• TOP
  • ゲーム
  • これぞ才能の無駄遣い 『Q craft』の傑作問題3選+α

実況や生配信との相性抜群。ここ数年は『Minecraft』や『スーパーマリオメーカー』など
クラフト系のゲームが大ヒットしていますね。
そして、このたび、大ヒット脳トレパズル『Q』の派生アプリ、『Q Craft』が配信されました。自分で問題を作って投稿できるんです!

『Q』は、線を描いてボールを壁に当てたり、コップから出したりといった問題に挑戦する脳トレ系ゲーム。人によって解き方が異なる自由度の高さが人気を博しています。

そしてこの度、誰でも『Q』の問題を作れるアプリ、『Q craft』が登場したという次第です。
豊富な収録パーツを使って、ユニークな問題を作れますよ。

配信からプレイヤーの数が順調に増え続け、今なお分刻みで新しい問題が投稿されている本作。中には、思わず拍手喝采を贈りたくなる傑作も。

そこで今回は、『Q craft』で作られた傑作問題を3作品、そしてAppliv編集部渾身(?)の一作をご紹介しましょう。

■必要なのは閃きか、それとも運か? 難易度「人類への挑戦状」

『Q』と言えば、開発者でもクリアできない問題を平気で配信するフリーダムさ。「人類への挑戦状」とも称されるそれは、多くのプレイヤーに絶望を与えました。
しかし『Q craft』では、プレイヤー自身がそんな理不尽問題を作れるのです。

そんなわけで挑戦したのがこの問題。
ハイ、無理ゲーです。グラスのようなパーツからボールを出すのですが、クリアできません。グラスを倒す事はできるのですが……。この問題、本当に解けるのでしょうか……。

しかし、作者が一度クリアしないと投稿はできない仕様のため、必ず突破口はあるはず。この問題への挑戦は続けていきたいと思います。

▲この問題の詳細はこちら。

■物理法則が生み出す”芸術”。全自動装置

『Q』には物理演算が用いられ、重力や慣性などの物理法則がリアルに再現しています。ドミノ倒しを作ったり、歯車や坂を上手く使って、ボールの動きを制御すれば、プレイヤーは何もしなくてもいい「全自動装置」を作ることもできるのです。

パーツの配置や重さを絶妙に調整すれば、この通り。見た目はまさに教育番組のあの装置。物理法則に従って動くボールやドミノが小気味良いですね。終わったら例のメロディを口ずさみたくなりますよ。

▲この問題の詳細はこちら。

■元が脳トレ系ゲームというのを忘れちゃう!? ピンボール系問題

『Q craft』で作れるのは脳トレ系パズルだけではありません。創造力次第でなんでも作れるのが魅力です。

なんとこの問題はピンボール風。バネで弾く代わりに、ハンマーを描いてシーソーの要領でボールを飛ばすという発想はお見事。
各種ギミックも良くできており、本物のピンボールと遜色ない出来です。これを作るのにどれだけ時間が掛かったのでしょうか……圧巻です。

▲この問題の詳細はこちら。

Applivでも問題を作ってみた

様々な問題で遊んでいたら、創作意欲をかき立てられてきますね。というわけで、Applivでも作ってみました。それがこちら。

先ほどのパチンコゲームを参考に、簡単なコリントゲームを作ってみました。Applivロゴは、パーツを組み合わせて作ったお手製です。

ちなみに、初めは全自動装置を作る予定だったのですが、想像以上の難易度の高さに挫折……。いずれは作ってみたいですね。

ちなみに、この問題は記事制作時点では公開申請中。もし無事に審査が通り、見かけた時は、よろしければ遊んでみてください。

■これからも傑作が作られる可能性大! 今後の動向に注目

作っていると、「あーしたい、こーしたい」とアイディアが湧いてくるのが楽しかったですね。
まだまだ改善の余地があるので、次はもっと大掛かりな問題を用意したいです。そしていつか全自動装置を……。

今後もユーザーの趣向を凝らした傑作問題が追加される事が予想される『Q』。このビッグウェーブに乗るなら、まさに今ですよ!
とりあえず、誰か『スーパーマリオメーカー』で話題になった、計算機を作ってみてください。(無茶振り)

Q craft

liica,Inc.

4.06

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る