• TOP
  • アプリレビュー
  • 【写真つき】沖縄と東京を行き来して思う、四季の素晴らしさについて。

「東京はソメイヨシノって品種なんだぜ! 観に行こうさー」→断られる。
「沖縄はカンヒザクラといって、珍しい桜だよ。行かない?」→断られる。
失恋の往復ビンタ。

こんにちは、大田タケルです。
画像には映っていませんが、この時、空中で正座してます。
てかジャケットのシワすごくないですか?
僕の二の腕がバネみたいになってる。

いやー、それにしても季節の変化って素晴らしいですよね。
「こいつは突然何を言ってるんだ」と思われたかもしれませんが、
ちょっと聞いてほしい。

僕の故郷は沖縄です。
見てください! 綺麗な海でしょう?

年中暖かく、過ごしやすい……その一般的なイメージは、決して間違いであはありません。
しかしですね、

南国だけに、冬の実感があまりないまま季節が変化するため、

春・夏・秋・春

このサイクルで1年が巡っているのではないか、そう感じてしまうのです。

・沖縄には銀杏がない。

さらに言いますと、当たり前な「季節の風物詩」が沖縄には存在しない場合が多いのです。

写真は銀杏。美しい黄金色。
皆さんは見飽きているかもしれませんが、
僕、この写真撮ってた時泣いていましたからね。
「これが生の銀杏……!」

・沖縄にはソメイヨシノもない。

そのため、東京で桜吹雪を初めてみた時も、
「やべええええ! ホントに雪みたいだよオイ!」
と、僕はひとりで大騒ぎしながらシャッターを切っていました。

沖縄に咲く桜は「カンヒザクラ」。
背が低い桜で、花は丸ごと地面に落下します。
そのため、「桜吹雪」はほとんど見られません。
色は濃いピンク。これはこれで綺麗! 

『くらしのこよみ』。
季節や日々の理を知ることができる、粋なアプリ。

「暦」を知ることで、普段目にする景色がまた違って見えてくる。

季節の変化って、本当に素晴らしいですね!
ただし、住む場所や季節が変わっても僕が独り身なのは変わらない。
ソメイヨシノや銀杏を見る度に、
来年は彼女と一緒に見られるように頑張ろう!

などと内心では決意しているのですが、思うだけで終わってます!

  • iOS
  • Android

無料

くらしのこよみ for iPad

Heibonsha Limited, Publishers

-
アプリストアを見る

無料

くらしのこよみ

株式会社 平凡社

-
アプリストアを見る

この記事を書いたライター

大田タケル

都内在住のフリーライター。
先日、好きな缶コーヒーが50円で投げ売りされているのを見て、複雑な気持ちになりました。
「安いのは嬉しいけど、お前とはもうすぐお別れなんだろうな……」
とりあえず3個買いました。二口目からはけっこう美味しいんだけどな。あと、太りました。
趣味:写真・ゲーム・ボクシング・喫茶巡り・食べ比べ。