世界一読まれている本とはどんなものでしょうか。ギネス・ワールド・レコーズに「世界一発行されている本」として登録されているのはズバリ聖書。
2000年の1年間には世界中の聖書協会によって約6億3300万冊が配布・販売されているといいます。
教養として一生に一度は読んでみたいのが「聖書」ですが、
本で買うと結構するし、分厚いし、そもそもどう読んだらいいのかわからずためらってしまう方も少なくないと思います。
そこでおすすめなのがスマホアプリの聖書。
今回ご紹介するその名も「聖書」は、
ただ聖書の文言がずらずら入っているだけのアプリとはひと味もふた味も違います。

多機能で便利なスマホで聖書

アプリのホームを開くと、まずは「今日の聖句」が目に飛び込んできます。
教会やキリスト教系の大学などで目にすることも多いと思いますが、こんな風な聖句が毎日見られます。過去の聖句も確認可能で、章全体を見ることもできます。
まずは「マタイによる福音書」があります。そこで言語を見ていると、英語からアラビア語、日本語も二訳入っています。翻訳の種類が豊富なのもこのアプリのありがたいところです。

アプリを起動させると「今日の聖句」が。毎日自分のペースで確認できる。

本文は大きく読みやすく、区切りの部分もちゃんと番号が振られています。もちろん、文字の大きさを調整することも可能です。

句の単位でしおりをつけることができ、ブックマークなども自由で非常に便利です。もちろん全文検索もできます。それから、地味にうれしいのがこの白黒反転。白地で読んでいると疲れるという方は黒地で読むことができます。

YourVersionでいまだかつてない聖書体験を

このアプリを100%使いこなすには、YourVersionというサービスに登録することが必要です。
YourVersionに登録することで、近くの礼拝やライブイベントをチェックしたり、世界中のユーザーと交流したりといったことが可能になりますが、毎日聖書を読むための様々な「プラン」を利用できるようになります。
たとえば、福音書を読む30日のプランや、旧約聖書を1年かけて読むプランなどにはじまり、「ヒーローたち」、「クリスマス」、「喜び」、「怒り」といった多くのプランに沿って聖書を読むことができます。

「プラン」機能でスケジュールを組んで読書が可能。

「クリスマスと待降節」、「受難節&イースター」などと並んで、「怒り」、「喜び」なんていうプランも。怒りとの向き合い方、生活の中で喜びが溢れる助けとなる聖句をよむことができる。

「喜び」のプランの1日目の一部。詩篇126編より、「涙と共に種を蒔く者は、喜びの歌と共に刈り入れる」という有名な一節とともに、章全体を読むことができる。

聖書という膨大なコンテンツをいきなり読もうとするのは大変なもの。
そんな時にこの「プラン」機能は大きな助けになるのではないのでしょうか。

アプリ「聖書」を使っていまだかつてない聖書体験を。
これまで聖書に興味があってもなかなか読めなかった方にこそ是非活用してほしいアプリです。

  • iOS
  • Android

無料

聖書

Life.Church

3.28
アプリストアを見る

無料

聖書 - 音読聖書 - 全て無料

Life.Church

3.24
アプリストアを見る

この記事を書いたライター