• TOP
  • ゲーム
  • 【ガチ検証】 アプリ史上、最も難しいゲームはどれだ!? -前編-

スマホのゲームなんて万人向けの簡単なものばかり。そんな風に考えていた時期が筆者にもありました。
アプリ界には、熟練のゲーマーでさえも心が折れる、無理ゲーと言っても過言ではない超高難易度ゲームがごまんとあるのです。

今回は、Appliv編集部の心をへし折った珠玉の無理ゲーを厳選。”アプリ史上最も難しいゲーム”を決めていきたいと思います。
前編となる本記事は、どんな無理ゲーがエントリーされたのか、1作品ずつ紹介していきます。

後編はこちらです。
【ガチ検証】 アプリ史上、最も難しいゲームはどれだ!? -後編-

初見では間違いなく即死の5タイトルを厳選!

今回選んだ5タイトルは、他の高難易度を謳うゲームが、かすんで見えるほどの精鋭揃い。
初見では間違いなく”即死”すること必至です。恐らく、プレイを重ねても一筋縄ではいかない事は間違いないでしょう。

それでは、今回エントリーされたゲームを、筆者の初見プレイとともに御覧ください。

■エントリーNo.1:『Spring Ninja』

『Spring Ninja』は、メタボ忍者をバネの力でぴょんぴょん飛ばすワンボタンのシンプルゲーム。
しかし、「あぁ^~忍者がぴょんぴょんするんじゃぁ^~」なんて感じに、肩の力を抜きながらやるゲームではありません。

足場が非常に小さい上に、コンマ1秒の力加減の差で成否がわかれる、鬼畜ゲームとなっています。

こちらが初見プレイの様子です。勝手がわからず、川へとダイブ。バネの力加減をどれだけ指に馴染ませるのかがカギになりそう。
【初見スコア:0】

Spring Ninja

Ketchapp

2.90

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Android版は配信されていません

■エントリーNo.2:『激ムズのたまご』

『激ムズのたまご』は、カートの上にたまごを乗せたまま、どれだけの距離を走れるかというゲーム。
制限時間なし、左右に自由に操作可能、とここまでは良心的に見えますが、甘く見てはいけません。

たまごはグラグラと超不安定なのに、道は凸凹。しかも、カートはちょっとボタンを押しただけで猛加速してしまうため、少しでも焦るとあっという間にゲームオーバーになってしまいます。

初見プレイの様子はこちら。猛スピードで突っ走るカート、置き去りにされる卵、ああ、無情……。いかに焦らず、慎重に進むかがポイントでしょう。
【初見スコア:0】

激ムズのたまご

Goodia Inc.

3.19

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Android版は配信されていません

■エントリーNo.3:『2 Cars』

ここまでの2タイトルは、指先のテクが重視されていましたが、『2 Cars』では、一瞬の、冷静な状況判断がカギ。なんと、2台の車を同時に操作しなければならないのです。

しかも、ただ走らせればいいというわけではなく、”丸”は取って”四角”は避けなければいけないというルールが、無理ゲーに拍車をかけています。

こちらが初見プレイ。他のタイトルに比べれば比較的善戦していますが、それでもあっさりゲームオーバー。
指先だけでなく、脳への負担も大きく、スコアアタックは至難を極めそうです。
【初見スコア:2】

2 Cars

Ketchapp

3.30

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Android版は配信されていません

■エントリーNo4:『Swing Copters2』

世界中で大ヒット、あまりの中毒性を理由に配信停止された伝説の激ムズアクション『Flappy Bird』。
その『Flappy Bird』と同じ作者のゲームが『Seing Copters 2』です。

本タイトルでは縦スクロールになっていますが、やはりというべきか、ゲーム開始からプレイヤーの心を折りにきています。

こちらが初見プレイ。なんと、障害物に辿り着く前にゲームオーバー。この癖のある挙動で、数々の障害を乗り越えなければなりません。これは優勝候補でしょうか?
【初見スコア:0】

Swing Copters 2

DOTGEARS COMPANY LIMITED

3.30

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

■エントリーNo5:『QWOP』

そして最後のエントリーとなるのが、テレビでも紹介され、全国のお茶の間を爆笑の渦に巻き込んだ『QWOP』。

物理エンジンを搭載し、足の操作をリアルにした結果、全くリアルじゃない気持ち悪い動きになってしまう、バカゲーと無理ゲーを見事に融合させたゲームです。
果たして、コケずに100m走り切ることができるのでしょうか。

笑劇の初見プレイ映像。走るどころか戻っちゃいました。マイナスからのスタートという脅威の難易度、優勝候補の大本命と言ってもいいでしょう。
【初見スコア:0(ただし、実質マイナス)】

QWOP for iOS

Bennett Foddy

3.40

iOS:120円Android:120円

App Storeを見る
Google Playを見る

いずれ劣らぬ無理ゲーばかり。優勝はどのタイトルに!?

以上が、今回エントリーされた5タイトル。
独特の操作性や狭すぎる足場など、様々な趣向を凝らした無理ゲーが勢揃いですね。
果たして、最も難しいゲームの栄冠に輝くのはどのタイトルになるのでしょうか。

後編では、筆者が全タイトルを1時間ガチプレイ。そして、ランキングを付けていきたいと思います。
次回に乞うご期待!

後編はこちらです。
【ガチ検証】 アプリ史上、最も難しいゲームはどれだ!? -後編-