• TOP
  • アプリレビュー
  • カメラひとつで家の間取り図が作成できる!「MagicPlan」でオフィスを図面化してみた

スマホカメラの可能性は無限かもしれない…。
スキャナにQRコードの読み込み、虫眼鏡など、カメラと連携したアプリは数多くあれど、カメラ情報だけでここまでできるアプリがあろうとは思ってもみませんでした。
そのアプリ「Magic Plan」は、なんとカメラで部屋を撮影するだけで自動で間取り図を作成。
本格的な図面だって作れてしまう、便利極まりないツールです。

カメラでパシャパシャすればあら不思議。間取り図が完成

手順は、始めに動画で説明してくれるので、それに沿っていけば大丈夫。
基本は部屋の中央に立ち、部屋の隅の角にポインタを合わせて、決定ボタンをタップしていくだけです。

会議室などで、真ん中にものがあって立てない場合は、少し端よりでもOK。
ちゃんと自動で修正してくれます。
タップした場所には、かわいいコーンが登場します。

これを4回か部屋の形によってはもっと繰り返し、最後に最初のコーンをもう一度タップすれば、計測は終了。
間取り図の完成です!
左側のDoorマークをタップすると、ドアの場所を指定することも可能ですが、
後でも追加できるので、ひとまず置いておいても問題ありません。

家具オブジェクトを配置して、より本物に近く!

できあがった間取り図はまだ空の状態。
ドアや窓などはもとより、ベッドやテーブルなどの家具からオフィス用品、キッチンカウンターなど、中身を配置していくことでぐっと雰囲気がでてきます。

一部オブジェクトは有料ですが、パーツの大きさは自由に変更できるので、
ぴったりものがなければ、見かけ上そう見えそうなもので代用するのも手。
ベッドサイドテーブルを大きくして、オフィスの机の代わりに配置してみても、違和感はほとんどありません。

さらに間取り図同士は組み合わせることも可能。

もちろんそれなりの手間はかかりますが、上手く組み合わせれば、建物全体の間取り図も作れてしまうのです。
部屋の大きさの微調整や壁の厚みの設定、注釈アイコンの挿入、位置登録、手書きモードなど、アプリの備える機能は、実際に不動産業者も使えるレベル。
使い込めば、プロ並の詳細図面も夢じゃない…?

仕事や趣味だけでなく、引越しやリフォーム、家具の配置を検討する時と、活躍の機会は多いアプリです。

  • iOS
  • Android

無料

magicplan

Sensopia

3.20
アプリストアを見る

無料

magicplan

Sensopia Inc

3.21
アプリストアを見る

この記事を書いたライター

橘夢人

スマホをいまいち使いこなせていない文系人間。友人知人におすすめされた便利アプリを使ってみては、こんなことまでできるようになってたとは…。と感心する日々です。