• TOP
  • ゲーム
  • 攻略のカギはキャラの動かし方! 兵種別操作方法解説

他のゲームにはない独特な操作方法が必要な『魔女クレ』。これさえ上手くできれば間違いなく強くなることができるのでここは押さえておきたいポイント!

キャラの性能を生かすも殺すもプレイヤー次第!

『魔女クレ』のストーリーを効率よくクリアするには強いキャラを用意することも大事ですが、そのキャラをきちんと動かせるようになることが重要。
そこで今回は各兵種に合わせた操作方法をご紹介。
これを読めば今より一層強くなれること間違いなし!

剣士タイプの操作ポイント

まずはどんな場面でも扱いやすい兵士タイプ。
兵士タイプは移動速度が速く、安定したステータスを持っている為クリスタル破壊にも敵の追撃にも活躍できる。
ただし接近しないと攻撃できないので、敵が魔道士タイプだと遠距離からの攻撃で一方的にやられてしまうことも。
そこで剣士タイプを移動させる時は遠距離攻撃に対応できる魔道士タイプや攻撃範囲が広く、魔道士タイプに強いドラゴンタイプなどと一緒に動かそう。
これらの兵種と一緒なら向かうとこ敵なし!どんどん敵陣に攻め込んで行こう。

魔道士タイプの操作ポイント

遠距離攻撃のプロフェッショナルの魔道士タイプ。反面移動速度が遅く、防御力が低いので単独での移動は禁物。他の兵種と一緒なら攻めることが可能だが、おすすめは自分のクリスタルを防御する役目。これならクリスタルの周辺に置いておくだけで活躍してくれるので、敵の攻めてくる可能性が高い前線のクリスタルに移動させよう。
ゲームルール的にもすべてのクリスタルを敵に破壊されるとゲームオーバーなのでしっかりクリスタルを守れるように魔道士タイプもしっかり育ててパーティにおこう!

天使タイプの操作ポイント

天使タイプは素早い移動力を生かし切り込み隊長を任せよう。
障害物も乗り越えて敵のいないガラ空きのクリスタルを天使タイプで速攻破壊しよう。
ただし過信は禁物。単独で攻めたものの敵に囲まれてしまうとあっさりやられてしまう。もし囲まれてしまったときは合体を使って合体ゴーレムにすることで敵を一気に撃破できるので、合体に必要なクリスタルゲージをきちんと管理しておこう。
敵の奇襲を受けている自分のクリスタルへ一早く駆けつけることも可能なので、パーティに1体は欲しいところ。

悪魔タイプの操作ポイント

向かうとこ敵なしの強力キャラである悪魔タイプは弱点タイプがいない。
向かってくる敵は悪魔タイプにおまかせ!ただし、クリスタルの攻撃が弱点なのでうっかり敵のクリスタルに単独で移動させてしまうとあっという間にやられてしまうことも。
レベルを上げて体力を強化できていない間は防御要員として自分のクリスタルを守る役目として使おう。
攻撃力は他のタイプに加え段違いに強い為、敵と1対1で戦っても簡単に負けることはない。防御は魔道士タイプと悪魔タイプで鉄壁の守りにしよう!

ドラゴンタイプの操作ポイント

重量感のあるドラゴンタイプは敵のクリスタルから受けるダメージが激減するのでクリスタルを破壊する要員として適している。
攻撃範囲も広いので単独で行動しても問題ない。足が遅いので遠くのクリスタルを破壊するのは向いていないので、自分のクリスタルから近い敵が出てくるクリスタルを攻めよう。
もちろん他のキャラの護衛役としても活躍してくれること間違いなし。
状況によって使い分けが必要なので慣れるまでは扱いにくいかもしれないが、育てておいて損はない。

筆者おすすめの操作方法

兵種別に操作ポイントを紹介してきたが、まとめとして筆者の操作方法を紹介。
使用しているのは兵士1体、魔道士1体、天使2体、悪魔2体、ドラゴン1体。

まず、クエストが始まったら一番育てている天使タイプを敵のクリスタルの中で一番移動させにくい(障害物に囲まれていたり、距離が離れている)クリスタルに攻撃させる。
移動と攻撃をさせている間に近場の敵のクリスタル2か所に悪魔タイプとドラゴンタイプのペアと悪魔タイプと兵士タイプのペアを別々に移動。
後は魔道士タイプを守りたいクリスタルに移動させながら天使タイプを操作して戦力不足の場所の手伝いをする。

といった感じ。
まだ操作に戸惑っている人は参考にしてみて欲しい。
あくまでも筆者のやり方なのでプレイヤーそれぞれで自分に合ったスタイルを見つけるのもこのゲームの醍醐味。
キャラの強化と一緒に是非自分なりのスタイルを極めてどんどんクエストをクリアしていこう!

  • iOS
  • Android

無料

合体RPG 魔女のニーナとツチクレの戦士

COLOPL, Inc.

3.20

現在、配信が停止されています

無料

合体RPG 魔女のニーナとツチクレの戦士

COLOPL, Inc.

3.28

現在、配信が停止されています

この記事を書いたライター

あすらん

ガジェット通信や東京IT新聞など様々な媒体で活動を行なっており、幕張メッセで行われた「ニコニコ超会議2、3」では「超ユーザー記者」として選ばれ、イベント2日間のリポートをニコニコニュース内にて執筆した経験も持つ。
「とにかく面白いことをいろんな人に広めたい!」をモットーに執筆活動中。