2016年11月14日は、夜空を見上げてみて下さい。いつもより巨大な「スーパームーン」という月を見ることができます。

「スーパームーン」とは、月が一年で最も地球に近づくため、普段より大きく明るく月が見える現象のこと。しかも今年は「エクストラ・スーパームーン」と呼ばれていて、1948年以来68年ぶりの大きさです! 満月になるのが14日の22時52分なので、鑑賞するならこの時間がベスト。

この記事では、スーパームーンをより楽しむためのアプリを3つ紹介します。珍しい天体ショーを満喫してみてください。

■全世界の美しいスーパームーン写真をお届け!『Sunnycomb』

貴重な瞬間なので、スーパームーンを撮影する人は全世界で数多くいるでしょう。そこで、色んな人のスーパームーン写真を見てみませんか?

『Sunnycomb』は、ユーザーが撮影した空の写真を見られるお天気アプリ。

▲ハニカム構造の美しいレイアウト。スーパームーンが出た日は、美しい月写真で埋め尽くされることでしょう。

▲お天気アプリなので、天気予報も見ることができます。夜は冷え込むので、しっかりとした防寒対策がオススメです。

Sunnycomb

Weathernews Inc.

3.09

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

■スマホで月を綺麗に撮りたいなら!『夜撮カメラ』

いつもよりも明るく見えるといっても、スマホで月を撮影するのは至難の業です。そこで、夜景撮影に特化したカメラを使ってみてはいかがでしょうか?

▲長時間露光ができるバルブモード。真っ暗な場所でもスーパームーンを撮影しやすいです。

▲本アプリを使用して、花火を撮影したものがコチラ。動きのある花火もキレイに撮れるくらいなので、動きの少ないスーパームーンなら余裕です。

●色々な夜景カメラを検証した記事はコチラ。

花火が最も綺麗に撮れるカメラアプリはどれだ!? 花火大会で検証してみた

夜撮カメラ - 夜景・夜空に最高のカメラアプリ

Studio ra,labo.

3.48

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る

■月がどこに出ているか調べてみましょう!『Planet Book』

都会でスーパームーンを見ようとしても、ビルに邪魔されてどこに出ているかよく分かりません……。そんなときは本アプリで、どの方角に月が出ているか調べてみては?

▲360度の星空が広がる天体アプリ。スマホを向けた方向の、星や惑星を表示してくれます。

▲左上のタブから「月」を選ぶと、自動で探してくれます。アプリを上手に使って、月がキレイに見えるベストポジションを見つけてみてください。

Planet Book

Vixen Co., Ltd.

最初のレビューを書こう!

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Google Playを見る