視覚サポートを目的として開発されたアプリ『Aipoly Vision』をご存知でしょうか。これは、スマホのカメラで映したモノの名前を、教えてくれるという代物です。
百聞は一見に如かず、下の画像をご覧ください。

このように、スマホのカメラに自転車を写すと、ちゃんと「自転車」と識別して教えてくれるのです。

Appliv編集部でも話題になったこのアプリ、「じゃあ、アニメグッズとか試してみたらどうなるんだろう?」という話になり……

『Aipoly Vision』を徹底解剖。最後は日本のサブカルグッズで検証

することになりました。ちなみに『Aipoly Vision』は海外製(日本語翻訳有り)。果たして日本が世界に誇るサブカル文化を理解できるでしょうか?

Aipoly Vision: Sight for Blind & Visually Impaired

Aipoly

3.36

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Android版は配信されていません

■まずは小手調べ。木・車など簡単そうなものからチェック

『Aipoly Vision』の性能もわからず、いきなりサブカルに突撃しても仕方がないので、まずは識別が簡単そうなものから見ていきましょう。

木・空・道路

木・空・道路は問題なし。まあこの辺は識別してくれないと困りますからね。

車で試したところ、なんと、車の枠を越えて、形態やメーカーまで言い当てました。これにはビックリ。
一般的なモノの名前に関しては信頼しても良さそうですね。

■ちょっと難易度アップ。食べ物は当てられるかな?

次は、ちょっと難易度を上げて、食べ物を試してみましょう。たまたまマクドナルドに行く機会があったので、ハンバーガーで検証。果たして、パンやチーズが重なった食べ物を見抜けるでしょうか!?

外袋に付いていたマクドナルドのマーク

さすが海外製、マックのマークを識別してくれました。マクドではないんですね……。

エッグチーズバーガー(エグチ)

残念ながら、ハンバーガーにはならず。とは言え、パンもハンバーガーの美味しさを決める大事な食材。良しとしましょう。

エグチ その2

エッグとチーズを中心に映した結果。確かにバナナのような色合いですが……。味はもちろんエッグとチーズのコンビネーションが絶妙なエグチでしたよ。

コカ・コーラ

今ここに、コカ・コーラの新しい呼び方が誕生しました。これは流行る予感……。
(というかただの誤訳ですね。)

クラブハウスバーガー

向きによって、体の様々な部分として認識しました。マックも実際にハンバーガーを擬人化すれば話題になるのでは? そんな考えがよぎった一瞬です。

チーズバーガー

極めつけがこちら。何だか食べるのが申し訳ない気がしました……。でも、全部ちゃんと美味しくいただきましたよ!

ラー油

おまけ。ラーメン屋さんにあったラー油が、なんとGatoradeに。 確かに両方共体力が付きそうですが、ラー油をがぶ飲みしてはいけません。

■お待ちかね! 果たしてアプリはサブカルチャーを理解できるのか?

お待たせしました。ここからが本題です。
今や日本が世界に誇る一大文化であり、全国1000万人(位いたらいいな)のマニアのライフワークと言っても過言ではないサブカルチャーを、『Aipoly Vision』は理解できるでしょうか?

PS3のコントローラとニンテンドー3DS

さすが世界的なシェアを誇るゲーム機、機種やメーカーまで言い当てました。

『ToHeart2』向坂環フィギュア

大分ザックリですが合ってます。むしろ、「タマ姉」と言ったら凄いを通り越して苦笑いしてしまいそうですが……。

『ガールズ&パンツァー』ノベライズ版

惜しい、紙媒体というのは合ってますが……小説、ノベル、ライトノベルという風に言って欲しかった。

『人類は衰退しました』 第9巻

確かにベストセラー、そしてメディアミックスやグッズ展開されれば印税でガッポリですが……。

『ラブライブ!』東條希のポスター

『Aipoly Vision』には、のんたんのポスターが芸術作品に見える模様。もしや、いつかラブライブ!グッズが美術館に展示される日が来る可能性を示唆している……!?

ドラゴンボールの貯金箱

ドラゴンボールの中の星とキティちゃん、両方共キラキラ輝いてますからねー。間違えるのも仕方がありません。すみません、そろそろフォローがキツくなってきました。

PS3『ZONE OF THE ENDERS HD EDITION』のパッケージ

ゲーマーに朗報、これからはゲームが義務化される時代に。やったね。
というか何を撮ったら「義務」になるんだろう……。

『ガールズ&パンツァー』のキービジュアル

筆者が一番笑った結果がコチラ。いやー、確かにあんこうチームは家族のように仲がいいですし、IV号戦車も家と言っていい存在ですね。もしや、『Aipoly Vision』の中の人はガルパンおじさん!?

■サブカル関連はまだまだ、でも夢とロマンはある!

というわけで、世界的に有名なPS3やニンテンドー3DSはともかく、日本独自のフィギュアやノベルと言ったものに関してははまだまだ発展途上という検証結果となりました。
ですが、車のメーカーを当てたように、これからのバージョンアップでもっと正確になっていく予感がしたのも事実。
いつか、このアプリを持ってアキバ探索をする時代が来るかもしれませんねッ!

ちなみに、フィードバックを送れるので、英語に自信のある方はぜひ開発に協力してみてください。
むしろ、お願いします。(他力本願)

Aipoly Vision: Sight for Blind & Visually Impaired

Aipoly

3.36

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Android版は配信されていません