• TOP
  • ゲーム
  • 気楽に楽しむエージェント活動の提案

勝ち負けじゃない!生活の一部と考えてみよう

新米エージェントによく聞かれることがある。
それは、「勝ち負けはどうやって決めるの?」という質問だ。

たしかにふたつの陣営がポータルを奪い合い、
自軍のフィールドを広げていくのが大きな目標なのだけど、
つねにポータルの所有者(陣営)は入れ替わるので、
そこに具体的な勝敗を求めるのは難しい。

実際、多くのエージェントは勝敗どうこうではなく、
通勤通学やご近所を活動エリア内にあるポータルを巡り、
ちょっと足を伸ばしたお散歩感覚で楽しんでいるのだ。

こうして書いてる私自身、
取材に行ったさきや地元のポータルを
可能な範囲で巡っているだけで十分に楽しんでいる。

そこで今回はちょっと肩の力を抜いて、
『Ingress』をお散歩のお供に活用する遊び方を提案していく。

MISSIONSに挑戦しよう! 

これは『Ingress』内にあるコンテンツのひとつで、
プレイヤーであるエージェント自身が提供するミニゲームのようなものだ。

特定の地域内にあるポータルを一括りに、
そのすべてを巡ればクリアというシンプルなルール。

アイコンもルートを決めたエージェントが設定できるようだぞ。

ポータルを破壊する必要もなく、ただハックするだけなので誰もが楽しめるってわけだ。

これなら具体的な目標があるので気ままなひとり散歩はもちろん、
MISSIONSをデートコースに盛り込んで彼氏彼女と歩いてみるものいいと思うぞ。

新規ポータル候補を探してご近所探索

都心部になるとポータルの数も多く、かなりの数が密集している。
それらを巡っていると「こんなものがあったのか!」と、
いままで気付かなかった身近な新発見にワクワクしちゃう。

そこで提案したいのが、
新規ポータル候補を探して申請する“第1発見者”になる試みだ。

これだけなにもない地域なら、ポータル候補はたくさんあるはず! 

元を辿れば実在するポータルも、
すべては1エージェントの手によって申請されたもの。

申請から認証まで数ヶ月かかると言われているけど、
そこは気にせず地元をより深く知るいいきっかけと考えれば健康的だ。

さらに既存のポータルもハックしながら足を伸ばせば、
それだけでAP(経験値)稼ぎにもなるし、
ポータルの数が増えれば、それだけエージェント活動も活気づく。

一石二鳥なお得感を満喫しながらぜひ挑戦してもらいたい。

『Ingress』があればどこだって楽しくなる! 

地域によって数にばらつきはあるけど、
世界中いたるところにポータルは立っている。

何気ない日常も『Ingress』を介してみれば、
いっきにテーマパークに様変わりしちゃうのだ。

勝ち負けなんて考えず、
肩の力を抜いて“生活の一部”ってくらいの感覚で
自分なりのエージェント活動をしてみませんか?

  • iOS
  • Android

無料

Ingress

Niantic, Inc.

3.94
アプリストアを見る

無料

Ingress Prime

Niantic, Inc.

3.88
アプリストアを見る

この記事を書いたライター

深津庵

今年で約15年目のフリーライター。おもにゲーム関係のライティングをしております。詳しい詳細、日頃のことはtwitter(@Takam_crea)でつぶやいているのでよろしくお願い致します!