最近は身の回りでも、何て読むのか分からない「キラキラネーム」の子どもが多くなりましたよねぇ。リクルーティングスタジオが、「2016年 赤ちゃん名づけ上半期トレンドベスト100」を発表したらしいのですが……どれどれ、人気No.1はどんな名前なのでしょう?

引用:2016年上半期 赤ちゃん名づけトレンド(1~5位)

一位は「心桜」ですか……って読み方が多くないか!?
「こころ」「こはる」「ここあ」「ここな」……。「こころ」に至っては桜を無視しちゃってますからね。

心を入れるのがトレンドっぽいので、自分も作ってみました。

『心春』

小春日和のような温かい心になってほしい、という意味をこめて作りました。読み方は「シンバル」。オーケストラではバイオリン奏者と同じ給料という、良い立ち位置です。

『心』

ストレートに『心』というのも良いかも。ただ、読み方は「こころ」じゃなくて「ハツ」です。新橋のサラリーマンには、好かれそうな名前ですね。

『救心』

みんなの心を救う存在になれる名前です。おじいちゃんおばあちゃんの人気者になれますよ。

冗談で赤ちゃんの名前を考えてみましたが、本当にいてもおかしくはないですね。さて、今週の大喜利ですが、赤ちゃんボケに絞ってみました。はりきって行ってみよう!

今回は『東大生のボケて奮闘記』の第7回目です。この連載では、東大生ライターのもすが笑われる人間から笑わせる人間になるために、大喜利サイト「ボケて」で★3000を取れるまで奮闘する姿を描きます。

今までのボケ星数

前回ではスランプを脱して、261個の★を獲得しました。今回はどうなったのでしょうか?

ライター紹介

ペンネーム: もす
職業: ライター
古風な名前はシワシワネームと言うらしいけど、自分の本名も古臭いって言われるのかなぁ。ちょっぴりセンチになってます。

今週は14個のボケを量産してみました、その中から自分が面白いと思ったベスト5を発表していきますね。

赤ちゃんボケに絞ろうと思ったのですが、あまりにお題が少ないので「子ども」もアリにしました。そのくらいは大目に見てね。

第5位

これもある意味、キラキラネームですよね。まぁ、絶対に名づけたくはないですけど……。

第4位

坊主にするのって躊躇してしまいますよね。せめて後ろ髪だけは、残しておきたかったのでしょうか?

第3位

某塾のCMで出てきた「やる気スイッチ」。インパクトが大きい言葉なので、色んなボケに使いやすいですね。

第2位

こんな友達がいたら嫌だなぁ。勢いだけでボケてみましたが、あまり★が付きませんでした。

第1位

見た目はほっこりとしたイラストですが、大変なことになってますね。全然「しつけ絵本」じゃないような気が……。

総評

人気のボケを見ていて思ったのですが、「ギャップ」があるボケは★が付きやすいような気がしますね。

動物ネタだと、人間っぽいセリフ。赤ちゃんネタだと、大人っぽい発言。このように、絶対に言いそうにないギャップのあるセリフを言わせると、いい結果が生まれそうです。今回の中では、第2位の「こいつらは人質だ。」はギャップがよく出てたと思います。

次回は、「外国人」のお題に限定してボケていきます!

今週のリスペクトボケ!

「ボケて」で他の人の大喜利を見ていると、参考になりそうなボケがたくさんあります。その中から、リスペクトしてしまうような傑作ボケを紹介。

今回、紹介したいボケはこちら。

「つみき」で遊ぶことを、「創造と破壊」という言葉で説明する発想がすごい! 幼児のイラストなのに、「創造」や「破壊」といったギャップのある言葉が笑いを誘います。また、この幼児のクレイジーな眼差しが、ボケとぴったり合ってますよね。

1万を超えるボケには、しっかりとした理由があるみたいです。それでは、また来週~。

過去の記事はこちらです。

一回目: 東大生のボケて奮闘記 ~笑われる人生はもう嫌だ~
二回目: 僕のボケは梅雨入りしてません!
三回目: IPPONグランプリに触発されてまーす
四回目: 速報です。本格的にボケが梅雨入りしました
五回目: 人工知能に大喜利で負けたくないんです!
番外編: 人工知能「大喜利β」との10番勝負
六回目: 今回は動物ネタでボケルンジャー!

写真で一言ボケて(bokete)-面白ネタを作る大喜利アプリ

Roadie,inc.

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る