• TOP
  • 連載記事
  • 『Minecraft - Pocket Edition』素敵な家を作りたい! 仕上げに立体感をプラス

ワンランク上の家作りをめざした最終回。屋根も完成し、ようやく家が出来上がりました。想定からはだいぶ難航したとはいえ、なんだか全体がのっぺりとして素敵な家とは程遠い仕上がり……?

何が悪いのか色々と考えた結果、最初に考えた家と比べて立体感がないことに気づきました。

のっぺりとしてしまう壁は一部を柵に

屋根裏の一部の壁を柵にすることで、壁がへこみ、少し立体感が出てきました。

玄関の上には木のハーフブロックで雨除けを作り、玄関前のテラスにはステキな柵を設置。

玄関の両脇のブロックはレンガブロックにしてアクセントをつけ、これでだいぶのっぺり感がなくなりました。

最後に家の周りを柵で囲み花を植え、家の外観は完成です。

家の中の装飾も忘れずに

家の外観を仕上げたところで、家の中も整えていきます。

1階にはベッドとクラフトテーブル、チェストなどを置きます。本棚も欲しいところですが、残念ながら材料が足りませんでした。これは後で素材ができたら作ることにします。

木の床も素朴で良いのですが、ワンランク上の家としては、出来ることならカーペットの一枚でも敷きたいところです。

カーペットは同じ色の羊の毛ふたつから3枚作ることができます。

モザイク柄のカーペットでより部屋らしくなりました。

地下の作業場は土が剥き出しのままでもいいのですが、石のブロックで綺麗に統一。

素材集めのための廃抗へと続く階段通路も、石の階段を置いて降りやすくします。クラフトテーブルやかまど、ストーンカッター、チェストを置いて作業場らしくしました。

家作りのポイントは立体感

5回にわたって家を作ってきましたが、家作りのポイントは立体感でした。頑張って屋根をつけても、全体がのっぺりと立体感に欠けてしまっては、素敵な家に見えません。逆を言えば、素材を積み上げただけの四角い家でも、うまく立体感を付ければそれなりに見えるかもしれません。

そしてようやく家を完成させた時に、何となくもっと良い家を作りたくなったら、すでにこのゲームにはまっている証拠でしょう。

  • iOS
  • Android

¥840

Minecraft

Mojang

4.47
アプリストアを見る

¥840

Minecraft

Mojang

4.15
アプリストアを見る

この記事を書いたライター

しるち。

不得意はないけど得意もない、雑食性フリーライター