単身赴任中の食事はどうする? 単身赴任中の食事方法について5つの選択肢を紹介。外食やレトルトもラクですが、おすすめは宅配食サービスです。メニューを選ぶ手間が省けて栄養バランスが取れるだけでなく、普段自分で作るのが難しい洋食や中華料理のメニューも楽しめるのが魅力。

宅配サービスにもたくさんのサービスがありますが、その中でも「ナッシュ」はリーズナブルな価格帯で低糖質・減塩と"美味しさ"を両立したサービスで、和洋中60種類以上のメニューが楽しめるのでおすすめです。

当サイト限定で初回2,000円OFFクーポンも配布中。記事を読んで「試してみようかな」と思った人はぜひ下記ボタンリンクから試してみてください。

CMでもおなじみの宅配弁当サービス「nosh」がお得に! Appliv TOPICSから登録すると2,000円オフ(1食当たり365円)で利用できます。
買い出し・調理・片付け不要。お手軽でヘルシーなお弁当が自宅に届きます。
60品の食事・スイーツから、お好きなメニューを自由に選べます。

詳細を見る

単身赴任中の食事に関する5つの選択肢

単身赴任中の食事に関する5つの選択肢

  • 自炊する
  • 外食をする
  • 冷凍食品や缶詰などを買い貯めする
  • パートナーに仕送りをしてもらう
  • 宅食サービスを利用する

自炊する

性別を問わず、料理ができる方は魅力的ですよね。手間になってはしまいますが、単身赴任を機に自炊にチャレンジしてみるのもおすすめです。

料理の経験が無い方でも、炊飯器・電子レンジ・オーブンの使い方さえ覚えれば簡単で美味しい料理のレパートリーが広がりますよ。

米やおかずは作り置きして冷凍が効率的

1人暮らしで初めて料理をするなら、休日などのタイミングで米や料理を多めに作って、タッパーやラップを使って冷凍しておくのをおすすめします。仕事が忙しい平日は、作り置きしたものをレンジでチンして食べるのがラクで便利です。

冷凍後でもおいしいおすすめのメニューは牛丼や豚の生姜焼きなどの焼肉系メニュー、ハンバーグ、きのこの炒め物などです。特にきのこ類は冷凍しておくと「グルタミン酸」をはじめとした旨味要素が多く分泌されるため、時間が経った後の方が美味しく食べられます。

外食をする

仕事帰りに食事を楽しめる外食は最も手軽な選択肢です。ただし好みの偏りで高カロリーの食事ばかりになりがちでもあります。

もし単身赴任期間中の食事を外食に頼り切るなら、食費が高くなりやすい点にも気をつけましょう。また外食でも栄養を考えるなら、主菜と副菜に分かれた定食系のお店や、揚げ物が少なく野菜が多めな和食ベースのお店がおすすめです。

冷凍食品や缶詰などを買い貯めする

スーパーで冷凍食品や缶詰を買い貯めておき、レンジでチンして食べる方法もあります。まとめ買いで安くなる商品も多いのでコストパフォーマンスは悪くないのですが、冷凍食品や缶詰だけでは補給できない栄養もある点に注意です。

パートナーに仕送りをしてもらう

もしもパートナーが積極的に料理をするのであれば、お願いして保存できる料理を冷凍で配送してもらう手もあるでしょう。送料等の負担こそあれ、送り手も大量に作って自身の食事にしてしまえばよいので非常に効率的です。

ただし子どもがいる場合、子育てを行っているパートナーに余計な負担を掛けてしまうことにもなりかねないので、その点も考慮してお願いしてみましょう。

宅食サービスを利用する

宅食(宅配弁当)サービスは、週に1回~1ヵ月に1回の頻度で冷凍のお弁当を宅配してくれるサービスのこと。

平均相場としては1食約600円程度。スーパーのお惣菜やレトルト食品と比較すると料金は高めですが、外食よりも安い金額です。

宅食サービス最大のメリットは「買い物に行く手間が省ける」点と「栄養バランスが取れる」という点にあります。配送日は自分で指定できるため、休日受け取りにしておけば、お弁当を受け取れないというトラブルも少ないです。

結論:一番楽で出費も抑えやすいのは宅食サービス

単身赴任中の食事について5つの選択肢を提示してきましたが、「料理があまり得意ではない」と感じている人であれば、手軽で出費も抑えやすい宅食サービスがおすすめです。

単身赴任で宅配食サービスを利用するメリット

宅食サービスを利用するメリットは複数ありますが、そのなかでも最も大きなメリットは以下の通りです。

宅食サービスを利用するメリット

  • 調理や買い出しの手間が省け、時間的余裕ができる
  • 栄養バランスの取れた献立が食べられる
  • メニュー数が豊富で飽きにくい
  • 普段の料理では作らないものも食べられる

特に栄養バランスが取れるというのは宅食サービスの最大の強みです。

食事に関するほかの選択肢では「自分で選ぶ」過程が発生してしまうため、どうしてもメニューが好きなものに偏りがちになり、不足する栄養素がでてきます。

宅配食サービスを選ぶ5つのポイント

一口に宅食サービスと言っても、多種多様なサービスが存在します。そのなかで自分に合うものを探すのは大変ですが、宅食サービスを選ぶにあたって大切にしたいポイントを紹介します。

宅食サービスを選ぶ5つのポイント

  • 配送サービスが全国対応している
  • 冷凍で長期保存が可能である
  • 1食あたりの価格帯が高すぎない
  • 栄養バランスが取れている
  • バリエーションが豊富である

配送サービスが全国対応している

当然のことですが、単身赴任予定の地域が配送エリアに対応していなければ宅食サービスは利用できません。サービス利用確認前に必ずチェックをするようにしましょう。全国対応となっていても、沖縄・北海道は対応外だったり割高になったりするケースも多いです。

また単身赴任中の転勤もあり得ると思うので、ローカルな配送サービスよりも全国の配送対応かつ住所変更がしやすいサービスをおすすめします。新天地でスーパーや飲食店もわからない状態でも食事が届くのは非常に便利です。

冷凍で長期保存が可能である

宅食サービスにはデイリー配送で届く冷蔵形式と冷凍状態で配送される冷凍形式の2種類があります。単身赴任であることを考慮するなら、冷凍タイプの宅食サービス利用がおすすめです。

冷蔵タイプのサービスは、仕事の都合で飲み会や食事の予定が入ると、日持ちしないためその時のお弁当が食べられなくなってしまうためです。一方で冷凍タイプであれば、何食かスキップしても冷凍で半年~1年ほど保存しておくことができます。

1食あたりの価格帯が高すぎない

いくら栄養バランスが取れていて便利といえど、あまり高い金額帯では外食と出費が変わらなくなってしまいます。

もちろん安ければ良いというものでもありませんが、なるべくなら出費を抑えたいですよね。宅食サービスの場合は、送料も考慮して一食あたり600円~800円の範囲が相場です。このラインを超えると少し高いという認識です。

栄養バランスが取れている

ここは重要なポイントですが、大抵の宅食サービスはきちんと献立を組み立てているので、そこまで気にする必要はないかもしれません。

しかし宅食サービスには生活習慣病を考慮した低糖質・減塩メニューや高齢の方向けの薄味で柔らかめなメニューもあります。自分の健康状態を考えて、それに合うメニューが用意されているかは重要です。

また低コストなおかず1品のみのサービスもありますが、どうしても不足する栄養分がでやすいため主菜1品に加えて副菜2品以上が提供されるサービスを選んだ方が良いでしょう。

バリエーションが豊富である

栄養価が高くても同じメニューを食べ続ければ飽きてしまいます。そのためメニューの豊富さは宅食サービス選びで非常に重要です。

公式サイトでメニューがチェックできるサービスも多いので、好きなメニューがそろっているかも確認しておくと良いでしょう。

単身赴任中にはnosh(ナッシュ)がおすすめ

ナッシュ

出典元:nosh-ナッシュ

ここまで読んでみて、まだ宅食サービスは何を使えばよいかわからない方も多いですよね。そんな方にお試ししてみて欲しいのが「nosh(ナッシュ)」です。

「ナッシュ」はすべてのメニューが糖質30g ・塩分2.5g以下の栄養価基準で、健康に配慮された宅食サービス。電子レンジで温めるだけで簡単に食べられる冷凍弁当で、環境に優しい紙素材容器のため、ゴミ分別も不要で食後の後片付けも簡単です。

種類・メニュー さまざまなジャンル(和・洋・中)のメニュー約60品以上
週3回新メニュー登場、好きなメニューを選べる
品数 メイン1品+副菜3品の計4品・ご飯なし
栄養価基準 糖質:30g以下
塩分:2.5g以下
賞味期限 製造から6ヶ月〜1年間
価格 6食プラン:4,190円(698円/1食)
8食プラン:4,990円(623円/1食)
10食プラン:5,990円(599円/1食)
20食プラン:11,980円(599円/1食)
※20食プランは2回目以降から注文可能
割引情報 Appliv TOPICS特別割引:初回2,000円OFF(365円/1食)
お友達紹介クーポン:1,000円OFF×3回分
注文停止特典:最大5,000円OFF
送料 プランや箱の大きさ、配送エリアによって異なります。関東から四国であれば約1,000円ほどで、北海道、沖縄への送料は2,000円以上となります。クール便にて全国に配達
お試し なし・定期購入のみ(初回注文後の停止・解約可能)

\初回限定2,000円OFF!/

1食365円(税込)でナッシュをお得に試す

ナッシュをおすすめしたい理由

ナッシュを単身赴任の方におすすめしたいポイントは大きく分けて2つあります。

「低糖質・減塩」にこだわったサービス

1つは「低糖質・減塩」にこだわった宅食サービスであること。大人気のチリハンバーグステーキでもたったの441kCalしかありません。ここで実際にコンビニ弁当とのカロリー比較をしてみましょう。

【2022年7月調査】コンビニ弁当との比較表

サービス名※ 価格 カロリー
ナッシュ
(チリハンバーグステーキ)
490円
(割引なし:690円)
304kcal
セブン-イレブン
(ロコモコ丼 グレイビーソース)
680円 634kcal
ファミリーマート
(肉の旨み感じるビーフハンバーグ弁当)
598円 764kcal
ローソン
(これがハンバーグ弁当)
599円 709kcal
ミニストップ
(おろしソースのBIGハンバーグ)
496円 679kcal

※()内に商品名を記載

初回2,000円割引適用時はナッシュの方が安いですが、通常料金で比較した場合はやはりナッシュは少し高い印象が残ります。

しかしカロリーで比較してみると、ナッシュは圧倒的に低カロリーであることがわかります。「量が少ないんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、チリハンバーグステーキのボリュームは一食約270g。他の弁当と遜色ない量です。

美味しさをしっかり残したまま低糖質・減塩であるというのは、非常に魅力的です。

チリステーキハンバーグ

▲ナッシュの人気メニューであるチリステーキハンバーグ。約300kcalという低カロリーながら、しっかりとしたボリューム感がある。

出典:nosh(ナッシュ)

ユニーク料理も楽しめる60種類以上のメニュー

もう1つの魅力は、自社のシェフと管理栄養士が開発した、和洋中で60種類以上のメニューが楽しめる点です。定期的にメニューの入れ替えもあるので、飽きることは無いでしょう。

味付けもしっかりされており、低糖質や減塩といった要素を感じさせません。

ナッシュのシェフ

▲メニュー開発には和洋中それぞれのスペシャリストが監修。

出典:nosh(ナッシュ)

そのほかナッシュの特徴や具体的な料金、詳しい登録手順については以下の記事まとめているので、興味を持った方は参考にしてみてくださいね。

nosh(ナッシュ)の口コミと評判は? まずいという噂は本当か12食を食べて味を検証

ナッシュのレビュー

ナッシュがおすすめの理由を紹介しましたが、実際の評判は気になるところです。

単身赴任の方にイメージしてもらいやすいように、一人暮らしでナッシュを利用している人のリアルな声に耳を傾けてみましょう。

女性/30代前半/未婚/子供無し/会社員

仕事が忙しいままテレワークが中心になり、外食が減ったものの自炊する時間もなかったので、最初はUber Eats(ウーバーイーツ)を利用していたのですが、どうしても割高感が否めず他に何か宅食のサービスがないか探していました。

そんなときにナッシュのことを知って、おしゃれな宅配弁当なら一度試してみようと思って注文してみました。

味も料理のボリュームも私には合っていましたし、割引を上手に使えばUber Eatsよりも安いので、ナッシュを使いつづけています。

女性/40代後半/既婚/子供あり/会社員

大学に入学し一人暮らしを始めた息子が、添加物の多そうなコンビニ弁当ばかりを食べていると聞いて、たまにナッシュギフトを贈っています。

栄養バランスの良さそうなメニューをこちらで選び、お届け日と送り先を記入するだけ。

家具などは最初にそろえてあげれば良いですが、食事はそうはいきません。栄養が心配だったので、定期的にナッシュを送ることでバランスの良い食事ができると考えています。

ナッシュは一人暮らしで利用している方も多く、味付けが比較的若者好みという意見も見られました。実際、子どもにもナッシュを食べさせているという家庭もあるようです。

実際に一人暮らしで20食分利用してみたレビューも下記の記事でチェックできるので、気になる人は参考にしてみてください。

nosh(ナッシュ)一人暮らしにおすすめしたい3つの理由! 食費や栄養などをコンビニ飯と比較

当サイト限定クーポン利用で初回2,000円OFF

ナッシュ×Appliv

当サイト限定で配布している初回2,000円割引クーポンを使用すれば、1食あたり493円~726円(税・送料込み)で利用できます。

2022年7月現在、最も割引率の高いクーポンなのでお試しをしたい方はぜひ下記ボタンリンクから利用してみてください。

\初回限定2,000円OFF!/

1食365円(税込)でナッシュをお得に試す

単身赴任中の食費相場はどのくらい?

厳密に単身赴任のみの食費相場を調べるのは難しいですが、単身赴任は生活形態としては一人暮らしに入るので、政府統計ポータルサイト「e-Stat」にて掲載されている家計調査(単身勤労者世帯)の結果を参考にしたいと思います。

2021年時点での独身世帯の食糧支出は39,884円と出ているので、単身赴任中の食費相場もこれにあわせてよいでしょう。毎月の食費で39,884円を超えていれば使いすぎの意識を持った方が良いかもしれません。

家計調査 | 政府統計の総合窓口「e-Stat」

単身赴任中だからこそ食生活を徹底しよう

家族から離れると自分を律してくれる存在がいなくなるため、生活が乱れがちです。そんな時期だからこそ、食生活を意識するにしてみてはいかがでしょうか。

自炊が苦手ではない方は、食費を抑え栄養バランスも整えやすいので自炊がいいでしょう。逆に料理は苦手と感じる方や忙しい方、自由な時間を増やしたい方であれば、宅食サービスがおすすめです。

食費相場も踏まえつつ、ご自身にあった方法を選んでみましょう。

【1食365円】nosh(ナッシュ)のクーポンまとめ 【最新2023年2月】
nosh(ナッシュ)一人暮らしにおすすめしたい3つの理由! 食費や栄養などをコンビニ飯と比較