• TOP
  • ゲーム
  • 【ガチ検証】 アプリ史上、最も難しいゲームはどれだ!? -後編-

アプリ史上、最も難しいゲームを決める今回の企画。前編ではノミネートされたゲームの紹介と、初見プレイの死にっぷりをご覧に入れましたが、後編となる今回はいよいよ検証に移りたいと思います。
果たして、栄冠に輝くのはどのゲームになるでしょうか。

前編と初見プレイの死にっぷりはこちら
[【ガチ検証】アプリ史上、最も難しいゲームはどれだ!? -前編-](http://mag.app-liv.jp/archive/22609)

■1時間ガチでプレイし、ハイスコアの増加率でランク付け

肝心のランク付けのルールですが、まず、各アプリを1時間ずつ真剣にプレイします。そして、10分時点→60分時点でのハイスコアの「増加率」を計算します。

スコア増加率が低いほど、「どれだけやっても上達しないゲーム」ということが言えるので、増加率の降順でランク付けを行いました。

■緊急事態! 『QWOP』に裏ワザ発覚!?

前回で優勝候補と予想された『QWOP』ですが、検証中に裏ワザが発覚。なんと走り方にこだわらなければ100m完走はさほど難しくないという事実が判明しました。

ちなみに方法は、画像の体勢のまま左右の足を入れ替えずにちょこちょこ動かすこと。

天の声と協議をした結果、「裏ワザはいかんでしょ」ということで、『QWOP』は「左右の足を入れ替えるようにする(つまりはちゃんとしたフォームで走る)」というルールを付け加えました。

結果発表!

それではお待たせしました、結果発表です。5位から順番に見ていきましょう。

第5位:『2 Cars』 ハイスコア増加率:2.540倍

今回「難しい」という意味では5位となったのが、2台の車を同時に操る『2 Cars』。初めはルールと操作に戸惑いましたが、慣れると比較的スイスイ進められる印象でした。

ハイスコア更新時のGIF。この時まるでゾーンに入ったかのような感覚を味わえました。

【50→127=2.540倍】

10分・30分・60分時点でのハイスコア画像。順調に上がっているように見えますが、30分以上経っても序盤でゲームオーバーになるなど、1プレイ毎のムラが大きかったです。

2 Cars

Ketchapp

iOS無料
Android
App Storeを見る
Android版は配信されていません

第4位:『激ムズのたまご』 ハイスコア増加率:2.410倍

4位は、不安定なステージでたまごを運ぶ『激ムズのたまご』。
カートを左右に操作でき、自分のペースで進められる分、この順位に落ち着きました。

コツは、たまごを真横にして運ぶこと。そうすることで、カートのでっぱりが支えになり、たまごが多少グラついても立て直しやすくなります。

おまけ。スコアとは関係ありませんが、おそらく二度とできないであろうスーパープレイがありました。ある意味ハイスコアより価値があるのでは?

【39m→94m=2.410倍】

こちらがスコアの変遷。他に比べると、焦りさえしなければそれなりにスコアが安定する印象です。焦りさえしなければ……。

激ムズのたまご

Goodia Inc.

iOS無料
Android
App Storeを見る
Android版は配信されていません

第3位:『Swing Copter2』ハイスコア増加率:2.222倍

意外や意外、第3位は『Flappy Bird』の作者がリリースした『Swing Copters2』。
慣性が効いた挙動と、見た目より大きく感じる当たり判定に苦戦しましたが、プレイを重ねるごとに徐々にスコアが安定。「少しずつ上達する感覚」を味わえる良ゲーでしたよ。

はじめは障害物にさえ辿りつけなかった筆者が、この通り。並の障害物なら余裕で通り抜けられるようになりました。

【9→20=2.222倍】

ハイスコアの変遷。10分~30分の間では微上昇ですが、30~60分の間で倍に。プレイすればするほど上手くなっていくのが、数字にも表れています。

Swing Copters 2

DOTGEARS COMPANY LIMITED

iOS
Android無料
iOS版は配信されていません
Google Playを見る

第2位:『QWOP』ハイスコア増加率:2.075倍

なんと、ルール追加により優勝間違いなしと思われた『QWOP』が2位。
検証中は、戻ってしまったり、ありえない体勢でこけてしまったり、四苦八苦しっぱなしの60分でしたが……

一番上手くいったGIFがこちら。
見てください、ちゃんと二足歩行しています!ここまで60分かかりました。

【6.40m→12.66m=2.075倍】

ハイスコアの変遷はこちら。最初の10分間は意外と順調で、30分でちょっと停滞、60分へのラストスパートで頑張りました。もう少し時間をかければ、100m完走も夢ではないかと。

QWOP for iOS

Bennett Foddy

iOS120円
Android
App Storeを見る
Android版は配信されていません

優勝!『Spring Ninja』 ハイスコア増加率:2.000倍

そして、『QWOP』を僅差で破り、堂々の1位に輝いたのが、忍者をバネでぴょんぴょんさせる『Spring Ninja』。
一瞬でも力加減を間違えるとゲームオーバーになってしまう操作性と、ステージがランダムに作成される合わせ技で、総合的に難易度が高くなった印象です。

特に、遠くの足場や、自分より高い所の足場に跳ぶのが難関。何度忍者の腹を崖にこすったことか……。

一番上手く行ったプレイがこちら。こう見ると忍者っぽいですね。
簡単そうに見えますが、タイミングがシビアなので、内心かなりヒヤヒヤしていました。

【19→38=2.000倍】

ハイスコアの変遷。10~30分の間に停滞しましたが、30~60分で謎の覚醒があり、2倍に伸びました。覚醒がなかったら、もっと差が付いたかも……。

Spring Ninja

Ketchapp

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

おまけ:スコアの増加率をグラフ化

各ゲームの時間毎の増加率をグラフ化したのがこちら。

青のグラフ:10→30分のスコア増加率
黄のグラフ:30→60分のスコア増加率
赤のグラフ:10→60分のスコア増加率

となっています。
このグラフとハイスコアの画像を参考に、筆者の記録に挑んでみてはいかがでしょうか。

■激ムズゲーム、やり込むほどに独自の良さが見えてくる

というわけで、並み居る強敵を打ち破り、『Spring Ninja』が「アプリ史上、最も難しいゲーム」に決定しました。

ですが、その他のタイトルも、やり込むほどに、独自の良さが見えてきたのが印象的でした。
例えば、『2 Cars』は順位では5位ですが、脳からアドレナリンが分泌される感覚を味わえましたし、『激ムズのたまご』はスーパープレイが飛び出すなど、「難しさ」の先にある楽しさを垣間見ることができましたよ。

皆さんも一度、激ムズゲームを楽しみながら極めてみてください!