• TOP
  • ゲーム
  • 【Q craft】最強!最高!これで最後!Applivからの挑戦状【The Final】

皆さん、『Q craft』で問題作ってますか? それとも、問題を解く方を楽しんでますか。
どうも、Applivです。突然ですが、およそ一ヶ月に渡り続いた『Q craft』特集は、今回で最終回となります。残念です……。いえ、悲しんではいられません。最後だからこそ明るくやっていきましょう!

前回作った問題の、おさらいと解答

問題作りの前に、前回のおさらいをしていきましょう。
前回は、「正解率5%」を目標に、下の問題を二つ作ってみました。

前回の記事はこちら。
【Q craft】 続・Applivからの挑戦状。さらに1週間考えぬいた最強の『Q』

問題その1

これはApplivのロゴを立たせる問題。重さのあるロゴをどうやって立たせるかがキモでした。

おまけで作った問題

一方、こちらはおまけで作った問題。でっかいApplivロゴをどうやって下に運ぶのか、という問題です。

この二つの問題の解答は、こちらです。

問題その1 解答

まずはロゴを立たせる方。てこの原理を利用して、一気に立たせるというのが正解だったんですね。
GIFのように、一発で決まると気持ちいいですよ。

おまけ問題 解答

続いておまけ問題。ロゴがステージから退場しない程度に、上手く画面外を使って回転させるのが正解でした。

■気になる正解率は……

では、肝心の正解率がどうなったのか、見てみましょう。

問題その1の正解率

おまけ問題の正解率

両方とも正解率0%! やった、目標達成です。えっ、なんで拡大画像を載せてるかって?
いやいやいや、これにはふかーいわけが……。あ、やめて、それは見せちゃダメー!

Qプレイヤーよ、これがApplivの挑戦状のプレイ数だ!

♪ ラーラーラー ララーラー ことーばに できなーい ♪

……すみません、プレイ数0を記録してしまいました……。プレイされなきゃ正解率がつきようが無いですよねー。やはり凝った仕掛けを作らないとダメなのでしょうか……。

しかし、嘆いてばかりではいられませんっ! この最終回、悔いのないよう、とっておきの問題を作りたいと思います。

Applivの最後の挑戦状、作ってみた

おあつらえ向きに、『Q craft』には「終」というパーツがあります。これを使わない手があるでしょうか、いやない!

せっかくなので、制作・著作のテキストと、いつものApplivロゴを付けて、某放送局風に。

さらにタイトルも入れて、よりそれっぽくしてみました。

さらにさらに、様々なパーツを組み合わせて、まるでお茶の間でテレビを見ているような感じに仕上げてみました。完成です!

あ、デザインに夢中になって、問題にするの忘れてた……。

ということで、最終回=撤収と引っ掛けて、「ステージにあるパーツを全て外に出す」という構想に。ついでにパーツも追加してみました。
パーツが空中に浮き上がるのは、「重力の影響度」が「0」=「無重力状態」になっているためです。

『Q craft』では「パーツをステージから出す」という直接的なクリア条件は設定できません。なので、クリア条件を、「指定のオブジェクト」が「全て」、「指定の範囲」(クリア範囲)を「はなれ続ける」と設定し……。

ステージ全体に「クリア範囲」(赤い背景)を配置します。そうすることで、擬似的に「指定のパーツを全て場外に出す」というクリア条件を作り上げました。

また、パーツをクリア条件の起点にすると、色が変わるという特性を利用して……。

パーツを組み合わせてネコに表情をつけるなど、デザインにもこだわりを入れてみました。

Appliv式 最後の『Q』 完成!

Applivの挑戦状! 最終回

そうして完成した問題がこちらです。今まで作ったパーツと知識を総動員し、Appliv式『Q』の集大成になったかと思います。

立つ鳥跡を濁さず。最終回らしく、問題と共にキレイさっぱり撤収しましょう!

最後の問題は、デザインにこだわった分、難易度は低め。ですので、タグは「人類への挑戦状!」ではなく、「アート」にしました。
「Appliv」で検索すればすぐ見つかるので、気軽に楽しんでくださいね。

■たとえ連載は終わっても、『Q craft』への挑戦は終わらない!

全4回の『Q craft』特集、いかがでしたか? 皆様に楽しい時間をお届けできたのなら幸いです。
連載は今回で終了となりますが、筆者は私的に問題作成を続けてみようと思います。Applivの次回作にご期待ください。
俺達の『Q』は、これからだ!

Q craft

liica,Inc.

4.06

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る