Amazonが提供する動画配信サービス『Amazonビデオ』。Amazonプライムの会員であれば実質無料で使えるので、とても便利です。
本記事では、Amazonビデオで配信されている映画の中から高評価を博している秀逸な作品をピックアップしました。今まであまり映画を見ていなかった方でものめり込める、ぜひチェックしてほしい作品たちです。

■ 『Amazonビデオ』アプリの概要

Amazonの有料映像配信サービスです。映画やドラマはもちろん、最新アニメやTV番組の扱いも充実。プライム会員になれば、その大半を無料で視聴できます。

本記事執筆時点(16/02/26)で、
・洋画:約600作
・邦画:約500作
・ライブ:約300作
・ドラマ:約100作
と、映像配信専門のサービスに比べれば少ないものの、無料にしては十分すぎるほど豊富な作品が揃っています。

■ おすすめ映画1『007シリーズ』スパイアクション映画の金字塔

名前は誰もが知っているであろう、有名な長編シリーズです。シリーズ全23作品が独占公開されており、他の映像配信サービスでは視聴できません。
2015年末には最新作が公開されたこともあって、世間では007熱が再燃中。この機に歴代の作品をチェックしたいところです。

【評価平均】4.1

歴代ジェームズ・ボンドの中でも逸材との呼び声が高いダニエル・クレイグ。近年公開された「スカイフォール」では、派手なアクションシーンが豊富。オープニングから10分以上も続くアクションシーンで一気に引き込まれます。

■ おすすめ映画2『ヒトラー~最期の12日間~』戦争の現実を直視する

ナチス・ドイツが敗北し、ヒトラー総統が拳銃自殺する最後の12日間をリアルに描いた作品です。
終戦70年を迎えたことや安保法制などの話題により、戦争への国民的関心が高まっている昨今。戦争がどういうものなのか知るために、今こそ見ておきたい作品です。
よくパロディネタとして遊ばれているヒトラーの激怒シーンも必見ですよ。

【評価平均】4.4

ヒトラーを演じるブルーノ・ガンツの演技力は非常に評価が高く、敗戦間際の焦りや苛立ちを見事に表現しています。現代社会では体感することのない、戦時中ならではの緊迫した空気が味わえますよ。

■ おすすめ映画3『船を編む』辞書編集者の静かな情熱が深い

誰もが何度となく使ってきたであろう辞書。でも、辞書を作っている人たちのことに意識を向けることってないですよね。
この映画では、個性豊かな編集者たちが辞書作りの世界に没入する様子がユーモラスに描かれています。

【評価平均】4.3

辞書に使われる紙は、欧米の聖書よりも高級なのだそう。薄いのに透けることはなく、指をすべらすと1枚ずつサラサラとめくれる絶妙の摩擦感。また、載っている言葉のチョイスも、今どきのフレーズをどれくらい入れるか、語訳や例文はどう書けばわかりやすいか、ものすごく考えられています。そんな辞書作りの裏側が、おもしろおかしく描かれています。

■ おすすめ映画4『英国王のスピーチ』努力と友情の大切さ

イギリス国王でありながら、吃音症でまともにスピーチができなかったジョージ6世を描いた作品です。
大勢の国民の前で赤っ恥をかきながらも、植民地出身の言語療法士と必死にトレーニングを積み重ねていく姿に胸を打たれます。

【評価平均】4.3

初めて大衆の前でスピーチをしたときは、どもりっぱなしでセリフが出てこず目も当てられない酷い状況だったそう。しかし、親しくなった言語療法士の親友とトレーニングを続け、コンプレックスに真っ向から立ち向かう姿に感動します。

■ おすすめ映画5『ホビット』子供向けファンタジーとは思えない完成度

ファンタジー映画の金字塔『ロード・オブ・ザ・リング』の前日談にあたる本作。もともと作者が子供のために書いた物語ですが、緻密に練り込まれた世界観と映像化された壮大なバトルのおかげで、大の大人が興奮しまくる超大作となっています。

【評価平均】4.2

現実を忘れさせる壮大な物語、目を奪う映像美、手に汗握るアクション、どれをとっても高い完成度に仕上がっています。三部作の長編ですが、第一部からいきなりクライマックス級の盛り上がりを見せてくれ、最後まで飽きさせません。

いかがでしょうか。
Amaozonプライムに加入するもともとの目的は、お急ぎ便を利用するところにありますが、追加料金無しで話題の映像作品がたっぷり楽しめます。
すでにプライム会員の方はもちろん、Amazonビデオを利用してみてください。まだ会員でない方は、加入を検討する上で参考にしてくださいね。

Amazon プライム・ビデオ

AMZN Mobile LLC

3.21

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る