• TOP
  • アプリレビュー
  • 『ときめき彼氏』のイケメンと、北斗の拳トークをしたかったたたたほわたぁっ!

みなさん「ときめき彼氏」はご存知でしょうか。

最近ツイッターで話題になっている乙女ゲームらしく、イケメン達とリアルなチャットができるらしいのです。聞いたワードにきちんと返信してくれたり、デートしているようなチャットができたり……中の人がいるんじゃないかと噂されるほどの性能。

今回はちょっとネタ的な、おふざけの内容でもきちんとした返事をくれるのか試してみます。そこで題材にしたのは……

北斗の拳

なぜかというと、私は北斗の拳ビックリマンチョコを大人買いして、当たったシールに一喜一憂するほど北斗の拳が好きだからです。

イケメンといえど、北斗の拳の話が通じないとお話になりません。こんな北斗の拳好きの脳みそ筋肉女子でも、イケメン達はちゃんと会話してくれるんでしょうか?

現実×ゲームが融合した「ときめき彼氏」とは?

総勢5名のイケメンたちと出会い、チャットで会話をしていく乙女ゲーム。某コミュニケーションアプリのような画面で交流し、仲良し度を上げていきます。

最初は2人だけですが、1日ごとに交流できるキャラクターが増えていくようです。

自然な流れで、北斗の拳の話になるように画策

1番目は、お花屋さんで働くさわやかロールキャベツ男子「朝倉悟(あさくらさとる)」くん。

お花屋さんに立ち寄った主人公に声をかけ、商品を買ってくれたついでに1本の小さなひまわりと、連絡先をくれました。しょっぱなから展開がキザすぎてむずむずしますね。

なんと、連絡が来て10分と経たずに一目ぼれ宣言! しかも、プレゼントしてくれたひまわりの花言葉は「あなただけを見つめてる」でした。悟くんはロマンチストのようです。

ちょっといきなりすぎないか? と思い、

と、送りました。北斗の拳の「拳王」こと、ラオウ様が放った「きさまの闘気など、しょせん小波にすぎんことを教えてやるわ」にちなんだ一言です。

これで悟くんも少し冷静になって交流してくれるだろうと思ったのですが。

泣かれた……!

以降、「バットくん(北斗の拳の少年キャラ)みたいにかわいい顔してますね」とフォローしても同じような返信が続いてしまいました。

悟くんとは仲良くなれそうにないです。

気を取り直して、2人目にチャレンジ

もう1人目のイケメン、カリスマ美容師の望月ハルトくんにチャレンジです。ナンパかと思いきや、まさかのヘアモデルの勧誘。彼は私の北斗トークについてこれるのでしょうか。

悟くんの時は急すぎたので、まずは慎重にネタに走っていきます。すると良い感じの返事が返ってきました! ハルトくんは文章も見た目も少々チャラめですが、フレンドリーに接してくれるところが良いですね。

そして急な「さんばりちゃん※」呼び。ちょっとひねりがなくてつまらないです。北斗の拳ネタで固定しているので、ここは北斗の拳にちなんだ名前で呼ばせたい欲があります。

※「さんばり」は筆者の名前です。

「ラオウではない! 拳王と呼べ! 」というラオウ様のセリフにちなんで、送ってみました。

結果、拳王ちゃんと呼ばれることに。会話のキャッチボールがガタガタですが、一応コミュニケーションできているって良いですね……。

以降、ハルトくんは北斗の拳をあまり知らないにも関わらず、話を合わせてくれました。こ、これがイケメンの力か……。

優しさに視界がぼやけてきそうです。

結果、少々ネタに走っても返してくれる!

ネタで返ってくるということはありませんでしたが、キャラによっては親切な返事をしてくれました! キャラによってネタということが認知できず、「それなんの話? 」と聞かれたり華麗なスルーをされたりするので注意しましょう。

ジョジョネタや映画の話だと、キャラによって盛り上がるようです。どんな返事が返ってくるのか、みなさんもいろいろ試してみてくださいね!

「ときめき彼氏」は、コミュニケーションの幅がまだまだ広がる!

記事で紹介したキャラの他にも、他にも文学系クールイケメンや大人の魅力全開な30代イケメン等、個性豊かなイケメンが揃っています。

バースデーのお祝いや、デートに行ったりとイベントも盛り沢山。好みのキャラクターと、まるで現実のような恋の駆け引きを楽しんでみては?

その他、乙女ゲーのレビュー

男がハマる乙女ゲー『囚われのパルマ』。謎を紐解いていく体感型ミステリー

  • iOS
  • Android

無料

ときめき彼氏-ときカレ-女性向け恋愛ゲーム・乙女ゲーム

ACE inc

-
アプリストアを見る

無料

ときめき彼氏

ACE.inc

-
アプリストアを見る
Applivでアプリを見つけよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

\この記事が気に入ったらいいね!しよう/

この記事を書いたライター

さんばり(冬)

酒とマンガとゲームが好き
長谷部沼から出られないし沼ではなくて温泉だった

ゲーム・カメラ・イラスト系の記事をよく書いています