最近、漢字の書き方を忘れてきました。
キーボードに文字をタイプするばかりで、紙に文字を書くことが減ったからかもしれません。
それにEメールやSNSでのやり取りが多く、手紙を出さなくなりました。
『手書きツール』はそんな現代人の私に手書きの温かみを教えてくれるアプリでした。

アプリを起動すると、チュートリアル的な説明が入ります。
もともと海外のアプリだったようですが、ちゃんと翻訳してくれているのですね、ありがたいです。
スマートフォンを横にして、さっそく手書きで自由に書いてみましょう。

言われた通り、入力後に少し待つと画面が右にスクロールして新たな手書きエリアが出てきました。
指示に従って画面左上のDoneをタップすると……。

こんな感じで手書きメッセージの全体図を見ることができます。実は5回書いていました。
書き味は良好で、万年筆に似た感じでしょうか。
海外発のアプリということもあってアルファベットを書くのに最も適している印象を受けました。

手書き時の機能はシンプルです。お絵かきソフトやビデオで良く使うマークなので、なんとなく意味もわかると思います。
スマートフォンを上下にシェイクすることで全消しができるのは、学校の黒板消しを思い出して懐かしい気分に。

スポイトマークは色変更。
消しゴムツールの横、右下のレインボーなものは1タップごとに色が変わるペンですね。

こんな感じでカラフルな手書きメッセージを作成できます。

手書きメッセージを送ろう!

こうして作成した手書きメッセージ。しかしメッセージは届けたい相手に届いてこそ意味があるものです。

アプリ下部、右から2番目の矢印マークをタップするとこんな感じでメニューが開きます。

それぞれメール、facebookなどで手書きメッセージを投稿できるんですね。

そしてTwitterで試しにこんな手書きメッセージを投稿してみたところ、友達から反応してもらえるという一幕も。
これも手書きのパワー(?)ですね。

自分の気持ちを伝えるのに最適ですし、ちょっとしたメモを残すならスマートフォンのキーボード入力より手書きの方が早いです。
『手書きツール』を使って、毎日に温もりのあるやり取りをしてみてはいかがですか?

  • iOS
  • Android

無料

手書きツール

Gee Whiz Stuff LLC

3.32
アプリストアを見る

この記事を書いたライター

フラボノ

千葉県在住のシナリオライターです。
こっそりゲームのテキストとかも書いています。
自分がテキストを書いたゲームのレビューとかできたらいいな!