• TOP
  • アプリレビュー
  • 日々日常的に使うさまざまな単位を別の単位に変換できる『単位変換Free』を使って、自分だけしかわからない買い物リストを作ってみた!

 日々日常的に使う単位は「長さ」「重さ」「価格」など数多くあるが、それらの単位の数値を別の単位の数値に一発で変換してくれる便利なアプリが『単位変換Free』。

 普通に海外などでキロメートルをヤードなどに変換するなど、使い道はいくらでもあるのだが、今回はちょっと趣向を変えて、嫁など、誰にもばれたくない「自分だけの買い物リスト」をこのアプリを使って作成してみることにした。

 自分だけが分かる買い物リストを作る際に必要な情報は、「購入日時」「購入場所」「購入したものの種類」そして「価格」である。とくに価格に関しては、個人的な買い物でちょっとお小遣いを使いすぎてしまった方はバレたくないもの。そこでこの『単位変換Free』を使って、価格の部分を自分だけにしか分からない数値に変更してしまおうというのが、今回の一番大きなポイントである。

 また、「購入場所」「購入したもの」をそのまま書いてしまっては、いくら数値を自分だけが分かる数値にしても誰が見ても「何か買い物をしたな?」とバレてしまう。この点も重要なので、まずは自分だけが分かる「購入場所」と「購入したもの」をカタカナ1文字で表示することにした。基本的に筆者はamazonなどオンラインショッピングサイトやオークションで購入するのがメインになっているので、

・amazon → ア
・楽天市場 → ラ
・ヤフオク → オ
・Yahoo!ショッピング → ヤ
・その他ショッピングサイト → ソ

と設定。また購入したものに関しては筆者はおもに「書籍」「ゲーム」「フィギュア」「電子書籍」などをメインに購入しているので、

・書籍 → ホ
・フィギュア → フ
・ゲーム → ゲ
・電子書籍 → デ
・その他のもの → ソ

と設定した。あとはこの組み合わせで例えば「アフ」なら「amazonでフィギュアを購入した」ということになる。
 
 最後に購入日時は例えば2014年12月24日に購入した場合は

・422141

と、数値を逆から読めば購入日時が分かるようにシンプルなものに設定。

 というわけで購入場所と購入品目、そして購入日時も暗号化したら、金額の設定だ。ここで『単位変換Free』がいよいよ登場! 表変換ソフトで購入日時や購入場所、購入した品目を表計算ソフトに前述の暗号通りに書き込み、そして金額を記入してくのだが、金額は実際の金額よりもなるべく少ない数値に設定しておくとバレずらい。

 そこで今回は『単位変換Free』で変換元の単位を「Area」に設定し、元の数値は「ha(ヘクタール)」にしておこう。

アプリを起動したら画面中央にある単位の部分を「Area」に設定。ふたつめの単位は「ha」、3つめの単位も「ha」にしておこう。

 次に金額を入力していこう。例えば価格が7800円だったらが画面下の数値入力ボタンを使って「7800」と入力していく。

7800という数値を入力したままではそのまま「7800ha(ヘクタール)」と表示されているだけだ。

 ここで『単位変換Free』の最大の機能、単位変換を使っていくことになる。今回は「ha(ヘクタール)」から「平方ヤード」に変換してみることにする。

単位部分のふたつめの数値を「平方ヤード」に変換してみると、一気に「1」より小さい小数点の数値になる。

 あとはこの数値を入力していくだけだ。本来の価格を知りたい場合はふたつめの単位を「平方ヤード」から「ha」に戻すだけで、数値は元の値段に戻る。

 こうして作られた買い物リストが以下の画像となる。これでぱっと見、何の数値と記号か分からない買い物リストが完成だ。

各項目の名称も日付は「数値1」、購入場所と購入項目は「記号」、そして価格は「数値2」と、買い物リストとバレないように万全を期しておこう。

-

 これでファイルとして保存すれば買い物リストの完成だ。これで嫁に黙っていろいろなものを購入しても、というより誰が読んでも何のリストか分かる人はいないはずだ。

 最後に注意して欲しいのは、価格の部分で「どの単位からどの単位に変換したか」である。これを忘れてしまっては元の価格も分からなくなってしまうので、忘れやすい人はこの単位変換部分をどこかにメモしておくとよいだろう。

  • iOS
  • Android

無料

単位変換Free

Hana Mobile LLC

3.22
アプリストアを見る

この記事を書いたライター

水沼豊

Windows関連の記事からネットの時事ネタ、各種アプリなどの解説などをメインに、アキバ系からアンダーグランドなネタまで依頼された仕事は絶対に断らないフリーランスの編集者、兼ライター。

現在、別ペンネームでAmazon Kindle版で刊行されている海外移住促進者向け電子書籍「シックスサマナ」に、秘密の記事を連載中。