どんな素敵なことでも、相手に伝わらなければ意味がない。コミュニケーションって難しいですね!

こんにちは、大田タケルです。
先日、地元の友人が僕のことを心配して、こんなメッセージを送ってきてくれました!

「大田は東京に友達いるの?」

ふむ。
僕はその返信として、友人にこの画像を送りました。

はい。

これは「僕の友人がポスト」という、なんとも言えないギャグなのですが、これを思いついた時の僕は「こいつぁシュールだぜ!」と、心底ワクワクしていました!

この画像を送ったら、あいつからどんな突っ込みが返ってくるのだろう?
でも、それきり友人から返信はありません。
そう、スベりました。

このケースからもわかるように、人は人に「わかりやすさ」を求めています。

・仕事でのプレゼン

・友人との雑談

・異性への口説き文句

どれもこれも、わかりやすさが大切。
仮に用意したのがひねったネタだとしても、それをわかりやすく伝える技術が必要なのです。

今回の「ポストが友達」というネタに関しては、

・一緒に写っているのが人じゃないのでボケが伝わりにくい。

『ケンタッキーフライドチキン』のカーネルおじさんとツーショットなら、まだわかりやすかった。

・ボケが伝わったとしても、突っ込みにくい。

ボケる側は突っ込み側がテンポよく、
かつ突っ込みやすいボケを用意すべきだと思います。

僕は今回、それをガン無視しました。

そう、今回のポストボケは突っ込みづらい。
僕としては

「無機質だな!」と返して欲しかった

のですが、そんなの相手に伝わる訳がない。

にも関わらず、「シャア専用です」という更なるボケを準備して友人からの突っ込みを待ってました。

誰かに言葉や態度、そしてプレゼントを贈る時は、「わかりやすさ」が大切です。

好きな人には、時に「好き」だと言葉で伝えること。
恩人には敬意を示すこと。
そして、今回に関して言えば、

僕には友達がいない、と素直に認めるということ……。

正確にはいますよ。少しだけど。
いや、ポストじゃなしに。

※『貯金箱管理ツール』。
貯金箱の中身を管理するアプリ。支出がわかりやすい!

オマケ

これくらい(ポストと)仲が良いところを見せつけたら、伝わっていたかな?

※真似しないで下さい。

  • iOS
  • Android

無料

貯金箱管理ツール

TansuG

-
アプリストアを見る

この記事を書いたライター

大田タケル

都内在住のフリーライター。
先日、好きな缶コーヒーが50円で投げ売りされているのを見て、複雑な気持ちになりました。
「安いのは嬉しいけど、お前とはもうすぐお別れなんだろうな……」
とりあえず3個買いました。二口目からはけっこう美味しいんだけどな。あと、太りました。
趣味:写真・ゲーム・ボクシング・喫茶巡り・食べ比べ。