• TOP
  • 写真・動画
  • 写真をアートに変える魔法のカメラ。『Prisma』のシーン別おすすめフィルター

最近話題になっている『Prisma』というカメラアプリをご存知でしょうか?

様々なカメラアプリがリリースされている中、なぜこのアプリが注目を集めたのか。その理由は、「有名アーティストの作品のように加工できるフィルター」にあります。

ピカソやゴッホといった画家風、ロイ・リキテンスタイン、ピエト・モンドリアンのようなポップアート風、はたまた葛飾北斎を彷彿させる浮世絵風など、フィルターのバリエーションはとても多彩。
写真をあっというまにアートへと変えることができます。

Prismaの使い方

使い方はかんたん。Instagramなどで写真にフィルターをかける、あの感覚とまったく同じです。

まず写真を撮影、もしくはカメラロールから写真を選択しましょう。

あとは、写真の下にあるフィルターを選ぶだけでOK。
好きなデザインを選択して数秒待つと……

このように、ガラリと大変身! もとの写真とはまったく違う印象の一枚になりました。
フィルターの種類は36種類。どれも今まで出会ったことのないような仕上がりになるので、つい色々と試したくなってきます。

ちなみに、写真の上を左右にスワイプするとフィルターの強さを0~100%まで調整可能です。
使い方に慣れてきたら、コチラにもチャレンジしてみてください。

▲フィルダーの強度を変えた場合の一例。

Prisma 写真編集者

Prisma labs, inc.

4.42

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

シーン別おすすめフィルター

どの加工もスタイリッシュでおしゃれなのですが、36種類もあるとどれを使おうか迷ってしまう方もいるのではないでしょうか。

そこで筆者の個人的オススメフィルターを、シーン別にご紹介いたします!

■ポートレート編。人物の印象を変えずに、テイストだけをチェンジ

まずは人物を収めた、ポートレートを加工するケースです。

今回はこちらの写真を加工してみましょう。
イチオシのフィルター「Tears」をかけると、こうなります。

細めの線で繊細なタッチが特徴です。少しコミック風になりながらも、本人の雰囲気を邪魔していません。

もう少し強めに変身させたいという場合は、「Gothic」もオススメです。

まるで厚塗りの人物画のような雰囲気に。ここまでくると、初めてこれを見た人は写真と気づかなそうです。

SNSであまり顔を出したくないという方は、アイコン用にこういった加工をするのもいいかもしれませんね。

■ペット編。可愛さを活かしてポップなアートに

お次はペットの写真を加工するケースです。今回はポップアートへと変身させてみましょう。

オススメフィルターは「Conposition」。

この愛らしいワンちゃんが……

こうなります!

見た目が可愛い動物たちは、カラフルでポップなフィルターがピッタリ。他にも「Paper art」、「Candy」なんかもオススメです。

■風景編。見たことのない、まったく違う世界へ行ってみよう

最後は、風景の写真を加工するケースです。

こちらの写真を例に、フィルターをかけていきましょう。
まずはロイ・リキテンスタイン風の「Roy」を使ってみます。

いかがでしょうか。カラーリングも一変して、まったく違う世界になってしまいました。全体的に使われている黄色が、”ロイ風”を醸し出しています。

次はカラフルなゴチャゴチャ感が特徴の「Ice Cream」を使ってみましょう。

また雰囲気が変わり、こちらはまるで絵本のような世界観です。

そして、最後にご紹介するのは「Urban」。

打って変わって、今度はハードでクールな雰囲気に。

このように、風景写真の場合はフィルターによってガラリと世界が変わります。見慣れた景色も、スタイリッシュなアートへと変貌するかもしれません。

カメラ片手に、誰もがアーティストになれる!

いろいろな加工を試していると、その変わりっぷりが楽しくて時間を忘れてハマってしまいます。
7月頭にリリースされたばかりにもかかわらず、すでに何十万にもユーザーに利用されているPrisma。人気が出るのも頷けます。

創作意欲を刺激されるクリエイティブさを、ぜひ感じてみてください。

こちらの記事もおすすめ

なぜ東京、ロンドンよりもブダペスト? 『Analog Budapest』人気の秘密は……

流行りの画像・動画加工テク&アプリまとめ

Prisma 写真編集者

Prisma labs, inc.

4.42

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る