中毒者続出のパズルゲーム『2048』がアップデート!「チャレンジ」が追加されたり、「マルチプレイ」モードが実装されたりと、更なる中毒者を生むことまちがいなしです。この記事では「チャレンジ」と「マルチプレイ」の遊び方をお届けします。

(関連記事)
軽く1万点超えるコツ教えます、『2048』はスコアを出してこそ楽しい!

『2048』のチャレンジモード解説

そもそもチャレンジモードってなに?どうやって遊ぶの?という方に簡単に解説を。チャンレンジモードでは「規定移動回数内で、指定された数字パネルをつくる!」といったお題をクリアしていくことが目的になります。

最初は、「10回以内の移動で”8″のタイルを2個集める」といった楽勝のチャレンジばかりですが、徐々に難しくなっていきます。今回のアップデートで、チャレンジが64個まで追加されました!ぜひ挑戦してみましょう。

チャレンジの始め方

『2048』のチャレンジの始め方は簡単!まず、いつも遊んでいる画面にある「メニュー」をタップしましょう。するとメニュー画面に移動します。ここで、右に1ページだけスワイプ(移動)すると「チャレンジ」がずらっと並んでいます。1〜64のタイルがそれぞれ、チャレンジになっているので、1つずつ片付けていきましょう。何度も同じチャレンジであそべますヨ。

『2048』のマルチプレイは、カオスな全世界協力プレイ!

そして今回のアップデートの目玉は「マルチプレイ」の実装です。マルチプレイでは世界中の2048プレイヤーと「協力」しながら、プレイを進めることが出来ます。

え、協力ってどうやって……?と思ったので早速プレイ。『2048』のマルチプレイは「2~4人でどんどんパネルを動かして、ひたすら大きな数字をつくる」というシンプルかつカオスなものでした。何がカオスかというと、タイルを動かすターン(順番)が決まっていないので「我先に!」とみんなが動かしまくってしまうんです。

「最後の移動」には、誰がどの方向にスワイプしたかが書かれています。

▶軽く1万点超えるコツ教えます、『2048』はスコアを出してこそ楽しい!の記事で紹介したような「どこか1辺に寄せる」「一定方向へのスワイプは禁止(自粛)」といった攻略ルールは、当然相手と共有されないのでグチャグチャになります。

「相手のルールを読んで自分が合わせていく」、もしくは「相手に自分のルールを悟らせる」ようにしないと、あっという間にゲームオーバー!ある意味とっても大人なゲームです。まだベータ版(開発段階)なので、仕様が変わるかもしれませんが、このカオスなマルチプレイを楽しんでみるのも良いと思います。

マルチプレイの始め方

『2048』のマルチプレイで遊ぶためには、いつもの画面にある「メニュー」をタップしてメニュー画面に移動します。そこにある「マルチプレイ」ボタンをタップしましょう。

するとマッチング画面に移動するので「今すぐプレイ」を選択すると、自動でマッチングが開始。あっという間に4人チームが出来てしまうところに、『2048』ファンの多さを実感します。参加人数を減らしたい場合は、マッチング開始前の画面(下図の左側)で、”☓”アイコンを選ぶと人数が削れます。

参加人数を減らしたいときは、☓をタップしよう。

ますます充実の『2048』、ぜひ「チャレンジ」「マルチプレイ」で腕を磨いてさらなる高みを目指しましょう。

  • iOS
  • Android

無料

2048 5x5

Tu Do

3.24
アプリストアを見る

この記事を書いたライター