前回の記事で紹介した、大喜利ができる人工知能『大喜利β』。
その人工知能と大喜利勝負ができるアプリがあるらしいと、耳にしました!

『ボっとケ』というアプリで、二枚のワードを組み合わせ、面白い言葉を作りあげる大喜利勝負ができるらしいです。

大喜利の腕を鍛えている身としては、挑戦するしかないですよね~。今回は人工知能と大喜利10番勝負をしてみました! まぁ、もちろん10勝しちゃいますけどね。

過去の記事はこちらです。
一回目: 東大生のボケて奮闘記 ~笑われる人生はもう嫌だ~
二回目: 僕のボケは梅雨入りしてません!
三回目: IPPONグランプリに触発されてまーす
四回目: 速報です。本格的にボケが梅雨入りしました
五回目: 人工知能に大喜利で負けたくないんです!

今回の対戦カード

■試合のルール

大喜利力を勝負するために、今回は『ボっとケ』というアプリを使用しました。
ルールは簡単で、最初にお題となるワードが出てきます。その後、手札として持っているワード1枚を、お題の前後にくっつけて、オモシロワードを完成させましょう。ざっくりいえば、フジテレビで放送されていた『OMOJAN』みたいな内容ですね。

10戦して、より多くのオモシロワードを作った方が勝利です。ちなみに、勝敗は本アプリのジャッジ機能を使います。人工知能がジャッジしてくれるので、情が入らなくて公平です!

人工知能とお笑いバトル『ボっとケ』

Daisuke Takenouchi

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

ラウンド1『ふっくらしてくる』

最初のお題は『ふっくらしてくる』。なかなかクセの強いお題ですね……。ピッタリと合うワードはあるかな?

来たー! 神ワード『山川田くんが』が早速登場しました。

ここはもちろん、『山川田くんが』を前方に持ってきます。いざ、勝負!

僕のワードは『山川田くんがふっくらしてくる』。毎日2cmづつ膨れ上がっているのかな? 対する、人工知能は『踊れふっくらしてくる』。さて、勝敗は……

まずは余裕の一勝ですね。

ラウンド2『押し続けると』

次のお題は『押し続けると』。これも、なかなか骨のあるお題だなぁ。

2回戦目ですが、早速奥の手を使わせていただきます……。

秘技「カードを選び直す」!

良いワードが手札に無いときは、一回だけカードを選び直すことができます。うーん、とりあえず”この”カードを選んでみるか……

人工知能のワードは『笑いよる押し続けると』。笑いのツボ(物理)を押してしまったのか! そして、僕のは『押し続けると逆立った』。これはいい勝負なのではないでしょうか?

まさかの大喜利βの勝利! なんてこった……人工知能に大喜利で負けてしまうなんて。あぁぁ、10勝宣言していた過去の自分が恥ずかしい!

ラウンド3『足元が』

ここからはダイジェストでお届け。

大喜利β「ぼんやり目を足元が」
もす「足元がグラビアアイドル」

皮肉を交えたワードで、もすの勝利!

ラウンド4『花子ちゃん』

大喜利β「花子ちゃん犯罪者だって」
もす「投げるとすれば花子ちゃん」

意味不明さで圧倒した、もすの勝利です。

ラウンド5『マクドナルドで』

大喜利β「マクドナルドで加湿器置くから」
もす「マクドナルドでゴチバトル」

こんな客がいたら迷惑ですねぇ~。大喜利βが一枚上手でした。

ラウンド6『優勝決定戦で』

大喜利β「酢豚パイナップル党優勝決定戦で」
もす「優勝決定戦で女装した」

カミングアウトするタイミングが意表をついているので、もすに軍配が上がりました!

ラウンド7『ムラムラした』

大喜利β「ムラムラした塗ってあるやないか」
もす「ムラムラした瀬古総監督」

もすの勝利! ……ですが、瀬古監督なんかごめんなさい。

ラウンド8『チラ見された』

大喜利β「キャッシュでチラ見された」
もす「蛭子能収さんにチラ見された」

カード払いの時はチラ見されないのでしょうか? この勝負、大喜利βの勝利です。

ラウンド9『フンドシ姿で』

大喜利β「フンドシ姿で振り上げて」
もす「フンドシ姿でラブという」

愛情表現の仕方が気持ち悪いので、もすの勝利です。

ファイナルラウンド『ザオリクお願いします』

さて、いよいよ最後のお題です。

大喜利β「ザオリクお願いします全て割ってみろ」
もす「貧乳すぎるからザオリクおねがいします」

ペチャパイの悲痛な気持ちが伝わってくるので、最後のお題はもすの勝ちです!

■結果発表!

人工知能VS人間の大喜利勝負。結果は……

大喜利βが3勝、もすが7勝で、人類の勝利!

だけど、10勝するつもりだったから、素直に喜べないなぁ……。

総評

大喜利βのボケは意味の通じないものもあったのですが、中には思わず吹き出してしまうボケもありました。今はまだ人工知能の開発段階らしいので、これから更に大喜利力が鍛えられるらしいです。

今回は人間側の勝利でしたが、数年後どうなるかは分かりませんね!

次回はいつも通り、「ボケて」に挑戦しますね。それでは、また来週~。

人工知能とお笑いバトル『ボっとケ』

Daisuke Takenouchi

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る