• TOP
  • アプリレビュー
  • 自称"クレイジーなほど直感的"な『Any.Do To Do』が本当に直感的なのか試してみた

手帳がいらなくなるかもしれない。
実際にスマホのアプリを活用することによって手帳を開く機会が激減した社会人は少なくないと思う。『Any.Do To Do』もまた手帳と縁が遠くなりそうなアプリのひとつだ。スマホならではの通知機能が果たす役割は大きい。使いやすく便利で、オマケにカッコいいのだ。

触って楽しくカッコいい! 予定の管理・通知とスマホに入れておきたいレギュラーアプリ候補。

難しく考える必要なし! 大まかな日程別に予定を入力できる。

まずは予定を入力していく。

おおまかに分けて

フォルダは「プライベート」と「仕事」がデフォルトで設定されている。新規フォルダの追加も可能。

スケジュールについては
・今日
・明日
・近日中
・いつか

とカテゴリが分かれているので、まずは把握している分を入力してみた。

とりあえず、これだけの用事がある。ここから自分なりの使い方に合わせて、機能を使いどんどん反映していく。

メモ機能を活用してタスクを見やすくしよう。

尚、タスクにはメモを付け足しておくことができる。「買い物」タスクのメモには買うべきものを具体的に羅列しておいた。
仕事の場合であれば「会議」というタスクに対して開始時間、参加メンバーなどの詳細はメモに残しておける。

通知機能、共有設定を活用し漏れを防ぐ

例えば知人の都合に合わせて電話をかける際など、日付はもちろん時間まで指定して通知をかけておくことが可能。
さらに友人や家族と予定を共有することも可能だ。アプリが通知してくれるので、その日になって連絡を取り合わずとも、少なくともタスクで設定した用事を忘れてしまう事態は避けられるからだ。
ちなみに、当日残っている用事は通知バーに表示される。

スワイプ・シェイクによる直感操作が可能。

矢印の方向にスワイプすることで、済ませた要件に打ち消線が入る。

済ませたタスクについてはスワイプすると、画像のように打ち消し線が入った状態となる。ここからさらにシェイクすることで用済みの案件を削除可能。
この流れが見た目、操作性ともにスタイリッシュで操作していて楽しい。予定を消化していく達成感がこのアプリのおかげで、より一層大きく感じられるようになった。

著者の場合、ある程度使ってみた結果、消化したタスクは消去せず残しておくことにした。この状態なら画像のように、矢印方向へスワイプすることでタスクが復活し、メモ内容まで再度確認できる。買い物の記録は後でまとめて家計簿用として、仕事用の予定は今後の活動の効率化の参考として役に立つからだ。

恐らく、過去のことなど気にしない! というタイプであれば用済みのタスクはどんどん消去して見た目がスッキリした画面になるはずだ。使う人の性格が見た目に反映される、面白いアプリといえる。著者のように雑多な画面であっても先述した通知設定を活用すれば予定の消化漏れは防げるはず。

どんな手帳を買うか迷うのなら、とりあえず無料の『Any.Do To Do』を試す価値はある。

  • iOS
  • Android

無料

Any.do: To-doリスト&カレンダー

Any.DO

3.20
アプリストアを見る

無料

Any.do:✅タスクリスト、📅カレンダー、🔔リマインダー、📝プランナー

Any.do

3.19
アプリストアを見る

この記事を書いたライター

大田タケル

都内在住のフリーライター。
先日、好きな缶コーヒーが50円で投げ売りされているのを見て、複雑な気持ちになりました。
「安いのは嬉しいけど、お前とはもうすぐお別れなんだろうな……」
とりあえず3個買いました。二口目からはけっこう美味しいんだけどな。あと、太りました。
趣味:写真・ゲーム・ボクシング・喫茶巡り・食べ比べ。