人工知能ってどんどん進化してますよね。人工知能が囲碁のプロ棋士に勝ったり、小説を作りだしたりと、何でもやってのけます。

最近では、何と大喜利もできてしまうらしいのです。

なんてこった。毎週大喜利の腕を鍛えている自分からすると、聞き捨てならない話ですねぇ。

ちなみに、大喜利ができる人工知能はTwitterをしていて、お題や写真を送ると、ボケを返してくれます。まぁ、たかが人工知能だし、そこまで面白くは無いでしょ……

出典:https://twitter.com/ogiribeta

まじか! 意外とボケがちゃんとしてるだと……!?

やばい! このままでは、人工知能に大喜利の腕を追い抜かれてしまう……。今週も大喜利を頑張っていきたいと思います!

今回は、『東大生のボケて奮闘記』の第五回目です。この連載では、東大生ライターのもすが笑われる人間から笑わせる人間になるために、大喜利サイト「ボケて」で★3000を取れるまで奮闘する姿を描きます。

過去の記事はこちらです。
一回目: 東大生のボケて奮闘記 ~笑われる人生はもう嫌だ~
二回目: 僕のボケは梅雨入りしてません!
三回目: IPPONグランプリに触発されてまーす
四回目: 速報です。本格的にボケが梅雨入りしました

ライター紹介

ペンネーム: もす
職業: ライター
人工知能が大喜利できたら、自分は用無しなのではないかと、夜も眠れない日々を送っている。

今週は12個のボケを作ったので、その中から自分が面白いと思ったボケをベスト5で紹介していきます。温かい目でご覧くださいー。

第5位

ただでさえ暗い雰囲気が、無口になることでさらに暗くなります。真ん中の子だけ、ほがらかな顔なのが、ちょっぴり怖いですね……。

第4位

のど自慢大会で緊張してしまったのでしょうか? ちなみに、歌っているのは「そして輝く……ウルトラソウル!!」です。

第3位

個人的に大好きなのは、こちらのボケ。健康に良いのか悪いのかよく分かりません……。

第2位

第4位と同じく、第2位も漫画のワンシーンでボケてみました。犯罪を犯罪と思わない表情がクレイジーです。

第1位

第1位はこちらです。妊娠したってことを、全身で表現しています。これぞボディーランゲージ。

総評

最近は★10個以上がよく出ていましたが、今回は10個を超えることはできませんでした……。人工知能は進化しているのに、僕のボケは進化していないなぁ。

★が付きやすいとされている「動物のお題」ですが、最後のボケは分かりづらいのか微妙な結果となりました。そこで、来週は「動物のお題」に絞って、ボケる特訓をしてみたいと思います!

■今週のリスペクトボケ

前回までApplivからお題を出してましたが、あまりにも投稿が少なかったのでお蔵入りになりました。もし復活を願う声があれば、復活するかも……?

ひたすらボケを量産するだけでは、大喜利の腕が上がりません。やっぱり、他のボケも参考にしないといけませんよね……。
そこで今回からは、「どうしてこんな発想ができるんだろ?」と自分がリスペクトしたボケの中から、ここ一週間でナンバー1だったものを発表していきます。

今週、もすのツボにはまったボケは、こちらです!

画像のインパクトも凄いのですが、これを一言のセリフで表しているのが凄いですよね。「なぁ~」っていう語尾が、画像の雰囲気とピッタリ合ってます。それにしても、ケンタウロスが手足6本なのに、片割れの生物が2本って差が酷すぎるでしょ!

では、また来週~!

写真で一言ボケて(bokete)-面白ネタを作る大喜利アプリ

Roadie,inc.

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る