突然ですが皆さん。スマホの中で一番大切なアプリってなんでしょうか?
動画アプリ? それともLINE?もちろんそうしたアプリも大切です。ですが、見たい動画を検索するにしろ、LINEするにしろ、必ず使用するのがキーボードアプリ。

スマホを開けば、必ずや登場すると言っても過言ではないキーボードだけに、「ストレスなく入力しやすいキーボードアプリを使いたい!」といった人は多いでしょう。

僕もそうした、自分に一番合ったキーボードアプリを探している人の一人。あっ、どーも。紹介が遅れましたが、この記事の筆者の「ちゃんく」です。

人物紹介:ちゃんく

■職業 : Applivレビューライター
手が過度の脂性により、フリック入力が苦手。「自分に合ったキーボードアプリがあるのでは?」という思いから、様々なキーボードアプリを試してきた。

今や「入力しやすさ」を重視した変わり種のキーボードアプリが、多くリリースされているのですが……。慣れ親しんだ操作を捨てて、新しいキーボードに乗り換えるのは少々不安……。

と、思っていた僕のもとに、

???「ねー、スマホのシュッ!ってやる文字入力って、なんかコツないの?」

 
何やらバカ丸出しの発言をする人物が……。何を隠そう、僕の実の姉です。

人物紹介:姉

■年齢:30歳
■スマホ歴:1ヶ月
■スマホに乗り換えた経緯
「人類最後のガラケーユーザーになってやる!」と言っていたものの、5年半連れ添ったガラケーのボタン破損を機にiPhone SEに乗り換え。

今まで僕にメールをほとんどしなかったのが、頻繁にLINEを送るように変貌するなど、すっかりスマホ中毒に。

どうやら姉の言う「シュッ!」とはフリック入力のこと。スマホ歴1ヶ月の姉にとっては、スマホの文字入力はまだ慣れていないようです。

と、姉と話している時、僕の中にとあるひらめきが……。

そうだ、姉を実験台にしちゃえ!

 
「フリック入力に慣れていない彼女なら、何の問題もなく変わり種キーボードを使ってくれる!」と目論んだわけです。

そこでこの記事では、スマホ歴1ヶ月の姉を実験台にして、さまざまな変わり種キーボードの使い心地を調査。

スマホ初心者でも入力しやすい大画面の端末「Nexus 6P」(画面サイズ5.7インチ)で、5つの変わり種キーボードを使ってもらい、姉の独断と偏見でランク付けしてもらいます!

姉の独断と偏見による、使いやすかったキーボードランキング!

それでは早速、姉が独断と偏見で評価した「使いやすかったキーボードアプリランキング」を見ていきましょう!

■第5位 ローマ字入力に最適でも、姉には最適ではなかった。『アルテ on Mozc』

今回、姉が使ってみたキーボードアプリの中で、不本意にも最下位になってしまったのが、『アルテ on Mozc』。

この『アルテ on Mozc』は使用頻度の高い母音・子音をワンタップで入力できる、ローマ字入力に最適化されたテンキーキーボードです。

フリック操作をほとんど使わない、このキーボードならきっと姉もサクサク文字入力してくれると思ったのですが……

姉「??????????」

 
ちゃんく「全然指が動いてないけど……」

姉「なんなの? この文字の配置……」

ちゃんく「これは、ローマ字入力がしやすいようになってて……」

姉「あっ、そうなの? でもこんなボタン配置じゃ、今から新しく覚える気なんてさらさらないし。」

姉「14年ガラケーを使って慣れたボタン配置なんだから、そんな簡単に変えられるわけないでしょ」

 
と、一喝。やはり、スマホ初心者とはいえ、親しみのないボタン配置を再度体に叩き込むのは苦痛だったようです。

姉のレビュー

『アルテ on Mozc』
■点数:30点
■入力しやすさ:★★☆☆☆
■入力法の覚えやすさ:★☆☆☆☆
■おすすめポイント
いつもと違ったキーボードを使って、頭の体操をしたい人にはイイかもしれません。

アルテ日本語入力キーボード(旧:アルテ on Mozc)

Umineko Design

3.33

iOS:無料Android:無料

iOS版は配信されていません
Google Playを見る

■第4位『IQQI 日本語入力キーボード』

続いてランクインしたのが、『IQQI 日本語入力キーボード』。

この『IQQI 日本語入力キーボード』は、50音すべてのキーを画面に表示してくれるキーボードアプリです。

先程とは違いフリック操作が一切いらず、打ちたい文字をただタップするだけのお手軽入力に、高得点を期待していたのですが……

そこにいたのは、またしても指を硬直させ、スマホを見つめる姉の姿が……。

姉「何これ? 銀行振り込みの名前記入する画面?(笑)」

ちゃんく「えっ!? 50音表示なら入力ラクでしょ?」

姉「キーの配置はすぐわかるんだけど……。

ちゃんく「けど?」

姉「たとえばさ、「ち」を入力するとするじゃん? 普通のキーボード(おそらくテンキーのこと)だったら、「ち」は“た行のどこか”って感じで選べるんだけど……。このキーボードは一発で「ち」を探さなきゃいけないのが、めっちゃ大変……。」

と何やら力説。一発で文字を決める入力法&小さなボタンが、長年テンキーを愛用していたスマホ初心者の姉には、かなりの苦痛だったようです。

姉のレビュー

『IQQI 日本語入力キーボード』※iOS版は日本語入力に未対応
■点数:50点
■入力しやすさ:★★☆☆☆
■入力法の覚えやすさ:★★★★★
■おすすめポイント
携帯電話に今まで触れてこなかった人なら便利かも。50年くらい山にこもっていた仙人とか?(笑)

IQQI Keyboard

Xinmei LTD.

最初のレビューを書こう!

iOS:無料Android:無料

iOS版は配信されていません
Android版は配信されていません

■第3位 姉が感じたのは「使いやすさ」よりも「優越感」!? 『Swype Keyboard』

そして3位にランクインしたのが「一度も指を離さずに入力できる」と、世界の無精者たちから絶賛される『Swype Keyboard』です。

この『Swype Keyboard』は、なんと打ちたい文字をなぞっていくだけで文字入力ができてしまうキーボード。

このスマホならではの操作を見た姉は、

姉「なにこれ!? めっちゃスゴイ! めっちゃスマホ使える人みたい!」

 
とテンション爆上がり!大変彼女のお気に召したようなので、しばらく使わせて、その様子を観察することにしました。

~5分後~

姉「~♪」

~さらに5分後~

姉「…………」

と、先程の様子とはうって変わって、何やら眉をしかめてスマホを操作しているではありませんか!?

ちゃんく「どうしたの? メスゴリラみたいに険しい顔して?」

姉「(チッ)……。なんか、画面をなぞってると、勢い余って止まりたいボタンの位置で指が止まってくれないんだよね。」

と、「スマホを華麗に操作する私」に酔いしれていた彼女は、スピーディかつ正確に入力できない自分にイラつきを感じていたのです。

ですが「スマホ上級者っぽい指つきになれる!」と姉は高評価! どうやら彼女にとって、「いかにも初心者な手つきでスマホを触るのは、電車の中じゃ恥ずかしい……」とのことでした。

姉のレビュー

『Swype Keyboard』※iOS版は日本語入力に未対応
■点数:70点
■入力しやすさ:★★★☆☆
■入力法の覚えやすさ:★★★★☆
■おすすめポイント
たちまちスマホ上級者! これなら電車でスマホをいじっても、周りの人に「アイツ初心者だぜ」って思われません!

Swype

Nuance Communications

3.39

iOS:120円Android:122円

iOS版は配信されていません
Android版は配信されていません

■第2位 姉の入力を、スマホ歴5年の僕より早くした『mazec』

この『mazec』は、文字入力を手書きで行うことができるキーボードアプリ。

正直、僕にとっては入力するより時間がかかる手書きキーボードに、あまり期待はしていなかったのですが……

姉「これめっちゃ便利だね!」

 
と何やら高評価な様子。予想だにしなかった展開にすかさず

ちゃんく「でも、文字書くくらいだったら入力した方が早くない?」
と聞くと、

姉「えっ、だって入力してるの英語だよ?」

なんと姉が入力していたのは、日本語ではなくアルファベットだったのです。

しかも姉が入力するスピードは超高速。スマホ歴5年の僕が普通に入力する以上の速さを見せつけ、「玄人に勝った!」と、姉は非常にご満悦な様子でした。

姉のレビュー

『mazec』
■点数:85点
■入力しやすさ:★★★★☆
■入力法の覚えやすさ:★★★★★
■おすすめポイント
メインじゃ使おうとは思わないけど、サブとしてなら! 特にアルファベットを入力する時はオススメです!

mazec - 手書き日本語入力ソフト

MetaMoJi Corporation

最初のレビューを書こう!

iOS:1,100円Android:980円

App Storeを見る
Google Playを見る

■第1位 デザインも入力しやすさも太鼓判。姉でもフリックができた『ATOK』

そして栄えある(?)姉が選ぶベストキーボードアプリに輝いたのが、キーボードアプリの代表格『ATOK』!

『ATOK』ではガラケーのような入力方式もあるのですが、「変わり種キーボード」と言うことで、姉には「フラワータッチ入力」にチャレンジしてもらうことに。

花形に開くキーボード上で指を滑らせるだけで、濁音や小文字入力まで可能にする「フラワータッチ入力」を姉は使いこなすことができるでしょうか。

早速、この入力方法の説明を姉にしようとすると、

姉「なにこれ!? めっちゃカワイイ!?」

 
と、他のキーボードアプリにはなかった花形のキーボードにすっかりご機嫌な様子。しかも、

姉「(ポチポチ)」

 
ちゃんく「あの姉が、スムーズに入力できてる!?」

と、スマホ初心者とは思えない手つきでフリック入力を行っているではありませんか!?

どうやら姉がフリック入力を苦手としていたのは、「どの方向にフリックしたらよいのか覚えていない」のが原因だった様子。

姉曰く「このお花形のキーボードなら、指に文字が隠れることがないから、スムーズに入力できた!」とのことでした。

姉「これめっちゃイイ! 私のスマホにDLしようかな~」

 
ちゃんく「でも、これ有料だよ。」

姉「えっ、いくら?」

ちゃんく「1600円。」

姉「…………。」

姉のレビュー

『ATOK』
■点数:95点
■使いやすさ:★★★★★
■覚えやすさ:★★★★★
■おすすめポイント
ガラケーと同じボタン配置(テンキーのこと)だし、文字が指で隠れることもないし、カワイイし! 値段がちょっと高いけど。

ATOK -日本語入力キーボード

JUSTSYSTEMS CORPORATION

3.98

iOS:1,720円Android:1720円

App Storeを見る
Google Playを見る

姉「慣れないとどれも使いやすくないよね(笑)」

最後に姉は「慣れないとどれも使いづらいよね(笑)」と、超当たり前のことをこぼしていました。やはりフリック入力に慣れていない姉でも、個性的な入力方法のキーボードをいきなり受け入れるのは難しかったようです。

とりあえず今回紹介した5つのアプリは、僕の姉が皆さんの代わりに「使いやすさ」を確かめてくれたので、気になったキーボードがあればまずは、試しに使ってみるところから始めてはいかがでしょうか。