LINEの友達全体に向かって発言ができる「タイムライン」機能、あなたは使っていますか? 2016年10月19日にAndroidで配信されたバージョン6.8.0より、タイムライン投稿が24時間で消える機能が追加されました。

そもそも投稿が消えるメリットって何?

Instagramの「Stories」や、海外で大流行している「Snapchat」も同じような機能を持っています。にしても、そもそもなぜ投稿をすぐに消すのでしょうか?

「素敵な投稿をすべき空気」に縛られず、他愛もない話をしやすい

Instagramを利用する10代のユーザーは、投稿してみて十分な数の「いいね!」がつかないと消してしまう人が多いそう。ハイセンスでオシャレな写真を投稿しなきゃいけない暗黙のプレッシャー、といったところでしょうか。

いいねが集まるほどキラキラした投稿じゃないけど、日常生活の何気ない話を吐き出したい……という人も多いでしょう。

投稿がすぐに消えるなら、自分のタイムラインの価値を落とすこともなく、何気ない話を一時的に聞いてもらえるわけです。

LINEで「24時間で消える投稿」をする方法

では、実際の使い方を見てみましょう。

▲投稿画面の右上に時計マークがあります。タップすると「24時間後に削除されます」とのメッセージが表示されるので、あとは普通に投稿するだけ。

▲投稿した後にチェックしてみると、消えるまでの残り時間が表示されます。

▲友達側から見たところ。今まで通り「何分前に投稿されたか」が表示されるだけで、24時間で消えるかどうかわかりません。

普通の投稿か消える投稿か、いつでも確認しやすいのはいいですね。消える投稿にしたつもりができてなくて、いつまでも残ってた……なんて操作ミスは起こらなさそうです。

シェア機能の充実、ハッシュタグ検索などの新機能も

その他、細かいながらも便利な機能がいくつか追加されました。

・投稿をよりシェアしやすく

▲LINEのタイムライン内で投稿をシェアするだけでなく、リンクをコピーして外部に貼り付けることが可能に。たとえばTwitterにリンクを貼って、フォロワーをLINEの投稿に誘導できます。

・ハッシュタグでの検索

▲自由にハッシュタグを入力して検索できるようになりました。全体公開の投稿であれば、友達以外の投稿も見られます。

・ビデオ通話中にフィルターや感情エフェクトを搭載
・タイムラインを横にスクロールして見られるように
・タイムラインで作成中の投稿を下書き保存できるように
・音声通話の着信画面を、デフォルトの通話着信画面と同じデザインに(iOSのみ)
・写真を送る時、画像を切り取りできるように(Androidのみ)

といった機能が揃っています。

これまで以上にタイムラインを独り言感覚で使え、コメントをくれた人とその場限りで軽くコミュニケーションできそうですね。

LINEはSNSとしての機能を充実させたり(LINEプロフィールに動画を設定)、運送業者と連携して日常生活を便利にしてくれたり(LINEで荷物追跡や再配達を依頼)日常生活で役立つ便利機能をどんどん取り込んでいる最中。

今後もますます便利になっていきそうです。

  • iOS
  • Android

無料

LINE

LINE Corporation

4.38
アプリストアを見る

無料

LINE(ライン) - 無料通話・メールアプリ

LINE Corporation

4.35
アプリストアを見る

この記事を書いたライター

あぷりぬ

Applivの中の人。IT・スマホ・ゲーム関連の記事が得意です。