• TOP
  • ゲーム攻略
  • 【第8章 狐狩り(裏)】骸骨兵の増加を食い止めつつ前へ

敵の魔法使いタイプが骸骨兵を召還するので、見た目以上にタフなミッションです。クリア後にはアマゾネスのエステルが仲間に加わりますので、隊の戦闘力は大幅にアップすること間違いなしですよ。

A X01 Y15
B X16 Y12
C X04 Y01
D X06 Y10
E X07 Y15
F X12 Y12

[戦闘の流れ]味方との間合いに注意しつつエステルと対決

登場する敵は9人の解放軍兵士とエステル、そして骸骨兵たちです。骸骨兵はそれほど脅威を感じる敵ではありませんが、魔法使いタイプの解放軍兵士が骸骨兵を召還するため時間と共に数が増えていきます。骸骨兵の召還にMPを大量に消費するのか、際限なく召還するわけではなさそうですが、やはり数が増えるとやっかいです。遠距離攻撃を上手く活用しながら、できるだけ早めに魔法使いタイプの解放軍兵士を排除していきましょう。

砦の最上段にいるエステルは開始位置からほぼ動きませんので、最後に対決することになるはずです。しかし最上段は一本道になっているため攻撃を集中させるのが難しくなっています。最前列に盾を装備したキャラクターを立てて受けたダメージを回復しつつ、遠距離攻撃で削っていくといいでしょう。エステルは槍で攻撃するため攻撃範囲が広くなっています。後続のキャラクターが巻き添えでダメージを受けないように、最前列からちょっと間合いをとっておきましょう。

▲召還術で骸骨兵を召還します。できるだけ早めに片付けて骸骨兵の増加を阻止しましょう。

▲エステルの烈火斬は攻撃範囲3なので、3人並んでしまうとまともに食らってしまいます。遠距離攻撃が可能なら間合いを少し開ける方がいいですね。

[財宝の回収]ゲートトラベルで「戦神の首飾り」をゲット!

宝箱や隠し財宝は戦闘の合間に回収できる物がほとんど。これらは素早く移動できるセレストに回収させれば効率よく回収できます。ただし問題なのはEの隠し財宝。段差が5ありますので、特殊な装備でジャンプ力を3以上にしているかゲートトラベルを利用しないと回収できません。この隠し財宝を獲得するため、ジャンプ力強化の装備を持っていない場合は一時的にでもイヴォンをセージに転職させて、ゲートトラベルを獲得しておくと便利です。手に入る「戦神の首飾り」は近接戦闘能力がアップしますので是非とも入手しておきましょう。

▲周辺のマスからは段差がきつすぎてゲートトラベルでも届きませんが、階段まで進めば一気に飛び移れます。降りる際もゲートトラベル必須ですのでMPはたっぷり溜めておきましょう。

[次章への準備]攻守で活躍するエステルの魅力

クリア後に仲間に加わるエステルは槍での攻撃が得意ですので、攻撃範囲が広く戦いやすいキャラクターです。基本職のアマゾネスで薬草学を持っているためHP回復と同時に状態異常も回復できます。また中級職でランサーを選べば槍を使った物理攻撃と回避能力を強化、バーバリアンを選べば炎属性の烈火斬のほか鼓舞でMPの回復速度も上げられます。

入手した戦神の首飾りは通常攻撃が強化されるだけでなく反撃時のダメージもアップされます。そのため敵の攻撃に晒されやすい盾持ちのキャラクターに持たせるのが効果的でしょう。回避能力も上がりますので、両手剣持ちのキャラクターに装備させるのもありです。

▲薬草学で回復をサポートしつつ攻撃参加できる便利キャラ。攻撃範囲も広く扱いやすいのでオススメです。

▲攻撃力がアップするだけでなく回避能力も20アップ。敵の攻撃にさらされやすいキャラクターに装備させて戦闘力を強化しましょう。

フリーバトル 隠れ家洞窟

表ルートを進んだ場合と裏ルートで進んだ場合でフリーバトルに変化はありません。そのため【第7章 狐狩り(正面)】で紹介したように、マジッククラフトの攻撃範囲に注意しながら鉄ゴーレムとマジッククラフトを撃破していきます。注意したいのは槍で攻撃するエステル。槍での攻撃も直線上にしかできませんので、マジッククラフトの攻撃範囲と一致してしまいます。そのためマジッククラフトを撃破する際にはダメージを受けやすく、使いどころが限られます。6人までしかキャラクターを投入できませんので、ここでエステルを外すという選択肢もあるでしょう。

▲エステルの攻撃範囲はマジッククラフトとまるかぶり。確実に仕留められる状態で攻撃しないと反撃を受けてしまいます。

  • iOS
  • Android

¥120

マーセナリーズサーガ3

RideonJapan,Inc.

3.63
アプリストアを見る

無料

マーセナリーズサーガ3

RideonJapan,Inc.

3.83
アプリストアを見る

この記事を書いたライター

アンクル

ゲーム誌での連載や攻略本の制作だけでなく、ゲームの制作にも携わった経験があるゲームライター。また海外のトップ・クランに所属し、ゲームライターとしてではなく一般ゲーマーとしてトーナメント大会出場などの経験もある