• TOP
  • 出会いがないと嘆くあなたが、最適なパートナーを見つけるためにするべきたったひとつのこと。

「出会いがない」というのが口癖のような人がいますが、それは「出会っているのに気付いてないだけ」です。人を愛する能力が低いがために、人の良いところに気が付かないのです。

人に関心を持つということ

出会いがないと嘆く人への特効薬はただ一つ。それは「人に関心を持つ」ということ。積極的に人を理解していこうとする姿勢です。自分に最適なパートナーを見つけるためには、自らが能動的に動いて、出会った人を理解していく必要があるのです。

「出会いがない」と嘆く多くの人は、人を理解する前段階で諦めてしまっています。「この人はタイプじゃないから」「この人は私の条件に合わないから」と、関心を持つことを放棄してしまえば恋が始まるはずもありません。

イククルにおいても、写真だけを見て判断しない。ちゃんと話して合ってから人間性を理解する、という姿勢が良縁を結ぶための鍵だと言えます。

「理想が高すぎる」という失敗

恋愛経験が少ない人ほど理想が高い傾向にあります。なぜなら、ある程度恋愛をしてきた人なら「男女間の価値観の違い」を理解しているので、「許せない」と思うことが少なくなってきます。

恋愛経験の少ない人は理解が足りないので、「こんな女は絶対許せない」「男は本当に最低」などと、価値観の差を受け入れることができません。そのため、理想が高くなってしまうそうです。


理想が高いせいで恋愛に発展することが少なく、いつまで経っても経験不足のまま。経験がないから男女の価値観の差が理解できず、いつまでも理想を追い求めてしまう。まさに負のスパイラルです。

もし運命的に「理想の人」に出会えたとしても、恋愛の仕方が分からなければ恋が成就することはないでしょう。

自分の「理想」をぶち壊す

このスパイラルを断ち切るには、自分の理想を一度壊す必要があります。人の欠点ばかりに目を向けるのではなく、人の良いところを探し出す「人に関心を持つ努力」が必要です。日頃から意識して生活しましょう。

人の良いところを見つけられるようになったら、単純に「恋愛対象の数」が増えるので、その分良い出会いも増えていきます。

まとめ

自分に最適なパートナーを見つけるためにするただひとつのこと、それは「人に関心を持つこと」。相手の言っていることに耳を傾け、心を開いて理解する。自分に合うか合わないかは、その後判断すれば良いのです。

人を理解し、出会いを増やすことこそが、最適なパートナーを見つけるためのただ一つの方法です。

イククル-出会いマッチングアプリ

prosgate Co.Ltd

3.32

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る
※18歳未満の方は利用できません。