• TOP
  • ゲーム攻略
  • 【ソリティ馬攻略】クリスマスマイル(G1)をイチから突破するコツ教えます

祝・初イベント!
スマホ版『ソリティ馬』では、2014年12月16日(火)から2014年12月24日(水)11:59分まで「どきっ! トナカイだらけのクリスマイル」を開催。結論から言いますと、いまからプレイを開始した人でも2日もあればクリア可能なんです。……これは、楽しまなきゃソンですよね!?

というわけで、突破するコツをチェックしていきましょ~!

突破のコツ①:ピークタイム「2」のウマを育成しよう

クリスマスマイルへ出走(参加)するには、2 歳でかつピークタイム「2」の牡馬・牝馬がまず必要になってきます。

そのため、プレイを開始したばかりの人は「しんば」でピークタイムが「2」にかぶっているウマを選んでは乗り、「若駒モード」を終えたら引退させてカップリングさせましょう。序盤のウマたちでは(G1)を取るのが難しいので、あまり1位にこだわらず「蹄鉄カード」「ひらめきカード」などを取って育成に励むのがベター。

いや~、いつ見ても仔ウマはめんこいですね!

こうして誕生したのが「ダツクリボッチ」くんです。著者の「絶対クリスマスマイルを獲りたい!」という気持ちと、「トナカイ(?)に囲まれてドキドキしたいッ!」という仔ウマの願いを込めてこんな名前になりました。平均的なステータスですが、見事クリスマイルで優勝してくれたウマです。

突破のコツ②:まえかわさんの話をよく聞こう

クリスマスマイルに挑めるかは新馬戦で1位を取れるかで判断しましょう。新馬戦で落としてしまうようなら、親ウマの育成と割りきって。

新馬戦を乗り越えたあと、

・牡馬「いちょうS」1着、または「京王杯2 歳S」2 着以内
・牝馬「ファンタジーS」1着、または「アルテミスS」1着

を達成することでいよいよクリスマスマイルに挑戦することができます。

レースの案内をしてくれるまえかわさんといえば、イベント開催中にも関わらず普段と変わらずプレイヤーに語りかけてくるので注意。この、「イベント参加に必要なレースの選択肢を誤らないようにする」というのが本イベント最大のキモかと思います。

また、参加条件のレースに出場する際はアイテムの購入や使用をおしみなくするのがオススメ。ここを勝ち抜かないとクリスマスマイルに挑戦できないですからね。

突破のコツ③:クリスマスマイルを楽しもう!

条件を満たすと、あのまえかわさんもしっかりとクリスマスマイルについての説明をしてくれます。出場すると、「朝日杯FS」「阪神JF」には出走できなくなりますが、これはイベントクリア後に意識すればいいかと思います。

<クリスマスマイル詳細>
コース・距離
フラミンゴ競馬場・1600m(左回り)

着順報酬
1着:キャラ馬「アカハナマカロン」 1頭
2着以上:強運グローブ 1個
3着以上:1000ミリグラム(小) 1個

※各賞品は1回ずつ入手が可能

クリスマスマイルは何度でも挑戦可能です。優勝できなかったら、突破のコツ①②を繰り返してピークタイム「2」のウマを生み出しつつ、ドンドンレースに挑戦していきましょう。

本イベントのいいところは、2歳馬のイベントだということ。新馬からまもなくで挑戦できるので、より強い仔ウマを生産するという『ソリティ馬』イチバンの楽しみが、今回のイベントでしっかりとおさえることができ今後のプレイに役立ってくるかと思います。また、だんだんと強い仔ウマと出会える楽しみも味わいつつも、クリスマスマイル突破後は頼もしい親ウマになってくれること間違いナシ。

見た目は一緒でも2歳馬セールのウマとは違うんです!

こちらが1位報酬の「アカハナマカロン」。
キュートな見た目もさながら、お父さんが素晴らしい戦績を納めていますね~。

こちらが「しんば」の2歳馬セールで購入できる「プリンスベル」。
ステータスがちょっと高いのと、生まれ持った特性が違うのがわかるでしょうか。スキルも異なるので、こちらは育ててからのお楽しみですね!

大勢のトナカイコスプレのウマたちに囲まれて走るのがとっても楽しいスペシャルイベント! ソリティアでのミスをしないか、最後の直線でしっかりと走りきれるかまさしく「ドキドキ」の連続です。

みなさんも「アカハナマカロン」を是非手に入れてくださいね!

(C)2014 GAME FREAK inc. All Rights Reserved.

  • iOS
  • Android

無料

ソリティ馬 ◆ ソリティアで競馬場を駆け抜けろ!

gamefreak

3.24

現在、配信が停止されています

無料

ソリティ馬 ◆ ソリティアで競馬場をかけぬけろ!

GAME FREAK Inc.

3.28

現在、配信が停止されています

この記事を書いたライター