• TOP
  • アプリレビュー
  • 思い立ったら吉日!? 簡単に部屋の模様替えができる『Home Design 3D - Free』を使って、夜中に部屋の模様替えをしてみたら……

 部屋のレイアウトを簡単に変更できる『Home Design 3D - Free』。筆者もちょうど部屋の模様変えをしなくては、と思っていたので、アプリをダウンロード後、夜中にも関わらずこのアプリを使いながら部屋の模様変えにチャレンジしてみた。

 アプリを起動すると画面左側にサンプルとしていくつかの部屋のレイアウト画面が表示される。ここから自分の部屋に似たものがあるレイアウトを選んでみた。またこのアプリでは本格的に自宅のレイアウト変更を行いたい人向けに、部屋の図面を画像で取り込んで正確に家具などの配置も行えるようになっている。

模様変えしたい部屋と似たサンプルレイアウトを選んだら「開く」ボタンをタップしよう。

すると選択したレイアウトルームが表示される。

 今回は筆者の部屋だけの模様替えだけにとどめておいたので、似たようなルームレイアウト内の部屋を選んで、模様替え前の部屋を再現していく。

 ルームレイアウトの組み合わせから指定の部屋をタップすると、部屋ごとレイアウトから離すことができるので、まずは模様変えしたい部屋を見やすいように移動させておこう。

 ルーム内にあらかじめ配置されている家具類は、大きさの変更や回転、削除がおこなえる。また、新たな家具の追加もできるので、筆者の模様替え前の部屋を再現していった。

目的の部屋をタップすると、元のサンプルレイアウトから部屋だけを移動させ、切り離すことができる。

家具をタップ後、画面左下の「削除」ボタンをタップすれば簡単に削除が行える。

次に画面上部の「家具」というアイコンをタップ。すると配置できる家具の一覧が表示される。まったく同じ家具でなくても構わないので、現状の部屋に置いてある家具を配置していこう。

選択した家具の大きさは自由に変更可能。その際に家具の縦横サイズも表示されるので、実際の家具の大きさをあらかじめ測っておくとよいだろう。

 模様替えしたい筆者の部屋は棚が2つあるだけのシンプルな構成なので、まずは現状の棚の配置通りにしてから、模様替え後の部屋を家具をクリックして配置していった。

模様替え前の部屋の家具配置図。右上にある棚を移動させたいので、家具をクリックして移動させていく。

模様替え後の家具の配置図。単に右上にある棚を部屋の下にある棚の横に並べるだけの模様替えだったのだが……。

 これでアプリ上での部屋の模様変えプランは完了。アプリを起動してからレイアウト変更後の画面まで作成するまでわずか5分。家具の配置さえしっかり行えば、あとは直感的に作業できるインターフェースなので、とてもスムーズに部屋の模様替え後の図が作成できる。ただし『Home Design 3D - Free』では変更後のレイアウトの保存は行えないので、あらかじめレイアウト変更後の画面のスクリーンショットなどをとっておくのがオススメだ。

 というわけで、アプリでの作業はここまで。後はレイアウト変更図のとおりに棚を移動させればいい。こんなに簡単にできるなら夜中になる前には終わるだろう、と予想していたのだが、筆者は肝心なことを忘れていた……。

 それは、棚の配置変更自体は非常にシンプルなのだが、筆者の部屋には棚の他に、棚に並べる前の資料などの段ボールが大量に積まれていたのである。その数は少なく見積もっても20個以上。これが棚の移動の大きな妨げとなった。

 段ボールは何段にも積み上げられており、そのなかには本がびっしり詰まったものもあり、非常に重い。まずは棚が移動できるように段ボールを移動させるという、まるで立体パズルのような行為を延々繰り返し、棚が移動できるルートを確保した。

 さらに筆者の見積もりが甘かったのは「棚自体が非常に重かった」ことを忘れていた。なので棚の移動ルートを確保はしたが、そのまま棚を移動させるとフローリングの床に傷がつきそうなので、棚を持ち上げて少しずつ移動させるしかない。棚自体が重いため、ちょっと動かすだけでも汗が噴き出てくる。また一時的に棚を移動させるルートができはしたが、きちんと図面通りに棚を配置する位置にはまた大量の段ボールが……。

 そのようなことを続けていたら時間はもう朝の5時。このままでは明日の仕事に支障が起こりかねないので、棚を配置通りに移動するのをあきらめた。その結果がこれである。

資料の入っている段ボールのため、棚を完全に指定位置どおりに移動できず、中途半端な位置になってしまった部屋の様子。

中途半端な配置になった部屋の状態を『Home Design 3D - Free』で再現してみた。

 結果、筆者が今回の部屋の模様替えで学んだのは……

・部屋の模様変えは思い立ったらすぐにやることは控え、時間の余裕のあるときにすること。
・ひとりの時に部屋の模様替えは行わず、できれば友人などがいるときに行うこと。

だった。

 というわけで、非常に使い勝手のよい『Home Design 3D - Free』だが、いくら簡単に部屋の模様替えができるからといって、勢い余って夜中に部屋の模様替えを行うと、えらいことになるという教訓ができた。

 もし『Home Design 3D - Free』を使って模様替えしたいならば、筆者が学んだことをきちんと心にとどめてから行うようにしてほしい、と眠い目をこすりながらアドバイスしておこう。

  • iOS
  • Android

無料

Home Design 3D - Free

Anuman

3.18
アプリストアを見る

無料

Home Design 3D - FREEMIUM

Anuman

3.14
アプリストアを見る

この記事を書いたライター

水沼豊

Windows関連の記事からネットの時事ネタ、各種アプリなどの解説などをメインに、アキバ系からアンダーグランドなネタまで依頼された仕事は絶対に断らないフリーランスの編集者、兼ライター。

現在、別ペンネームでAmazon Kindle版で刊行されている海外移住促進者向け電子書籍「シックスサマナ」に、秘密の記事を連載中。