• TOP
  • アプリレビュー
  • ブルーライトの影響はただ目が疲れるだけではない!? 「ブルーライト軽減フィルター」を使って目に優しく。

 スマホやパソコンなどの液晶画面の光に多く含まれるブルーライト。最近では、現代人の目の疲れの原因になっていることが広く知られるようになりました。さらにブルーライトには睡眠障害を引き起こす危険があるとも言われています。
 これらを予防するには、夜にスマホを使わないのが一番なのですが、やっぱり、夜は家でゆっくりスマホを使いたい……でも、明日に響くのも嫌なのでしっかりと寝たい……という方も多いはず。
 そんな方は「ブルーライト軽減フィルター」を使って、ブルーライト対策しちゃいましょう。

 スマホやパソコンなどの液晶画面の光に多く含まれるブルーライト。最近では、現代人の目の疲れの原因になっていることが広く知られるようになりました。さらにブルーライトには睡眠障害を引き起こす危険があるとも言われています。
 これらを予防するには、夜にスマホを使わないのが一番なのですが、やっぱり、夜は家でゆっくりスマホを使いたい……でも、明日に響くのも嫌なのでしっかりと寝たい……という方も多いはず。そんな方は「ブルーライト軽減フィルター」を使って、ブルーライト対策しちゃいましょう。

ブルーライトのカット率がわかるので調整が簡単。

 まずは一番上の項目の「ブルーライト軽減フィルター」を有効にしましょう。すると画面に色がつき、目への刺激が少なくなるのが感じられると思います。

左がオフ、右がオンの画面。

 次にすぐ下のツマミをスライドしてお好みの強さに調整しましょう。強くするにつれて、画面の明るさも弱まっていくので、明るい場所では弱めにし、寝る直前は一番強くするなどの工夫をするといいかもしれませんね。

ブルーライトのカット率が大きく表示されているので、細かい調整もしやすくなっています。

 またフィルターの色を変えることができるので、文字が見づらいと感じた時に変更するといいでしょう。

左からイエロー、ブラウン、レッド、ブラック。

ショートカットや自動設定でより快適に

 目は大事にしたいけど、いちいちアプリを起動するのが面倒と思う方もいるでしょう。そんなときは「ステータスバーのショートカット」の項目で「常に表示する」を選択してみてください。そうすると上部にアイコンが表示されるようになり、そこから簡単にフィルターの切り替えが可能になるので、わざわざ画面を切り替える手間が省けます。

上部のステータスバーにショートカットが表示され、タップするだけでオンオフの切り替えができる。ここから設定を変更することも可能だ。

 またオプションから、電源を入れたときに自動でフィルターを有効にする事もできるので、常にブルーライトを気にする方は設定しておくといいでしょう。

電源を付けると自動的にフィルターがかかるので、色々と面倒に感じる方にオススメ。

必要最低限の機能にとどまっていてとにかく扱いやすい

 何よりも調整が簡単で、ステータスバーからの切り替えや、自動的にオンにする事もできるので、非常にストレスフリーな仕上がりとなっています。またスマホだけでブルーライト対策ができるので、PC用メガネによくありがちな、そのまま寝てしまってフレームが曲がってしまうという心配もありません。
 このアプリで疲れ目や夜の睡眠のために、しっかりとブルーライト対策してみてはいかがでしょうか。

  • iOS
  • Android

無料

ブルーライト軽減フィルター ~ ブルーライトはアプリで対策!

Hardy-infinity

3.12
アプリストアを見る

この記事を書いたライター

アビス田村

ゲームをこよなく愛するヘビーゲーマー。
ゲーム分とカフェインを定期的に摂取しないと、元気がなくなります。
最近の趣味は世界旅行(FF14)