2016年6月23日、クラウドサービスの『Dropbox』が実用的なアップデートを行いました。書類スキャン機能が追加され、資料をデジタルで保管しやすくなったようです。

Applivでは早速、新機能の使い勝手を試してみました! 果たして問題無く使えるでしょうか?

使い方

まずは、スキャンのやり方を見ていきましょう。

メニュー中央の「+」ボタンをタップすると、「ドキュメントをスキャン」という項目が新しく追加されているのでタップします。

ためしに、Applivが出版した書籍の表紙をスキャンしてみました。
スマホのカメラを向けると自動的に枠が表示。撮影したら1~2秒で加工してくれます。スキャナで取り込んだような、きれいな見栄えになっていますね。

雑誌を開いて撮影してみると、このような感じに。さすがに歪みが大きすぎると、補正しきれないようですね。また、カラー部分もモノクロに変換されるようです。

ふせんやホワイトボードもスキャンしてみました。暗い場所で撮影しても、きれいにデジタル化されています。

もしうまくスキャンできなくても、手動で直せる

白いテーブルに白いふせんを置いて撮影してみると、テーブルとふせんの境界線がうまく認識されませんでした。

そんな時は、手動で枠を調整すればきれいに直せます。

ファイル形式はPDFかPNGで保存

スキャンできたら、ファイル名をつけ、PDFかPNG形式かを選び、好きな場所に保存します。

今後はOCR(文字読み取り)にも期待

今回のアップデートでは、スキャンした書類の文字を読み取るOCR機能も追加されたと発表がありました。ただ、編集部でテストした限りではうまく読み取れませんでした。
このレビューをしているのはアップデート初日なので、しばらく待てば機能するようになっているかもしれません。

OCRがしっかり働くようになると、ファイル名でなく書類の文章まで検索できるため、大量の書類からお目当てのファイルを一発で引き出せるでしょう。

今すぐには使わないけど、後々見返すために取っておきたいアイデアメモ。普段はいらないけど、たまに必要になる説明書や契約書。そんな書類をスキャンしておくと便利そうです。

Dropboxの容量を有効活用しながら、さまざまな書類をデジタルで記録してみてはいかがでしょうか。

Dropbox

Dropbox

3.58

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る