• TOP
  • アプリレビュー
  • 虫眼鏡アプリ「くっきり拡大」でどうでもいいもの拡大してみたらすごいことになった

小さい頃、初めて虫眼鏡を使った時のことを覚えているでしょうか。
普段と違う景色がおもしろすぎて、何でもかんで覗き込んで回った人もいることでしょう。
「くっきり拡大」はそんな体験を思いださせてくれる、スマホのカメラを使った虫眼鏡アプリ。
タップ1つで×2倍までのズームが可能で、簡単に変な世界が覗けます。

野外編:拡大の向こうに広がる大自然

アプリをインストールしたら、早速スマホを手に外へ。
まず目に留まったのは、整然と並ぶ縦線模様たち。なんだこれ?

*アプリ起動中の画像はすべて拡大率2倍の時のものです

電信柱に巻かれているカバーでした。まじまじ見たのは初めてですが、結構きれいに作られているんですね。

お次はこれです。一見、キュウリかウリみたいに見えますが違いますよ。

道端で見かけた草でした。植物の葉の模様は、びしっとした直線で構成されているものも多いのが意外。
路上の葉っぱの上にこんなにきれいな世界が広がっていたとは…。

「どこの火山地帯だ」と突っ込まれそうなごつごつした岩肌を発見。

足元の道路は実はこんなにも起伏に富み、大冒険に溢れていたんです。「アリはさぞかし大変だろうなあ…」としばらく、えさ集めに奮闘するアリを眺めました。

この渋かっこいい黒光りは何…?

なんてことはない、水道の蛇口です。金属は、拡大すると錆がなんともいえないい味わいを出してくれていることが多いようです。

室内編:何気なく使っていたものは、実はこんな姿だった

せっかくなので、家の中でもいろいろ拡大してみました。

左から、週刊少年ジャンプ、ジーンズ、たばこ、プチプチシートの拡大写真です。ラインナップに特に深い意味はありません。
服関係は、繊維がはっきり見えるのでおもしろいです。
たばこは、こんなにじっくりと中身を見たのは初めてかもしれません。
キレイにつめてあるものだなあ…、と変なところで感動を覚えました。
あと、見どころが多くて楽しいのは生き物。野生での実践は難しいですが、ペットがいる人はいろいろ試してみてください。

番外編:虫眼鏡といえば…な定番の使い方も

遊びに使うだけでなく、もちろん新聞や各種電気機器の取扱説明書、保険の約款など、細かい字を読むのに使ってもOK。
その場合は、手元がぶれると字もぶれてしまうので、固定して利用するのがおすすめです。
カバー付きだと多少めんどうなので、カバーははずしておきましょう。
暗い場所ではライトも付けられるので、快適に使用できます。

子どもからお年寄りまで、使いかたいろいろなところも、本物の虫眼鏡と同じ。
日常に新たな刺激と発見を与えてくれるかもしれないアプリです。

  • iOS
  • Android

無料

くっきり拡大

ALPHA Inc.

3.17
アプリストアを見る

無料

くっきり拡大

ALPHA Inc.

3.16

現在、配信が停止されています

この記事を書いたライター

橘夢人

スマホをいまいち使いこなせていない文系人間。友人知人におすすめされた便利アプリを使ってみては、こんなことまでできるようになってたとは…。と感心する日々です。