勉強で忙しい中、アルバイトをやりくりしている学生のみなさんは多いでしょう。
バイトに限らず、意外と面倒なのがシフトの管理です。
他のスタッフとの確認なども含めてシフト単位での確認や交換が手軽に出来たらもっと楽なのにと思っている方に、今回の「シフトでた?」をご紹介したいと思います。

シフト管理だけじゃない!? 多機能の優れもの!

このアプリの基本はカレンダーの表示とそこへのシフトの登録。シフトに入る日付を選んで、登録エリアをタップ。
するとアイコンが表示されるのでそれを選択すればアイコンとタグが登録されます。アイコンの内容は事前に登録しておく事ができるので、自由に編集が可能。

操作は簡単。ワンタッチでシフトを管理できる。

時間や「朝番」といったコメントはもちろん、「外出」「旅行」等といった、プライベートなタグも作っておく事もできます。
また、日付ごとにメモ欄があるので、任意のコメントを入れておくことも。


これだけなら普通のシフト表と大差ありませんが、それ以外にも多数の便利機能が搭載されているのがこのアプリならではのポイントです。

まず他のバイトメンバーを登録しておくと、お互いのシフトの確認や交換などを行う事ができます。
これは簡単なグループウェアとしても機能しますので、スモールオフィスにも役立ちます。


さらに自分のシフトのGoogleカレンダーへの出力、カレンダーのキャプチャ画面とテキストメッセージのメールでの転送などもできます。
時給額を登録しておけば、月給の計算なども行えるので、バイトを掛け持ちしているユーザーの強い味方になってくれるでしょう。

シンプルなカレンダー形式だが、使いやすい!

基本画面はカレンダー。日付をタップして、下の左ウインドウでアイコンを置き、コメントを右に書き込めます。緑のボタンはオプション。

シフトアイコンの登録編集で使い方いろいろ!

ここからは応用編です。

前述したとおり、このアプリではカレンダーに置くアイコンと内容を編集できます。でも、シフト制の仕事じゃない場合は役に立たないかというとそんなことはありません。

登録用のアイコンは朝昼晩を表すものだけではなく、数字やアルファベットなど多数用意されています。また、このアプリをFacebookやTwitterでシェアすると、追加のアイコンももらえます。
これらを使うことで自分の日課の管理などもできるというわけです。

例えばスポーツクラブに行く日は「S」のアイコンということにします。
シフトパターンでシフト名「スポーツクラブ」を設定。開始時刻と終了時刻を決め、アイコンは「S」をセレクト。これでジムに行く日を登録しておけば、リマインダーとして機能してくれます。
ぱっと見てアイコンで確認できるので、うっかり忘れることもありません。
Googleカレンダーに出力すれば、PCでも確認できるので見逃すことはありません。

スポーツクラブの予定を設定。
アルファベット一文字のアイコンを設定しておけば、一目で予定がわかる。

友達と予定を共有しよう!

このアプリの大きな特徴は、「友達の予定が自由に確認できる」「予定を交換できる」という点が挙げられます。
これを利用する事で、同じサークル内での役割の交換や、オフィス内でのスケジュールの管理などにも強力に役立ってくれるでしょう。

アルバイト用……ということで開発されたソフトですが、まだまだ使い道がありそうな、柔軟性の高い一本です。

  • iOS
  • Android

無料

シフト表&給料計算カレンダー

SHINPEI STUDIO

3.26
アプリストアを見る

この記事を書いたライター