• TOP
  • Google
  • Siriのライバル『Google Allo』リリース。AIの賢さを比較してみた

日本では、メッセンジャーアプリとしてLINEがよく使われていますね。FacebookやSnapchatを併用している方も多いでしょう。

そんな中、Googleからもメッセンジャーアプリ『Google Allo』がリリースされました。大きく異なる点は、AI(人工知能)を搭載していること。

AIといえばiPhoneに搭載されたSiriが有名ですね。Alloの概要を紹介しつつ、Siriとの違いを見ていこうと思います。

■チャットで話せるパーソナルアシスタント

メインはLINEなどに似たチャットアプリですが、友達の1人としてAIのAlloと会話できます。

「今日の天気は?」「今年の人気映画は?」といった質問に答えてもらったり、「明日9時に買い物するよう通知して」などとリマインダーをセットしたりできるわけです。

▲2016年9月時点では日本語非対応ですが、時間の問題でそう遠くないうちに登場するでしょう。

■Siriとの違い、優れている点や改善点

先行サービスのSiriも、パーソナルアシスタントという主旨は同じです。いくつかの観点から、違いを見ていきましょう。

1. パーソナライズの深さ

Siriはどのユーザーに対しても同じパターンで答えを返しますが、Alloは各ユーザーのパーソナリティを学習し成長します。検索、地図、カレンダーなど、利用しているGoogleサービスから自分に合った返事を導き出すようになります。

学習機能があり、会話すればするほど使い勝手が向上するというのも楽しみ。子供が徐々に話せるようになっていくのを見る感覚に近いかもしれません。

Siriの場合

▲Siriだと、会話は1回限りで完結します。先程話したことの流れを汲んではもらえません。

Alloの場合

▲学習機能のひとつとしてAlloは会話の流れを把握しており、それに沿った返答を返してくれます。

2. 会話の自然さ

Siriにはジョークや雑談も通じますし、ユーモアを交えてうまい返しをしてくれます。Alloはまだまだ形式的な質問に答えてくれるのみで、人間らしい「他愛もない会話」には慣れていないようです。

Siriの場合

▲Siriは、無茶振りに対してもユニークな返しをしてくれます。面白い人と喋っている感覚があり、いろいろ話しかけたくなります。

Alloの場合

▲「面白いこと言って」に対し、シンプルに「良い答えが見つかりません」と。わからないことにはわからないという機械的な返答です。

3. 日常的な使いやすさ

Siriはアクセスの早さが圧倒的。ホームボタンを長押しするだけで起動し、用を済ませばスッと消え元の画面に戻ります。ただし声を出さないといけないので、外出先では使いづらいでしょう。

AlloはAlloアプリ内にてチャット形式で質問するので、Siriよりアクセスに時間がかかります。ただしテキスト・音声入力共に対応しているので、状況に合わせて使い分けがしやすいです。

Siriの場合

▲Siriはシンプルに音声入力のみ。周囲に人がいると恥ずかしくて使えない、という方も多いのでは。

Alloの場合

▲Alloはテキストや音声入力に加えて、会話の流れから「次に話す内容の候補」まで提案してくれます。

■現時点で実用性は十分ではないものの、伸びしろが大きく今後に期待

Google検索の結果をチャット形式にして返しているだけな部分もありますし、そもそも日本語版が登場していないこともあり、実用性はまだまだ十分ではありません。

ただ、Siriのように人間らしい自然な会話ができるようになっていくと、人間の秘書と会話しているかのごとく機能するでしょう。それこそスケジュールやタスクの入力を音声でサクッと行ったり、「発言の候補」をタップするだけで自分の知りたいことが自然とわかるようになったりすれば凄いです。

日本語版が登場した際には、一度試してみる価値はあるでしょう。

その他のテクノロジー関連記事はこちら

スマホを使った驚きの最新技術5選。2017年までに実現する未来型ライフスタイル

見上げれば、絶景。女の子の生活を覗き見る『VRミュージアム』をレビュー

現実に飛び出すぬりえ『rearColor』リリース! 実際に塗ってみた

Google Allo

Google, Inc.

4.03

iOS:無料Android:無料

iOS版は配信されていません
Android版は配信されていません