三十路越えると、異性の年齡なんて気にならなくなってきます。気にする余裕もないよ!

「大田君はさ、年上と年下、どっちが好き?」

もうどっちでもいい……。

というより、誰でもいい。

あえて言わせてもらえるのなら、

ある程度常識のある人で、前向きで料理ができていつもニコニコ笑ってて、ぽっちゃりの二歩手前なスタイルで、僕の下らない冗談をいつも微笑みながら聞いてくれて、ある日急に茶髪を黒く染めて帰ってくるんだけど、それもなかなか似合ってて、機嫌が悪くなってもドーナツ買って帰ると「しょうがないんだから……」と渋々許してくれる素振りを見せながらも喜びを隠しきれてないから、唇の端が微妙に上がってて、僕が疲れてる時にはコーヒを黙って淹れてくれて(何気にバリスタの資格を持っている)、特に疲れてる時なんかはクッキーを添えて出してくれるような見返り美人であればもう誰でもいいから、彼女が欲しい。

こんなに謙虚なのに、なんで僕独り身なんだろ……。本当に不思議です。

・僕をロリコン呼ばわりする元上司との闘い

僕が昔勤めていた会社の上司は、僕の顔を見る度、指を指しながら

「お、ロリコンがいるぞ」

とからかってきました。

「いやいや、僕は同い年だって年上だって行けますよ!」

と強く反論したのですが、上司は聞き入れてくれません。
当時、僕は彼女がいたのですが、その点を指して僕をロリコンだと言いたい様子。

いい加減その精神攻撃がしつこいので、ある日ちょっとキレ気味に反論してみました。

「いい加減にしてくださいよ! 僕はロリコンじゃあない!」

「じゃあお前の彼女、何歳だよ?」

「僕の7つ下です!」

「やっぱりロリコンじゃねーか!!」

本当や……。

いや、違うんですよ、初対面時はもうちょっと歳が近いと勘違いしてたんですよ。

なんですかこの話?
もういいじゃない!

愛に年齡など関係ないのだから……。

※無理矢理。

  • iOS
  • Android

無料

かんたん学歴年度早見表

BAROWS Inc

-

現在、配信が停止されています

無料

かんたん学歴年度早見表

BAROWS

3.24

現在、配信が停止されています

この記事を書いたライター

大田タケル

都内在住のフリーライター。
先日、好きな缶コーヒーが50円で投げ売りされているのを見て、複雑な気持ちになりました。
「安いのは嬉しいけど、お前とはもうすぐお別れなんだろうな……」
とりあえず3個買いました。二口目からはけっこう美味しいんだけどな。あと、太りました。
趣味:写真・ゲーム・ボクシング・喫茶巡り・食べ比べ。