• TOP
  • 📱 格安SIM
  • ahamoの料金プランや特徴は? メリットや注意点・プラン変更方法

ドコモが提供する格安プラン『ahamo(アハモ)』は、データ容量がたっぷり20GBあるにもかかわらず月額基本料金が2,970円(税込)と非常にリーズナブルなサービスです。

「月々のスマホ代を節約したい」「安心なドコモ回線で安く利用したい」という人は、『ahamo』への乗り換えがおすすめです。

そこで今回は『ahamo』について、特徴やメリット、乗り換え方法などをくわしく解説します。メリットが多いので、ぜひ本記事を参考に『ahamo』への乗り換えを検討してみてください。

他社から『ahamo』に乗り換えで10,000ptプレゼント中

『ahamo』の公式ページ

『ahamo』はこんな人におすすめ

  • 安定したドコモ回線を割安で使いたい人
  • 通信制限後も比較的速い回線を使いたい人
  • 通話は毎月少ししか利用しない人

他社から『ahamo』に乗り換えるなら、dポイントが10,000ptプレゼントされるお乗り換えキャンペーンの利用がお得! 使用している機種はそのままでSIMを交換するだけなので、非常に手軽に乗り換えられます。

『ahamo』の料金プランや特徴

『ahamo』の料金プランと特徴について紹介します。

『ahamo』の料金プラン

『ahamo』の料金一覧表

月額料金 2,970円/月
容量追加 550円/1GB
通話(5分以内) 無料
通話(5分超過分) 22円/30秒
かけ放題オプション 1,100円/月
解約金 無料
事務手数料 無料
ケータイ補償サービス 550円〜1,100円/月
※機種により変動
AppleCare+ for iPhone 403円/月〜
※機種により変動
あんしんセキュリティ 220円/月
あんしん遠隔サポート 440円/月
フィルタリングサービス 無料

※価格はすべて税込

月間データ容量20GBで月額2,970円(税込)のワンプラン

『ahamo』のプランは月額2,970円(税込)のプランのみとなります。他のサービスのようにプランが複雑ではないので、非常に料金がわかりやすいです。

プランには、以下のサービスが含まれています。

●月間データ容量:20GB
●国内通話料金:5分無料
●海外ローミング:20GBまで無料

月間データ容量の20GBは、インターネット検索やチャットサービスを主に使う人には十分な容量です。もし20GBを超えてしまっても、速度制限後も最大1Mbpsの速度で使用できます。

1Mbpsではゲームアプリの利用やアプリのダウンロード、高画質の動画再生などは難しいですが、検索やチャット、TwitterやInstagramなどの利用は可能です。

もし通信制限前の速度を保ちたい場合には550円/1GBで容量を追加すれば、使用状況に合わせた利用ができます。

なお、支払い方法をdカードに設定すると最大容量が25GBになるので、容量を少しでも増やしたい場合にはdカードの活用がおすすめです。

dカード特典内容

●dカードの場合:1GB増量/月
●dカード GOLDの場合:5GB増量/月

事務手数料・機種変更手数料などの手数料は0円

『ahamo』は以下の手数料が無料です。

●事務手数料
●機種変更手数料
●解約金
●MNP転出手数料
●送料

新規・乗り換え問わず、事務手数料は無料です。他社乗り換え時にも『ahamo』側には手数料は発生しません。端末やSIMカードなどの送料が無料なのも嬉しいポイント。契約期間に縛りもなく解約金もかからないので、気軽に乗り換えられるでしょう。

ただし、他社から乗り換える場合には、乗り換え前に契約していたキャリアにて手数料が発生する可能性があるので注意が必要です。

オンラインでのみ受付可能

『ahamo』の契約はオンラインのみで可能です。24時間いつでもインターネット上で手続きができるので、ショップが開いている時間帯に行けない人にもおすすめです。

契約後の各種変更手続き、修理対応などもすべてオンラインのみの対応になります。対面でのサポートがない代わりに、格安で回線が使用できる仕組みです。

『ahamo』は、オンラインでの手続きに不便を感じない人、ショップに行く時間がない人に向いています。

『ahamo』とギガプランの違い

『ahamo』はドコモが提供する格安プランです。ドコモにはもともと「ギガプラン」が用意されています。リーズナブルな「ギガライト」と、たっぷりネットが使える「ギガホ プレミア」があり、ニーズに合わせてプラン選択が可能です。

『ahamo』と「ギガライト」「ギガホ プレミア」の違いを一覧表にまとめたので、ご参照ください。

ドコモのギガプランの画像
特徴 基本料金(月額) データ容量 割引・特典 受付・相談窓口 契約者
『ahamo』 月額2,970円のワンプラン 2,970円 20GB 適用なし オンラインのみ 20歳以上・個人のみ
ギガライト 1〜7GBの間で、使った分のデータ量に応じて金額が変動 3,465円〜6,765円 1〜7GB ・みんなドコモ割
・ドコモ光セット割
・dカードお支払割
・ずっとドコモ特典
オンライン・店舗・電話 中学生以上・個人、法人
ギガホ プレミア データ容量はたっぷり60GBまで。テザリングも60GBまで可能 5,555円〜7,205円 60GB ・みんなドコモ割
・ドコモ光セット割
・dカードお支払割
・ずっとドコモ特典
オンライン・店舗・電話 中学生以上・個人、法人

※価格はすべて税込

ギガプランは割引が適用されるため、毎月の使用量が3GB未満であれば「ギガライト」のほうが安くなります。

ただし「ギガライト」では、データ容量7GBで各種割引適用後の金額が月額4,378円、5分通話無料オプションには追加で770円(税込)発生します。

『ahamo』は、データ容量20GB・国内通話5分以内無料が自動付帯して月額2,970円でのため、『ahamo』のほうがリーズナブルといえるでしょう。

『ahamo』と『povo』・『LINEMO』の違い

『ahamo』はドコモが提供する格安プランですが、auは『povo』、ソフトバンクは『LINEMO』という名称で同様の格安プランを提供しています。

いずれも『ahamo』と同様にオンラインのみで手続きが可能なプランになりますが、料金体系やメリットが異なります。各サービスの料金や特徴を一覧表でまとめたので、ご参照ください。

povoとLINEMOのロゴ
基本料金 国内通話 国際ローミングサービス 特徴
『ahamo』 ・2,970円/20GB(月額) ・5分以内かけ放題:無料
・かけ放題:1,100円(月額)
・通話従量制(22円/30秒)
国内とあわせて20GBまで無料 ・20GBのワンプラン
・5分間の無料通話が自動付帯
『povo2.0』 ・24時間データ使い放題330円
・390円/1GB(7日間)
・990円/3GB(30日間)
・2,700円/20GB(30日間)
・6,490円/60GB(90日間)
・12.980円/150GB(180日間)
・5分以内かけ放題:550円(月額)
・かけ放題:1,650円(月額)
・通話従量制(22円/30秒)
未対応(2021年12月現在) ・データ容量、通話、コンテンツを自由にトッピングできる
・DAZN、smash.の使い放題をトッピングできる
『LINEMO』 ・990円/3GB(月額)
・2,728円/20GB(月額)
・5分以内かけ放題:550円(月額)
・かけ放題:1,650円(月額)
・通話従量制(22円/30秒)
無料だが別途通信料金が発生 ・LINEアプリの利用はデータ容量を消費しない

※価格はすべて税込

『ahamo』は、『povo』や『LINEMO』と比較して、5分間の無料通話が自動付帯しているのがメリットです。ただし、『ahamo』はデータ容量20GBのワンプランのため、毎月のデータ使用量が3GB以下なら『povo』や『LINEMO』のほうがお得といえます。

しかし、Wi-Fiがない環境で動画再生やゲームのプレイをする機会がある場合、毎月3GB以上の容量を使う可能性が高いので、『ahamo』のほうがお得に利用できるでしょう。

『ahamo』は国際ローミングサービスに対応しているのも大きな特徴です。20GBまでは無料な点も、海外で利用する機会の多い人には嬉しいポイントでしょう。

『ahamo』のメリット6つ

『ahamo』を利用するメリットを6つ紹介します。『ahamo』は、シンプルなプランと充実したサービス内容が魅力です。

『ahamo』の特徴

ドコモ回線が割安で使える

『ahamo』はドコモが提供する格安プランのため、回線はドコモと同じものになります。ドコモでは、『いつでもどこでも「つながる」取組み』を行っており、つながりやすさが魅力です。

イベント会場や登山道、海など、通常ならつながりにくいシーンでも快適に利用できるよう、さまざまな調整を実施しています。

安定したドコモ回線を割安な基本料金で利用できるのは、大きなメリットといえるでしょう。

5分かけ放題が自動付帯している

『ahamo』には5分間の無料通話が自動付帯しています。友人や家族との長電話にはLINEやSkypeなどの無料サービスを使い、通話機能はあまり使わない人も少なくありません。

1回あたり5分以内の通話が回数無制限で定額対象となります。施設の予約や会社への欠勤連絡にしか使わないなら、一回の通話は5分以内におさまる可能性が高いです。

『povo』や『LINEMO』では、5分間の無料通話をつけると別途550円(税込)かかります。『ahamo』ならその分を節約できるので、嬉しい付帯サービスといえるでしょう。

20GBを使い切っても通信制限は最大1Mbpsと速め

20GBのデータ容量を使い切った場合、『ahamo』では速度制限が最大1Mbpsとなっています。速度制限後の速さは『LINEMO』も同じ最大1Mbps(ミニプランでは300kbps)ですが、『povo』の場合は最大128kbpsまで制限されます。

『ahamo』は速度制限後の速度も速めといえるでしょう。

最大1Mbpsでは、高画質の動画再生やゲームアプリのプレイは遅いですが、以下の操作は不自由なくできる速度です。

●インターネット検索
●SNS(Twitter、Instagram、Facebookなど)への投稿
●LINEでのやりとり、通話
●音楽アプリの再生
●低〜中画質の動画再生

高画質の動画再生や通信速度を必要とするゲームアプリなどを利用したい場合には、550円(税込)/1GBで容量を追加できます。

5G・海外通話が追加料金なしで利用できる

5Gは4Gよりも超高速で、遅延も少ない最新の移動通信システムです。『ahamo』はドコモ回線と同じ5Gにも対応しています。時間帯による制限もありません。

また、『ahamo』は海外でも国内と同じように利用可能です。国内と合わせて20GB以内であれば追加料金は発生せず、海外82の国・地域でデータ通信ができます。これは日本人が渡航する95%の国・地域をカバーしていることとなり、海外に行っても不自由なく使えるでしょう。

利用期間の縛りや解約金がない

『ahamo』には、一部キャリアや格安SIMを契約する際に発生するような最低利用期間の縛りがありません。解約金も無料なので、使ってみて自分には合わないと思ったらいつでも無料で解約できます。

自分にとって最適な回線やサービスは、ライフステージや生活環境の変化によっても違います。

『ahamo』から他社に乗り換えたものの、やはり他社から『ahamo』に戻す場合にも、『ahamo』側では新規契約手数料が無料なので、柔軟に対応できるでしょう。

dアカウントやdポイントが引き継げる

『ahamo』では、dアカウントやdポイントが引き継げます。いままでドコモで使っていたdアカウントや、たまっているdポイントを活用できるので、無駄になりません。

『ahamo』の利用料金をdカードで支払えば、dポイントが還元されます。さらに通常のdカードなら1GB、GOLDなら5GBが容量に追加されるので、非常にお得です。

『ahamo』のデメリット5つ

メリットが多い『ahamo』ですが、デメリットも5つあります。デメリットをしっかり把握して、『ahamo』を活用しましょう。

デメリットと書かれたブロック

未成年・法人は契約できない

『ahamo』の契約は20歳以上の個人に限られています。未成年や法人は契約できないので注意が必要です。未成年で契約したい場合には、親権者が契約して、利用者に設定してもらう方法があります。

ただし、契約者はあくまでも親権者になるので、未成年が契約者として利用したい場合には、ドコモのギガプランを利用しましょう。

契約・修理・各種相談はすべてオンラインのみ

『ahamo』は基本的に対面でのサービスは提供していません。その代わり、格安な料金で利用できる仕組みになっています。

契約や修理・各種相談は、基本的にオンライン対応となっています。例えば、修理対応を依頼する場合、発送でのやりとりが必要になるので対面での対応より時間がかかるのがデメリットです。

しかし、オンラインでの手続きは24時間いつでも可能な点がメリットでもあります。ショップに行く時間がない、自分が思い立ったタイミングで手続きしたい人にはぴったりです。

オンラインは便利な反面「インターネットの操作に不慣れで手続きが難しい」と感じる人も多いのではないでしょうか。オンラインでの操作が難しいなら、別途3,300円(税込)でドコモショップで申し込みや変更手続きが可能です。

来店予約をすれば店舗での対応も可能なので、ひとりでの契約が不安な場合には活用するのもよいでしょう。

キャリアメールの継続に手続きが必要

『ahamo』は通常、「@docomo.ne.jp」のキャリアメールが使えません。ただしドコモからプランを切り替える際に「ドコモメール持ち運び」(月額330円(税込))に申し込めば引き続き同じメールアドレスを使用できます。

利用できるのは、2021年12月16日以降『ahamo』プランに変更した、ドコモ回線を契約中の方。すでに『ahamo』を契約している方やドコモ回線を解約された方は対象外ですのでご注意ください。

各種割引が適用されない

『ahamo』には各種割引が適用されません。例えば、ギガプランで適用される「ドコモ光割」や「みんなドコモ割」は非対応になります。

「ファミリー割」は申し込み可能ですが、ファミリー割のメリットである家族間通話無料は利用できません。

「割引が適用されないなら、ギガプランのほうが安いのでは?」と思う人も多いでしょう。しかし、割引が適用されなくても『ahamo』のほうがお得な場合がほとんどです。

例えば、「ギガホ プレミア」で20GBを利用した場合、割引適用後でも月額4,818円(税込)となります。『ahamo』なら月額3,000円以内で20GBまで使えるので、割引が適用されなくても格安です。

▲「ギガホ プレミア」の割引

留守番電話は使えない

『ahamo』には留守番電話サービスがありません。電話を仕事でよく使い、着信履歴だけでなく留守番電話にメッセージが残らないと困る人にとってはデメリットです。

しかし、日常的に通話はほとんど利用しない人や、通話はほとんどLINEを利用している場合には、さほど気にならないでしょう。

『ahamo』へのプラン変更・乗り換え方法

『ahamo』へのプラン変更方法や他社からの乗り換え方法を紹介します。切り替えによいタイミングや料金の重複についてもあわせて解説するので、ぜひ参考にしてください。

2つのスマホを比べる女性

ドコモから『ahamo』にプラン変更する場合

ドコモから『ahamo』にプラン変更する場合、『ahamo』の申込日から新しいプランが適用されます。月額料金は二重には請求されません。ドコモか『ahamo』のうち高いほうの料金が支払い対象です。

ドコモから『ahamo』にプラン変更する際の流れを紹介します。

1.対応機種を確認する

現在利用している端末を継続して『ahamo』で利用する場合には、必ず端末が『ahamo』に対応しているかを確認しましょう。

『ahamo』対応端末一覧より確認ができます。端末を同時購入する場合は、製品から選んでおきましょう。

また、SIMの種類も決めておく必要があります。種類は、SIMカードとeSIMの2つです。eSIMは本体と一体型なので紛失する心配がありませんが、手続きが難しくなります。

きちんと開通できるか不安な人は、SIMカードでの契約がおすすめです。

2.『ahamo』公式サイトから申し込む

『ahamo』公式サイトの「申し込み」ボタンから申し込み手続きが可能です。「docomoを契約中の方」の項目から「料金プラン変更 + 機種変更」か「料金プランのみ変更」のどちらかを選び、手続きを進めます。

申し込みには、dアカウントが必要です。持っていない場合には新規作成をしましょう。

3.SIMカードを受け取って初期設定をする

ドコモの契約内容によっては、SIMカードの差し替えが必要になる場合があります。『ahamo』に申し込むと数日で新しいSIMカードが手元に届くので、以下4以降の初期設定が必要です。

差し替えが必要ない場合は、そのままドコモが解約され『ahamo』に回線が切り替わります。

4.WEBサイトか電話にて回線切り替えをする

SIMカードを受け取ったら、初期設定を行う必要があります。初期設定は、SIMカード発送後15日以内に行いましょう。

回線の切り替えは、WEBサイトか電話で手続きができます。

●WEBサイト:ドコモオンラインショップの「購入履歴」
●電話:携帯電話から(局番無し)1580(通話料無料)

どちらの方法でも、24時間いつでも手続き可能です。

5.SIMカードを挿入して発信テストをする

開通の手続きが終わったら、SIMカードを台紙から切り離し、端末に挿入します。挿入方法は機種の取り扱い説明書に従いましょう。

SIMカードをセットできたら、発信テスト用番号(111/通話料無料)へ電話をかけてください。正常につながれば、初期設定完了です。

他社から『ahamo』に乗り換える場合

他社から『ahamo』に乗り換える場合、月額料金は乗り換え前の月額料金と『ahamo』の月額料金を二重で支払う必要があります。auもソフトバンクも日割にはならないので注意しましょう。

ただし、『ahamo』は日割計算されます。そのため、切替日をauやソフトバンクの締め日に近づければ、重複して支払う料金を減らせます。

締め日は、ソフトバンクが「10日締め」「20日締め」「月末締め」の3種類、auが「月末締め」のみです。締め日を把握しておき、切り替えのタイミングを調整しましょう。

他社から『ahamo』に切り替える際の手続き方法を紹介します。

1.対応機種を確認してdアカウントを取得する

現在利用中の端末を継続して使いたい場合には、『ahamo』に対応しているか確認する必要があります。対応端末は『ahamo』対応端末一覧より確認できます。端末を同時購入する場合は、製品から選んでおきましょう。

また、SIMの種類も決めておく必要があります。種類は、SIMカードとeSIMの2つです。eSIMは本体と一体型なので紛失する心配がありませんが、手続きが難しくなります。

きちんと開通できるか不安な人は、SIMカードでの契約がおすすめです。

また、『ahamo』を利用するためには、dアカウントが必要です。dアカウントを持っていない場合には、事前に取得しておくとスムーズに手続きを進められます。

2.電話番号を引き継ぐ場合には「MNP予約番号」を取得する

『ahamo』でも今までと同じ電話番号を使いたい場合には、あらかじめ「MNP予約番号」を取得しておく必要があります。「MNP予約番号」は、契約中のキャリアのWEBページや窓口で取得可能です。

MNP予約番号の有効期間は予約当日を含めて15日間なので、MNP予約番号を取得したらなるべく早く『ahamo』にて申し込み手続きをしましょう。

なお、利用中の端末を継続して使う場合には「SIMロック解除」が必要です。SIMロック解除の手順はキャリアごとに異なるので、「MNP予約番号」の取得とあわせて確認しておくと安心です。

3.『ahamo』公式サイトから申し込む

『ahamo』公式サイトの「申し込み」ボタンから申し込み手続きが可能です。「docomoを契約していない方」の項目から「スマホとSIMをセットで購入」「SIMのみを購入」「eSIMのみを購入」のうち希望のものを選びます。

次に進み、今までの電話番号と同じものを使用したい場合には「他社からの乗り換え(MNP)」を、新しい電話番号を取得したい場合には「新規契約」を選択しましょう。

4.SIMカードを受け取って開通手続きをする

『ahamo』へ申し込みが完了すると、数日でSIMカードが届きます。SIMカードを受け取ったら、開通のための初期設定が必要です。

開通手続きをする前に、データのバックアップも忘れずにしておきましょう。

開通手続きは、「専用お手続きサイト」か「『ahamo』アプリ」よりログインして行います。なお、受付時間は以下の通りです。

●新規契約・機種変更:24時間(メンテナンスを除く)
●MNP:午前9時〜午後9時

5.SIMカードを挿入して発信テストをする

開通の手続きが終わったら、SIMカードを台紙から切り離し、端末に挿入します。挿入方法は機種の取り扱い説明書に従いましょう。

SIMカードをセットできたら、発信テスト用番号(111/通話料無料)へ電話をかけてください。正常につながれば、初期設定完了です。

『ahamo』に乗り換えてリーズナブルにスマホを使おう!

『ahamo』は、月額料金2,970円(税込)でデータ容量20GBまで使える、リーズナブルな料金プランです。オンラインでの手続きで完結できるので、ショップに行く時間がない人でも手軽に乗り換えられます。

キャリアメールや留守番電話が使えないデメリットがありますが、安い料金で安定したドコモ回線を利用できるなどのメリットも多いです。「毎月のスマホ代を節約したい」と考えているなら、この機会に『ahamo』に乗り換えてみてはいかがでしょうか。

こちらの記事もおすすめ

ahamo(アハモ)最新キャンペーンまとめ 最大1万pt還元【12月29日更新】
『ahamo(アハモ)』の料金プラン・サービス比較・注意点など徹底解説!