• TOP
  • アプリレビュー
  • 芸術史に残る名作を全て網羅! アート好きを唸らせる『Arts & Culture』の魅力

Googleから、世界の芸術作品を詰め込んだ『Arts & Culture』という鑑賞アプリがリリースされたのをご存知でしょうか? 絵画、彫刻、建築物など、ありとあらゆる芸術作品を鑑賞できる、芸術好きにはたまらないアプリなのです。

そこで今回は、そんな芸術好きな皆さんを唸らせる『Arts & Culture』の”4つの魅力”をお伝えします!

観に行けなかった展示会にも行った気になれる

一人の画家やアーティストに興味を持っても、その人の展示会が近所で開催されているとは限りませんよね。展示会の場所が遠すぎて、泣く泣く諦めてしまうこともあるでしょう……。

しかしこのアプリには、有名なものからマイナーなものまで、数多くの芸術作品が収録されています。展示会まで観に行けなかった芸術家の作品も、自宅でゆっくり鑑賞することができます。

▲気になる画家の名前や、好きな芸術家の名前などで検索して、彼らの個別ページヘ飛びます。

▲個別ページにはその芸術家の作品がたくさん。ちなみに、かの有名な「ゴッホ」の場合、211点もの作品が収録されています。

▲作品をスクロールして、気になった作品をタップして鑑賞できます。

好きな芸術家の関連作品から、まだ見ぬ好きな作品を見つけられる

前述した芸術家の個別ページや作品ページの下には、芸術運動や技法など、”その芸術家や作品に関連するページ”へのリンクが貼られています。

▲例えばゴッホのページの場合、「印象派」や「写実主義」、「油絵」などといったゴッホに関連するページヘのリンクが。

つまり、ゴッホの技法が気に入った人は、その技法を使った作品のページへ。印象派の作品が好きな人は、印象派の作品ページヘ飛べば、自分好みの新しい作品に出会えるというわけです。

自分の好きなジャンルから探して、自分の守備範囲を無理なく広げていく事ができますよ。

作品の写真が高画質だから、細部までじっくり作品を観賞できる

このアプリには沢山の作品の画像が収録されていますが、その一枚一枚の画質も相当綺麗なんです。
では、いかに作品の画像が高画質であるか、ゴッホの自画像をズームして見ていきましょう。

▲ゴッホの自画像。全体表示だとこんな感じ。

▲どんどん拡大していきますが、画像は全くぼやけません。

そして100%まで拡大すると……

▲ご覧の通り。目の黒い丸まで鮮明に写しだされ、油絵の立体感も感じることできます。

全体表示ではあんなに小さかったゴッホの”目”も、最大まで拡大するとこのように。作品の細部までじっくり鑑賞することができます。

海外の美術館や、歴史的な建築物のある場所に行った気になれる

Googleのストリートビューに近い機能も搭載。海外のオシャレな美術館や歴史的建造物をVRで覗いて、まるでそこにいるかのような疑似体験も可能です。

▲スイスの美術館の中に行ったり……

▲マチュピチュに行ったり。自宅にいながら、世界の色んな建築物に触れられます。

お金や時間がなくても、海外の美術館の中を覗いたり、歴史的にも芸術的にも価値が高い建築物を覗いたりできます。前々から行ってみたい、見てみたいと思っていた場所を覗いてみると、中々楽しいですよ。

実物には敵わないが、美術館に行けない時の”代わり”にはなる

いかがだったでしょうか?
さすがに「これでもう美術館に実物を見に行く必要なし!」などとは言いません。実物には実物の良さがありますからね。

ですが、芸術作品に触れたいけど美術館などに行けない時の”代わり”にはなりそうです。

忙しくて休みが取れない時、行きたい展示会が遠方だった時など、このアプリで芸術鑑賞欲を満たしてはいかがでしょうか。

  • iOS
  • Android

無料

Google Arts & Culture

Google, Inc.

4.15
アプリストアを見る

無料

Google Arts & Culture

Google LLC

4.25
アプリストアを見る

この記事を書いたライター

あつし

Applivのライターをやってます。本業は俳優・ナレーターです。
好きなものはビールで、嫌いなものは発泡酒。と、あとセロリ。