そういえば一年前って何してたっけ? 友人との会話やテレビを眺めている時に、ふと考えたことありませんか?
 自分にとって特別な出来事なら日にちも時間も覚えていると思います。しかし、そうでない出来事は基本的に「なんとなく……」でしか覚えていないものです。
 そういう時は、フェイスブックやツイッター、スマホの中の写真といった、普段からよく使っているものを見て、きっかけになるものを探すと思います。とはいっても、一年二年も前の履歴を遡るのは、かなり骨が折れますよね。
 そんな時に役に立つのが、過去を振り返るアプリ『Timehop』です。

SNSやスマホから、去年のその日のものを探し出してくれる

 このアプリはスマホ保存されているものや、フェイスブック、ツイッターといったSNSから、前年のちょうど同じ日のものを抽出して、映し出してくれます。
 まず、過去のものを表示させるには、それらのアプリとの接続を許可する必要があります。SNSならアカウント同期、スマホ内の写真なら、写真や動画といった中から当てはまるものを選びます。

同期させたいものをタップして、Doneの文字が表示されれば完了です。

 接続を終えると、今日と同じ日の写真や投稿が、「4年前のもの」まで表示されます。

このように過去の写真や投稿が映し出されます。ちなみに筆者は今年のこの日に、ツイッターで「さむくね?」とつぶやいていました。筆者が極度の“寒がり”なのは、2年前から変わっていませんね。なんてこった。

 一人で眺めて「そうそう、こんなことやってたな」と、思い出に思う存分浸ることができます。
 また、SNSに共有もできますので、ここから話題を広げることもできますね。

かゆいところに手が届かないところがいい

 振り返ることができるのは、あくまでも前年の“同じ日”だけです。次の日が見たければ、明日にならないと見れませんし、昨日を見たければ、来年の同じ日まで待たないとみることができません。
 この仕様は確かに不便ではありますが、同じ日だからこそ意味がありますし、不便だからこそ「その日に見なければならない」と思えます。その日の特別感もきっと増す事でしょう。
 あなたもぜひ『Timehop』であの日の思い出に浸ってみてはいかがでしょう?

  • iOS
  • Android

無料

Timehop

Timehop

-
アプリストアを見る

無料

Timehop

Timehop

3.20
アプリストアを見る

この記事を書いたライター

アビス田村

ゲームをこよなく愛するヘビーゲーマー。
ゲーム分とカフェインを定期的に摂取しないと、元気がなくなります。
最近の趣味は世界旅行(FF14)