• TOP
  • ツール・サービス
  • 順天堂大学がインフルエンザ情報収集アプリを公開。地域別の感染率などが閲覧可能

今年もインフルエンザが気になる季節になってきましたね。しっかり対策して、冬を元気に過ごしきりたいものです。

そんな中、医学部が有名な順天堂大学より、インフルエンザを研究するためのアプリがリリースされました。ユーザーから健康状態などの情報を集めており、ユーザーはその分析を閲覧できます。

具体的にどう使うのか見ていきましょう。

最初に、あなたの健康や生活に関する情報を入力

アプリの初回起動時に、あなたの情報を匿名で入力していきます。大学が医学的に研究する目的で使うため、内容が細かく10分ほどかかりました。

▲スマホに自動記録されている歩数などの情報も収集されますが、アプリをアンインストールすればそれっきり終了となるので安心感があります。

▲現在の健康や生活についての質問に答えていきましょう。

▲入力が終わると、いよいよメインメニューが出てきました。

インフルマップで、自宅や勤務先のインフル危険度を知る

まず見てみたい機能はインフルマップです。先ほどの情報入力時に「インフルエンザに羅患しましたか?」という質問もあり、その結果がここに表れるわけです。

▲各地域でどれくらいインフルエンザが流行っているかわかります。

▲郵便番号を登録すれば、その地域に絞ったデータも。

▲筆者は11月の時点でこの記事を書いたため数値は低いですが、12月頃になると一気に増えていきそう。

インフルエンザに感染したときの体温記録

次に役立つのが、インフルエンザにかかってしまったときの体温記録機能です。

▲好きなタイミングで体温を記録できるので、1日に何度か測ってみるといいでしょう。

▲体温の推移をグラフで表示。ピークを過ぎたことなどに気付きやすくなりそうです。

インフルエンザ被害を減らすために有益なデータとなるか

データの入力には多少時間がかかりますが、その分詳細なデータが集まりインフルエンザの研究が進んでいくでしょう。

今後、インフルエンザの流行り始めた地域に警告を発したり、それに合わせてタイミング良くワクチン接種が行われるなど、感染を抑えるための施策が打てるようになるかもしれません。

興味のある方は、少しばかり時間をとって協力してあげてみてはいかがでしょうか。

インフルレポート

JUNTENDO UNIVERSITY

最初のレビューを書こう!

iOS:無料Android:無料

App Storeを見る
Android版は配信されていません