声通話SIM
1ギガプラン 980円
3ギガプラン 1,200円
6ギガプラン 1,700円
12ギガプラン 3,400円
20ギガプラン 5,200円

次は『BIGLOBEモバイル』の特徴をまとめました。

■『BIGLOBEモバイル』の特徴
・エンタメフリー・オプションでデータ容量を節約
・音声通話SIMを約1,000円で利用できる安さ
・豊富なキャンペーン

『BIGLOBEモバイル』はYouTubeやSNSなどにかかるデータ通信量が0になる、エンタメフリー・オプションを実施しています。さまざまなエンタメアプリが対象になっているので、エンタメを自由に楽しみたい人にもおすすめです。

音声通話SIMは約1,000円で利用できる安さに加え、キャンペーンを活用すればもっとリーズナブルにスマホが利用できます。

キャンペーンは月額料金割引以外に、エンタメフリー・オプション6ヶ月無料など豊富に実施しています。

■『BIGLOBEモバイル』はこんな人におすすめ
・You TubeやSNSをよく利用する人
・音声通話SIMをリーズナブルに使いたい人
・キャンペーンを活用してお得にスマホを利用したい人

通信速度で選ぶなら『UQ mobile』

UQ mobileの特徴と料金は?

『UQ mobile』の料金とデータ容量は以下の通りです。

■『UQ mobile』の料金とデータ容量

くりこしプランS くりこしプランM くりこしプランL
月額料金 1480円 2480円 3480円
データ容量 3GB/月 15GB/月 25GB/月

『UQ mobile』の特徴を以下にまとめました。

■『UQ mobile』の特徴
・下り回線の通信速度が格安SIMトップクラスの速さ
・シンプルで選びやすいプラン
・サブブランドで安定してモバイル通信が可能

『UQ mobile』はauのサブブランドなので、他の格安SIMよりもモバイル通信が安定しています。格安SIMでもトップクラスの通信速度を実現しているので、ストレスなくネットを楽しめるのも魅力です。

■『UQ mobile』はこんな人におすすめ
・通信クオリティにもこだわりたい人
・安定した通信でいつでも快適にスマホを使いたい人
・選ぶのが苦手な人

携帯代・スマホ代を安くする4つの節約術

携帯代・スマホ代をお得にする節約術!

携帯代・スマホ代を安くする節約術を4つ紹介します。

■携帯代・スマホ代を安くする4つの節約術
・格安SIMに乗り換える
・Wi-Fiを活用してデータ量を減らす
・通話オプションを利用して通話料をカット
・不要なオプションを減らす

具体的な方法は次の項目で解説します。

格安SIMに乗り換えて基本料金をリーズナブルに

大手キャリアと格安SIMの平均金額には2倍ほどの差があります。つまり、大手キャリアから格安SIMに乗り換えるだけで、月々の携帯代・スマホ代を大幅に節約できるのです。

さらに、格安SIMはデータ容量ごとのプランを豊富に用意している会社が多いです。利用頻度に合ったプランを選びやすいので、安くて無駄のない料金でスマホを利用できます。

どの格安SIMを使えばいいかわからない方は、先述したおすすめの格安SIMを参考してください。

Wi-Fiを活用してデータ量を減らし安いプランに変更する

Wi-Fiを活用すれば、毎月のデータ通信量の削減ができ、もっと安くてデータ容量が少ないプランへの変更ができます。

Wi-Fiはチェーン店などで利用できる無料の公衆Wi-Fiや、携帯会社が提供しているオプションを活用するのがおすすめです。

ただ、オプションでWi-Fiを使う場合、月々の利用料が発生するので、本当に頻繁に使うのか吟味してから加入しましょう。

通話オプションを利用して通話料をカット

通話が多い場合は、通話オプションを活用すれば通話料を削減できます。通話オプションには利用料がかかりますが、毎月の通話料と比較して通話オプションの方が安ければ、すぐに加入しましょう。

不要なオプションを減らす

ひとつひとつのオプションは安いですが、いくつも加入していると利用料は大きく膨れ上がっていきます。加入しているオプションが多い方、不要なオプションが多い方は解約するだけでも大きなコストカットに繋がるでしょう。

まとめ

今回解説した内容をまとめました。

■携帯代・スマホ代の節約術まとめ
・大手キャリアと格安SIMの平均金額の差は大きい
・毎月に通信量に合わせたデータ容量を選ぼう
・不要なオプションをカットすれば節約できる
・通話量に合わせて通話オプションを活用しよう
・格安SIMへ乗り換えれば大幅なコストカットができる

携帯代・スマホ代はちょっとした部分を見直せば、今よりもリーズナブルに利用できます。もっと手軽に節約したい!と思っている方は、格安SIMへの乗り換えもおすすめです。毎月の携帯代・スマホ代を1,000円〜2,000円前後にしたいなら、今回紹介した格安SIMも検討してみてください。

こちらの記事もおすすめ

節約アプリ大全集! 知らなきゃ損するスマホでできる貯金テク
Androidスマホの通信量節約術!ギガ不足を解消する20の方法