どんな難問でも答えてくれるアプリ『WolframAlpha』。
なんでもアメリカのとある天才が開発したそうですが……。
本当にどんな質問でも正確に答えてくれるのでしょうか?
雑学の知識なら私も少しは自信があります。さっそく挑戦してみました!

なるほど、ここのスペースに質問を打ち込んでいくんですね。
ひとつ気をつけなければならないのは、このアプリはアメリカ製、当然のように言語は英語です。
なので英語で質問する必要があるわけですね。
昔英会話スクールに通っていたころの記憶を思い出して必死に英文を打ち込みます。
まずはこんな質問から。

Q1:あなたの名前はなんですか?

はい、小手調べです。
さすがにこの辺りはサクッと答えられますよね。what is your name? っと……。

私の名前は『WolframAlpha』です……お見事です。
なんだか人工知能と会話をしているようです。
質問のやり方もわかってきたので、質問のレベルを上げてみましょう。

Q2:東京の天気を教えて

アメリカではない日本の一都市の天気、『WolframAlpha』にわかるでしょうか?
期待しつつ質問を投下!

う、うわあ、想像以上に詳しい答えが返って来ました。
ぶっちゃけ最初の11℃・くもり時々晴れあたりがわかるんじゃないかと思ったんですが、
昼と夜の最高気温と最低気温、それに過去60年あたりの質問日の気温データまで表示するとは……。
こういうデータ系の質問にはかなり強いようですね。

Q3:愛って何?

コンピューターが理解できないもの、それは人間の感情です。
私は漫画や映画でよくロボットが「愛」を理解できないところを良く見てきました。
さあ、この難問に答えられるかな?

……英語の辞書が表示されました。「love」という単語の意味を教えてくれています。
ああ、うん、そうですね。私の英語力が足りなかったかな……。
とにかく、辞書機能もあるということがわかりました。
次はどんな質問にしようかな……そうだ!

Q4:フェルマーの最終定理を解説して!

数学界において、300年以上もの長い間未解決となっていた難問です。
『WolframAlpha』がデータに強いのはわかりましたが、これを説明できるかな?

あー……うん、合ってる……んじゃないかな?
質問してから気づいたんですが、私も正解を知りません。
すんごく長い英文で説明が続いていたので、多分合ってるんだと思います。
理数系が強いので、大学の問題を解くときなんかにも『WolframAlpha』は役立ちそうですね。

Q5:AKBのセンターは誰?

何を質問しても答えられてしまうので、暴挙に出てみました。
芸能問題はどうだ! 日本のアイドル事情はわかるまい!

ん? これは……。
アラスカにあるアトカ空港(空港コードAKB)の中心地を答えてくれているようですね。
なんでしょう、この試合に勝って勝負に負けた感は……。
答えられない質問ができて嬉しいけれど、同時に空しい……。
みなさんも『WolframAlpha』に挑戦してみてはいかがでしょうか。

WolframAlpha

Wolfram Group LLC

3.22

iOS:370円Android:320円

App Storeを見る
Google Playを見る