『TSUTAYA TV』で同時視聴したい!でも方法が分からない……と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。『TSUTAYA TV』では、2つの条件を満たせば誰でも簡単に同時視聴が可能です。

ただ『TSUTAYA TV』には同時視聴台数に限らず、登録端末台数に制限を設けているため、使用環境によっては使いにくさが目立つ印象を受けるかもしれません。

本記事では少しでもスムーズに操作できるよう、同時視聴と登録端末台数の仕組み・手順を画像付きで解説します。

CHECK!!

ディズニープラスなら名作・話題作が見放題! [AD]

ディズニー、ピクサー、マーベル、スターウォーズ、ナショナル ジオグラフィックの名作が見放題の「Disney+ (ディズニープラス)」。さらに大人も楽しめる人気作が観られるブランド「スター」も加わって、内容がさらに充実しました。

『TSUTAYA TV』は複数端末での同時視聴はできる?

『TSUTAYA TV』のイメージ画像

購入作品であれば最大2台まで同時視聴できる

視聴可能時間に制限がない「購入作品」は、2台まで同時視聴が可能です。同時視聴する際は、各端末から「マイメニュー」→「レンタル・購入済み」へアクセスし、該当する作品を選択・再生します。

また『TSUTAYA TV』では、アプリ限定でダウンロード機能も備えていますが、ダウンロード(オフライン)機能を併用しても公式アプリによる認証通信を都度行うため、同時視聴できる台数は変動しません。

同時視聴ダウンロード
見放題作品×(1台のみ)×(DL不可)
レンタル作品×(1台のみ)〇(1台まで)
購入作品〇(2台まで)〇(5台まで)

上限である5台すべての端末に作品をダウンロードしていても、『TSUTAYA TV』で同時視聴できる端末はストリーミング(オンライン)と合わせて「2台」が限界です。

ダウンロードに関しても「単品動画作品のみ」「見放題動画は対象外」などの条件があります。詳細は下記リンクをご参照ください。

『TSUTAYA TV』の動画ダウンロードの仕組みを公式サイトで確認する
『TSUTAYA TV』の動画ダウンロード方法を公式サイトで確認する

見放題・レンタル作品はできない

視聴可能時間に制限のある「見放題」「レンタル」作品は、同時視聴に対応していません。作品を視聴できるのは、登録端末1台のみです。

同時視聴を試みると、2台目以降の端末には「同時視聴端末台数を超えています」のエラーが表示されます。

『TSUTAYA TV』では端末の管理が厳しいため、端末の切り替え時に注意が必要です。

「停止ボタン」を押さずに画面を閉じてしまうと、終了確認が正しく行なわれず、別端末で続きを再生しようとしてもエラーが発生する可能性があります。

エラーに関する詳しい対処法は後ほど解説しますので、そちらもご参照ください。

「同時視聴端末台数を超えています」とエラーが表示した場合

『TSUTAYA TV』の同時視聴端末台数エラー

「同時視聴端末台数を超えています」(エラーコード:E10047)が表示される主な原因は2つです。

  • すでに再生中の端末が存在している
  • 再生中の端末を正常終了できていなかった

エラーが表示された作品は、再生相当時間(約2時間)が経過しない限り、再視聴できない仕組みになっています。エラーを出していない作品は影響しないので、待ち時間に別作品を視聴するのもよいでしょう。

また「同時視聴していない」「端末を変えていない」という人でも、正しく視聴を終了できていないと、同じエラーが出るケースがあります。

いきなりブラウザや公式アプリを消すのではなく、「停止ボタン(||)」「終了ボタン(×)」を使ってから視聴を中断・終了するようにしましょう。

『TSUTAYA TV』の同時視聴端末台数エラーについて公式サイトで確認する

『TSUTAYA TV』のアカウント共有について

『TSUTAYA TV』はマルチプロフィール機能が未搭載かつ、アカウントを共有するには登録時のDISCAS IDやパスワードを教える必要があるので、アカウント共有に向いていません。

くわえて、登録時のDISCAS IDやパスワードを共有してしまうと、視聴履歴や決済方法などの個人情報が漏れ出てしまいます。個別で閲覧制限をかけられないので、気の許せる家族や友人であっても安易にアカウント情報を共有しないのがおすすめです。

『TSUTAYA TV』のマイページイメージ画

登録できるデバイス数は最大5台まで

『TSUTAYA TV』の作品を再生できるパソコン、スマートフォン、タブレット、テレビであれば、同じログイン情報で最大5台分の端末を登録できます。

『TSUTAYA TV』の使用可能端末

端末の登録は、ログイン情報の連携や作品の視聴などによって行なわれるため、特別な手続きは必要ありません。

端末の削除・管理もマイページから簡単に操作が可能です。詳しい操作方法は後ほど解説します。

「登録されている視聴端末が最大の5台を超過しました」とエラーが表示した場合

エラーメッセージに限らず、下記のエラーコードが表示された場合は「最大登録台数(5台)を超えている状態」と判断します。

  • E10146
  • E_FW040501_5050

「5台分も端末を登録した覚えがない」「いつも同じ端末で視聴している」という方でも、下記のような使い方をしたときに1台分を追加認識されているケースがあります。

  • パソコンのブラウザで閲覧履歴を削除したとき
  • 同じパソコンで複数のブラウザを開いて視聴したとき
  • シークレットモードのブラウザで視聴したとき

『TSUTAYA TV』はCookie情報を基に端末台数をカウントしているので、身に覚えがない登録端末の超過エラーが出たときは「視聴方法」に注意してみましょう。

登録端末を削除する方法

新しい端末を追加するには、エラーが発生したアカウントから既存の端末データを削除しなければ追加できません。端末の削除方法は、公式アプリとPCブラウザの2通りです。

公式アプリPCブラウザ
登録端末の反映時期即時登録から約30日間後
端末削除できる時期即時前回の削除から約30日間後
端末削除できる台数制限なし1回1台

PCブラウザでは公式アプリと比べて「登録端末の反映時期」「端末削除できる時期」に約30日間のタイムラグが生じます。

カスタマーセンターでも解除対応を行なっていますので、よく分からないときは気軽にお問い合わせください。

電話で「TSUTAYA TVカスタマーセンター」に問い合わせする方法を確認する
メールで「TSUTAYA TVカスタマーセンター」に問い合わせする方法を確認する

アプリから削除する場合

5台目以上にあたる新端末でアプリから視聴しようとすると、エラーメッセージとともに「登録端末一覧」画面が開きます。

『TSUTAYA TV』アプリのエラー画面

新端末で視聴を続ける場合は、「全て削除する」もしくは削除したい端末を選択しましょう。選択個数に制限はないので、2つや3つなど好きな端末数を一度に削除可能です。

アプリからの端末管理は基本無制限なので、エラーメッセージのない状態でも下記の方法で削除できます。

1.アプリトップページからマイページを選択

『TSUTAYA TV』アプリのトップ画面

2.マイページ画面下にある「登録端末一覧」を選択

『TSUTAYA TV』アプリのマイページ

3.「全て削除する」もしくは削除したい端末をタッチ

『TSUTAYA TV』アプリの端末管理画面

PCブラウザから削除する場合

PCブラウザから削除するには、エラーが発生したアカウントだけに表示される「登録済み端末」画面を開く必要があります。

『TSUTAYA TV』PC版の端末管理画面

ただし「登録済み端末」の画面は、登録反映時期と同じく約30日間経過しなければ表示されません。

約30日間経過しても、「登録済み端末」の画面が見つからない場合は、「TSUTAYA TV カスタマーセンター」のサポートが必要です。

質問内容と一緒にアカウント情報の詳細を添えて、問い合わせてみてください。

『TSUTAYA TV』の問い合わせ画面

『TSUTAYA TV』の同時視聴は最大2台! 登録可能台数に注意

『TSUTAYA TV』では、ストリーミング(オンライン)やダウンロード(オフライン)に関係なく、同時視聴できるのは「購入作品のみ」で、「視聴端末は2台まで」です。

また、同一アカウントで登録できる端末は最大でも5台までです。アプリとPCブラウザでは、端末管理に約30日間のタイムラグが生じることも覚えておきましょう。

スムーズな操作・管理を求める方は、臨機応変に使用端末を切り替えてみてください。

TSUTAYA TV Player

Culture Convenience Club Co.,Ltd.

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

海外ドラマ(HBO作品)が観たいなら『U-NEXT』

U-NEXT
作品数 21万本以上
月額料金 2,189円(税込)※1
無料お試し期間 31日間 ※2
ダウンロード機能
有料レンタル(PPV)
同時視聴台数 4台 ※3
支払方法 クレジットカード
キャリア決済
楽天ペイ
Amazon.co.jp
Apple ID
ギフトコード/U-NEXTカード(プリペイドカード)
運営会社 株式会社 USEN-NEXT HOLDINGS
こんな人におすすめ 新作映画も観たい
具体的にどの作品を観たいか決まっていない
雑誌やコミックなど、幅広く楽しみたい

※1:iOS版アプリから登録した場合は2,400円(税込)。Webからの登録がおすすめ
※2:iOS版アプリから登録した場合は1ヶ月(翌月の登録日と同日に課金発生。登録月より翌月の日数が少ない場合は日数が繰り上げに。少し損をする場合がある)
※3:親アカウント1つ、子アカウント3つでの同時視聴。同じ作品の同時再生不可。

全ジャンルを含めた見放題の作品数はなんと210,000本以上の、圧倒的作品数をそろえている動画配信サービスです。月額2,189円(税込)はやや割高に感じるかもしれませんが、1,200ポイントの還元があり映画館や電子書籍で利用できるため、きちんと使いこなせればかなりお得なサービスと言えるでしょう。

海外ドラマに強く、アメリカの有料ケーブルテレビ局であるHBOやHBO Maxと独占契約を結んでいるもが特徴。そのためHBO作品は、基本的にU-NEXTでしか視聴できません。同時視聴数も4台と及第点で、使いやすい動画配信サービスです。

オリジナル作品を観るなら『Netflix』

Netflix
作品数 非公開
月額料金 ベーシック 990円(SD)
スタンダード 1,490円(HD)
プレミアム 1,980円(UHD 4K)
無料お試し期間 なし
ダウンロード機能
有料レンタル(PPV) ×
同時視聴 最大4台※
支払い方法 クレジットカード
デビットカード
プリペイドカード
Netflixプリペイド・ギフトカード
パートナー課金(J:COM、SoftBankなど)
運営会社 Netflix, Inc.
こんな人におすすめ 海外ドラマが好き
Netflixオリジナル作品を観たい

※プランによって同時視聴台数が異なる。

公式の情報によれば、全世界で2億人もの利用者がいる大型の動画配信サービス。ドラマとしては韓国ドラマが強めで、国内ドラマもそれなりといった感じです。同時視聴は最大4台ですが、プランによって異なるので加入時にはきちんと確認しておきましょう。

最大の魅力は何といってもオリジナルドラマ。現時点で22作もの作品が制作・公開されており、漫画原作の『今際の国のアリス』や大ヒットホラー映画『呪怨』の外伝作品など、タイトルを見るだけで気になる作品が目につきます。

幅広いジャンルを揃えている『Amazonプライム・ビデオ』

Amazonプライム・ビデオ
作品数 非公開
月額料金 500円
無料お試し期間 30日間
ダウンロード機能
有料レンタル(PPV)
同時視聴 3台 ※
支払方法 クレジットカード
携帯決済
あと払い (ペイディ)
Amazonギフト券(プリペイドカード)
パートナーポイントプログラム(JCBのOki Dokiポイント)
運営会社 Amazon.com Inc.
こんな人におすすめ 幅広いサービスを受けたい
料金を抑えたい

※同じ作品は最大2台まで。

ドラマだけでなく映画・アニメ・ドキュメンタリーと幅広い作品を月額500円(税込)というワンコインで利用できるのが特徴の動画配信サービス。『フェイス -サイバー犯罪特捜班-』や『誰かが、見ている』などのオリジナル国内ドラマも楽しめます。

同時視聴可能台数は3台であるほか、ウォッチパーティー機能で離れた人と作品をリアルタイム視聴できます。

こちらの記事もおすすめ

映画が見放題の動画配信サービスおすすめ8社比較 名作・良作を満喫!
国内ドラマ好きにおすすめの動画配信サービス10社比較【一覧表つき】