試合をしっかり観戦するとますますチームが強くなる!

みなさん、自分のチームの試合はしっかり観戦していますか?「試合観戦」は、ただ見ていて楽しいだけではなく、フォーメーションやスキルの確認という意味でもとっても重要です。この記事では「試合観戦」のコツをまとめてお伝えします。

試合をただ眺めるだけだともったいない!

まずは「攻撃回数」をチェック!

試合は、前半5シーン+後半5シーンの合計10シーンを見ることができます。この中で、自分のチームの攻撃シーンが何回あるかを確認しましょう。1シーンにつき、どちらか一方の攻撃しか行われないため、攻撃回数が少ないと得点チャンスも少なくなります。

敵の攻撃シーンばかりだとチャンスが少ないぞ

10回のうち半数以上が敵の攻撃シーンだった場合は、もう少し攻撃的なフォーメーションに変えたほうがいいでしょう。

「攻撃パターン」が機能しているかをチェック!

フォーメーションを決める際、試合中での攻撃パターンをおおまかに想像していることが多いかと思います。その想像どおりの攻撃シーンが生まれているかを、試合観戦しながら確認しましょう。

サイド攻撃主体の想定なら、クロスがちゃんと上がっていればOKだ。

例えば、みなゲーが推奨している「3-4-1-2」の場合、「3-4-1-2」のトップ下MF選手が、FWに対してスルーパスを出せているかを確認してみましょう。

スキルが発動しなかったときの「攻撃失敗」から弱点をチェック!

せっかくの攻撃チャンスでも、残念ながら失敗に終わることも多いかと思います。特に、スキルが発動せずに攻撃が失敗したときに「攻撃成功度」をチェックすることはとっても大事です。

せっかくFWにパスが通ったのに、攻撃成功度が低い場合は、FWの決定力パラメーターが低すぎるのかも。ポイント振り分けを見直してみましょう。

ムムッ。イメージと違う攻撃パターンが多い?→逆に活かせばいいんです!

試合を観戦していると、フォーメーションや狙っていた攻撃パターンとは異なる展開がよく見られます。

例えば、MFからのスルーパスでFWにボールを集めるつもりでチームを作ったのに、なぜかサイド攻撃やコーナーキックが多くなっていた、なんてことも。

そんなときは頭を切り替えて、サイド攻撃やコーナーキックで点を取れるように方針を練り直すのもひとつの方法です。この場合は、FWに「スーパーヘディング」のスキルを持った選手を配置し、コーナーキック用にヘディングの強いDFを配置してみるのもいいですね!

『バーコードフットボーラー』には、各種パラメーターやスキル、敵の強さのバランスなど、無限の楽しい可能性が広がっています。試合を観戦しながら試行錯誤していると、まるで本当の監督になった気分です!

  • iOS
  • Android

無料

サッカーゲーム - BFB 2018

CYBIRD Co., Ltd.

3.22
アプリストアを見る

無料

サッカーゲーム - BFB 2018

CYBIRD

3.30
アプリストアを見る

この記事を書いたライター