• TOP
  • 連載記事
  • 『Minecraft - Pocket Edition』素敵な家を作りたい! 家作りに適したSEED値を探してみた!

『Minecraft - Pocket Edition』では、ゲームスタート時に「サバイバルモード」と「クリエイティブモード」が選べ、それぞれスタート時に所持する素材の違いがあります。「クリエイティブモード」では全種類の素材を持っているのに対し、「サバイバルモード」では、何もない状態からのスタートとなります。一見「クリエイティブモード」の方が簡単に思えるかもしれませんが、道具から作る必要がある「サバイバルモード」でのプレイは、より奥深くゲームの世界を味わえると言えるかもしれません。

より家らしい家作り

素材の所持の違いはありますが、ゲームスタート時に何もない場所に放り出されるところは同じです。昼間はのどかな場所も、夜になれば蜘蛛やゾンビが襲い掛かってくる危険な場所へと変わるため、自分の身を守る家を作ることが重要になってきます。一刻身を隠すだけならば、土や木を積み重ねただけの四角い家や、穴を掘った洞窟のような場所でも充分ですが、せっかくなのでゲームに慣れる意味でも、ワンランク上の家作りを目指してみましょう。
特徴ある環境でスタートできる「SEED値」から、一番家づくりに良さそうなものを選ぶことにします。

家が作りやすい「SEED値」は!?

家を作るためには、基本素材である木や石の素材が豊富かつ集めやすいことが重要になります。そこで「家が作りやすい=素材が豊富」な世界の「SEED値」を探してみました。

山間の【Popularsinger(流行歌手)】

牛や羊が行き交うのどかな山間に「スポーン(配置)」されます。

目の前には洞窟があり、ぐるりと山に囲まれているため木も豊富に生えており、道具作りに不自由はなさそうです。樹の種類も白樺が多いので、色白で木目細かなバーチ材を素材にしたちょっとおしゃれな建築物が作れそうです。

また地面を掘れば、石炭や鉄なども簡単に手に入れられます。

孤島ライフを楽しみたいユーザーに!【1380885495】

海に囲まれた、木が三本しかない小さな島に「スポーン(配置)」されます。

必要最低限のクラフトテーブルや木のピッケル、松明などの資材は作り出せますが、最初に生えている木を使い切ってしまった後は、自分で木を育てていかなくてはいけません。

何もない場所からすべてを作り出したいユーザーにはオススメですが、家の完成までは遠そうです。

村や砂漠、湿地まで揃う【1405633987】

遠くに大きな村のそばに「スポーン(配置)」されます。近くに砂漠や湿地なども見られます。

村と湿地の境目を掘ると、廃坑へとつながり、石炭や鉄などの素材が豊富に手に入ります。

廃鉱の行き止まりの壁を掘った先は洞窟へとつながっており、マグマのそばで金やダイヤモンドなどを見つけることができます。

すでに村に立派な家があるので、この場所で新たに家を建てる必要があるのか、悩みます。
ある家に手を入れた方が早いかもしれません。

山間か、村か。それが問題だ。

今回は素材が豊富で調達しやすい、ことが条件だったため、山間の「PopularSinger」か「1405633987」のどちらかにすることにしました。どちらも素材調達に困ることもなく、種類も豊富でしたが、廃坑に資源が豊富にあるという点で「1405633987」を選択します。

  • iOS
  • Android

¥840

Minecraft

Mojang

4.51
アプリストアを見る

¥840

Minecraft

Mojang

4.13
アプリストアを見る

この記事を書いたライター

しるち。

不得意はないけど得意もない、雑食性フリーライター