• TOP
  • ゲーム攻略
  • 【パズドラ攻略】天ルシ耐久パーティで激戦!「ゼウス・ディオス降臨!」超地獄級攻略

降臨ダンジョンノーコン攻略シリーズ、今回は超難関ダンジョン「ゼウス・ディオス降臨!」に挑戦していきます。かなり古くに登場した降臨ダンジョンなのですが、先制攻撃、バインド、即死ダメージなどの雨あられで、その難易度は壮絶。ノーコンティニューでクリアするのは、かなり難しくなっています。

ダンジョンの詳細データについてはこちらをご参照ください。

高ステータス&全ドロップ変換! ゼウス・ディオスを手に入れよう

このダンジョンをクリアすれば、「ゼウス・ディオス」が確実にドロップします。高いステータスに加え、少しでもダメージを受けていれば攻撃力が3.5倍になるリーダースキル、さらに全ドロップを木に変換できるスキル「ジュピタージェネシス」は壮絶な破壊力を生み出します。

無課金で手に入るリーダーとしては、かなり強い部類に入るモンスターでしょう。ステータスが高くスキルも強力なので、サブに入れても活躍が期待できます。

究極天ルシ耐久パーティで挑む!

今回はこちらのパーティで挑戦。「反逆の熾天使・ルシファー(究極天ルシ)」をリーダー・フレンドに採用した、闇属性の耐久パーティとなっています。4バトル目でヘラの攻撃を耐えるため、HPが60169以上必要とかなり敷居は高くなっていますが、道中の安定度はかなりのもの。

ボスのゼウス・ディオスとは、壮絶な耐久戦となるため、すばやく使えるドロップ変換スキルは必須でしょう。

リーダー・フレンド:反逆の熾天使・ルシファー

最高値までプラスを振っていますが、サブが全員レベル最大であれば、ここまでの強化は必要ありません。目安として、4バトル目のヘラが打ってくる「グラビトンボム」が60168ダメージなので、これに耐えられるようにHPを確保します。

ゼウス・ディオスの「ディオスブレード(33798ダメージ)」に2回耐えられるだけのHPがあると、ボス戦での安定度が増すので、プラスは多いに越したことはないでしょう。

先制ダメージがかなり厳しいダンジョンですが、高いHPと回復力のおかげで、安定して進めていけるのが強み。回復が枯渇してどうしようもないときは、「明けの明星」で無理やり回復ドロップを生成するという荒業も。

サブ1:神王妃・ヘラ

「ギガグラビティ」要員その1。HPが高いため、耐久力確保にも一役買ってくれます。

究極進化すると、覚醒スキルがスキルブーストに変化しますが、究極前は闇ダメージ軽減があるため、4バトル目のヘラ戦で便利。防御を重視するかスピードを重視するかは、好みで選びましょう。

サブ2:覚醒ヘラ・イース

ギガグラビティ枠その2。ヘラよりもHPと回復が高いため、育てている方はヘラ・イースを2体、あるいは3体入れてもよいでしょう。

ヘラ・イースの究極進化は、闇属性が失われるのとスキルも変更になるため、闇属性の耐久パーティでは使いにくくなります。

天ルシパーティに組み込むのであれば、究極進化はさせずに使いましょう。

サブ3:冥夜の女神・パンドラ

回復枯渇時などに「秘密の箱」を使い、緊急事態の回復を担当。スキルレベルが高ければ、細かく使っていけるのでそれだけ安定性が増します。

ガチャ限定モンスターなのと、秘密の箱はスキル最大でも発動まで8ターンかかってしまうため、持っていない方や安定性を求める方は、スキル最大の「道化龍・ドラウンジョーカー」がオススメです。「防御態勢・闇」は最短5ターンで発動可能なので、ゼウス・ディオスとの耐久戦になった時に非常に心強い存在となります。

サブ4:豊穣神・イービルセレス

自身が完全なバインド耐性を持ち、「完治の光」による味方のバインド復帰が可能。バインド対策要員としては、この上ないモンスターです。

また、木と闇ダメージが0.45倍になるため、4バトル目のヘラ、5バトル目のゼウス・ディオス戦がかなり楽になります。育てている方はこちらをリーダーにする作戦もアリでしょう。今回は天ルシが+297になっているので、天ルシリーダーでの挑戦としてあります。

1バトル目

「ベルセルク」と「ハイランダー」が出現。最初のターンにベルセルクが「超・ファイアバインド(火属性モンスターを10ターンバインド)※」を、ハイランダーが「ダークネスフラッシュ(暗闇効果)」を使ってきます。

最初の行動ターン以降は、

●ベルセルク
・HP25%以上
通常攻撃(14085ダメージ)

・HP25%以下
一刀両断(28170ダメージ)

●ハイランダー
・HP75%以上
通常攻撃(8181ダメージ)

・HP75%以下
ミリオンスラスト(計9816~19632ダメージの連続攻撃)

という流れで行動してきます。ベルセルクがHP25%以下になると、大きなダメージが飛んできます。

まずはスキルを溜めたいので、防御力が高いハイランダーを狙って攻撃していきます。ギガグラビティ×2と明けの明星が溜まるまで、通常コンボで削っていきましょう。

※パーティに火属性モンスターがいない場合は使用せず

ハイランダーからスキルで撃破

次のバトルでは先制ダメージがあるため、明けの明星でとどめを刺すことができません。スキルが溜まったら、ハイランダーにギガグラビティ×2→明けの明星を打ち込んで、先に撃破しておきましょう。

残るベルセルクは、スキルの溜めなおしも兼ねて通常コンボで倒していきます。

2バトル目

「疾風の狩人・グリフォン」が出現し、先制で「神速」を使い11775ダメージ与えてきます。

このあとは、2ターンに1回23550ダメージの通常攻撃をしてくるだけなのですが、HPが30%を切ると「神風(94200ダメージ)」を繰り出してきます。HPの削りすぎには注意しましょう。

グリフォンの左前足の辺りまでHPが削れたら、残っている明けの明星で早めにとどめを刺しておきます。

3バトル目

「天空の使徒・エンジェル」が出現。先制がなく、攻撃も11160ダメージの通常攻撃をしてくるだけなので、このダンジョンでは貴重なスキル溜めポイントです。

しかし、HPが低いので、削りすぎに注意。エンジェルのHPが20%以下になると、一度だけ「リザレクション」で全快してきます。これをうまく利用するのも手です。

次のバトルでも先制ダメージがあるので、残りHPに注意。先制攻撃は5014ダメージなので、しっかり回復してから次に進みましょう。

4バトル目

「ヘラ」が先制で「神の洗礼」を使い5014ダメージ与えてきます。地獄級のダンジョンだと、ボス級の強敵です。

このあとの行動は、

・HP25%以上
通常攻撃(10028ダメージ)
神の悪戯(いずれか2色をお邪魔ドロップに変換)
往復ビンタ(計18051ダメージの連続攻撃)

・HP25%以下
魔力を溜めている(次回「グラビトンボム」使用)
グラビトンボム(60168ダメージ、使用後は再び「魔力を溜めている」)

全体的に攻撃力が高くなっていますが、特に警戒が必要なのがHP25%以下で出してくる「グラビトンボム」。

残りHPが少ない状態で出してくるので、明けの明星で早々にとどめを刺したいところですが、次のボス戦でも先制ダメージがあるため、HPが1の状態だと耐えることができません。

かなりハードになりますが、グラビトンボムは2ターンに1回の使用となるため、何とか回復も間に合う範囲。通常コンボと秘密の箱で削っていきましょう。

秘密の箱で回復&大ダメージ!

受けるダメージが大きく、毎回大量のHPを回復しなくてはならないため、回復が間に合いそうにないときはすぐに秘密の箱を使っていきましょう。

光ドロップを回復に変化させるほか、木ドロップは闇に変換できるので、攻守両面で役立ちます。

ドラウンジョーカーを使っている場合は、防御態勢・闇でしのぎます。

次のボス戦では、先制で14084ダメージ受けるため、突破するときは残りHPに注意。しっかり回復してから次に進みましょう。

5バトル目

ヘラを削りきったら、ようやくボス戦。「ゼウス・ディオス」が出現し、先制で「神王の洗礼」を使い14084ダメージ与えてきます。このあとは、

・1ターン目
神々の守り(999ターン状態異常無効)

・HP70%以上
通常攻撃(18778ダメージ)

・HP70%以下
ディオスブレード(計33798ダメージの連続攻撃)

・HP50%以下
神王の眼光(神タイプのモンスターを2~4ターンバインド、1度きり)

・HP30%以下
ジュピタージェネシス(37556ダメージ)

以上の流れで攻撃してきます。大ダメージ、バインドなど厳しい攻撃がズラリ。

まずはHPを削るため、ギガグラビティを溜めていきます。しっかり回復しながらコンボを組みましょう。

ギガグラビティが溜まり次第使っていき、ピンチの時は秘密の箱で回復。回復が枯渇して秘密の箱も使えないときは、明けの明星で回復ドロップを生成します。これでゼウス・ディオスのHP50%以下をめざします。

バインドは完治の光で回復

ゼウス・ディオスのHPを削っていくと、50%以下の段階で「神王の眼光」を使ってきます。

このままだとリーダースキルが解除され、通常攻撃すら耐えることはできないので、完治の光を使って復帰しましょう。

これで完全回復するので、ふたたび耐久戦に持ち込めます。

このあとは、とどめに備えてギガグラビティは温存しながら削っていきます。

HP30%以下からスキルを解放!

ゼウス・ディオスのHPが30%付近になったら、とどめの用意。ギガグラビティと明けの明星が溜まったら、

ギガグラビティ×2→明けの明星×2

の順で打ち込んでいきます。もしHPが削りきれなかった場合は、秘密の箱も使ってフォローしていきましょう。

「ゼウス・ディオス降臨!」超地獄級ノーコンクリア!

2発目の明けの明星を打ち込んでもHPが残っていたので、秘密の箱からのコンボで倒しました。ギガグラビティ枠をもう一体増やせばとどめは刺しやすくなるのですが、回復が追いつかなくなる可能性も高くなってしまうので、難しいところです。

耐久パーティであれば道中は安定しますが、ボス戦が長期戦になり、ミスも出やすくなるのがネック。火力とHPを両立した編成だとベターでしょう。

オススメリーダー①:聖都の守護神・アテナ

光ドロップの4個消しがとにかく強力なので、アテナはかなりオススメ。サブをそろえるのが大変ですが、しっかりそろえて編成すれば安定してクリアできるでしょう。

5ターンで使えるドロップ変換役を入れて、光の4個消しでどんどん進んでいきます。余裕がある時は、敵の攻撃を受ける直前までターンを稼いでから倒して、スキルを溜めましょう。

オススメサブ:
・道明守の玄武・メイメイ
・スカイゴッドナイト・ヴァーチェ
・神命姫神・ヴァルキリーローズ
・天道の皇祖神・イザナギ
など

オススメリーダー②:獄羅苦狂魔皇・ベルゼブブ

フレンドは「絶世の紅龍喚士・ソニア」にするのですが、問題になるのは1バトル目の超・ファイアバインド。ベルセルクが攻撃まで何ターンで出現するかによって、ノーコンクリアの安定性がかなり変わってきます。

先にハイランダーを倒し、ベルセルク1体の状態にできれば、かなりクリアの可能性が高まります。バインドが解けるまで耐久し、解除されたら一気に突破。ゼウス・ディオスは、ディオスブレードを使ってくるまで削ってから、スキルを使って倒します。

オススメサブ:
・闇黒魔王・ヴァンパイアデューク
・道化龍・ドラウンジョーカー
・サイクロンデビルドラゴン
・キングワルりん
など

オススメリーダー③:聖煌天の麒麟・サクヤ

強敵ぞろいなので、瞬間的に高火力が出せる多色パーティ向けなダンジョン。HPが高く、4色消しで攻撃力5倍のサクヤは特にオススメです。

フレンドもサクヤにして、道中は25倍の火力で駆け抜けます。ゼウス・ディオスは、1ターン目は状態異常が有効なので、「威嚇」してから最大火力を叩き込みます。

オススメサブ:
・紅蓮華の女傑・エキドナ
・スカイゴッドナイト・ヴァーチェ
・神命姫神・ヴァルキリーローズ
・覚醒ヘラ・イース
など

  • iOS
  • Android

無料

パズル&ドラゴンズ

GungHo Online Entertainment, Inc.

4.35
アプリストアを見る

無料

パズル&ドラゴンズ

GungHoOnlineEntertainment

3.96
アプリストアを見る

この記事を書いたライター

ざんぎゅら

ストリートファイターシリーズやモンハンシリーズを得意とするゲームライター。『パズドラ』は始めて800日少々。最近ウルドパーティ使い始めました。