• TOP
  • アプリレビュー
  • 『年齢早見(お歳はいくつですか?)』で初対面の人とも盛り上がろう!

役所で書類を作成する際、毎回思うことがあります。
「あれ? 今年って平成何年だっけ?」
西暦はさすがにわかるけれど、平成何年かがとっさに出てこない。
西暦+12年が平成の年数なんですが、どうしてもド忘れしちゃうんですね。
そんなときにも使えるアプリがこの『年齢早見(お歳はいくつですか?)』なんです。

アプリを起動すればあっという間に今が何年で、この年に生まれた人が今何歳になるのかを知ることができるんです。

私が生まれた歳もこの一覧の中に……。
こうして一覧で眺めて見ると、昭和も遠くになったものだと感じますね。

個人的に一番びっくりしたのが、平成生まれの子がすでに成人していること。
20年前に生まれた子が二十歳って……あ、よく考えてみれば当たり前でしたね。

この『年齢早見(お歳はいくつですか?)』は年齢と年号、西暦をパッと見ることができるだけのアプリです。
それだけでも、こんな風に十分に話のネタになるんですね。
例えば飲み会で初対面の人でも年齢がわかっていれば「年号でいうと昭和○年生まれですね」とパッと返せると、話の腰を折らずに盛り上がることもできますし、「そういえば○年ってこんなものが流行りましたね」みたいなその世代あるあるトークをする際の目安にもなります。

あと面白かったのは明治元年の146歳までさかのぼれること。
流石にご存命の方はいないと思うのですが「過去の偉人が明治○年生まれだから、もし生きていたら今年○○○歳で~」といった風に話を膨らませることができちゃいます。

シンプルな機能故に、工夫次第で色々なことに応用できる『年齢早見(お歳はいくつですか?)』。
スマートフォンに入れておいて損はないアプリですよ!

  • iOS
  • Android

無料

年齢早見(お歳はいくつですか?)

KS Planning Inc.

-
アプリストアを見る

この記事を書いたライター

フラボノ

千葉県在住のシナリオライターです。
こっそりゲームのテキストとかも書いています。
自分がテキストを書いたゲームのレビューとかできたらいいな!